ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

ジャニーズJr祭りLove-tune単独公演@横浜アリーナ(2018年3月25日)

 らぶ単独横アリ公演行ってきました!連れていってくれた方がもの凄い神席を当ててくれて、生まれて初めてのことで大興奮でした。本当に本当にありがとうございます!あまりに興奮し過ぎていたせいとか、途中であったプライベートの色々とかで、本当に記憶があいまいなのですが、ざくっと感想を書いておきますー。色々と間違っていると思うので予め謝っておきますww。

  • 全体を通していつも通りというか更に思ったのが、らぶって本当にかっこいいグループだなあということで。本当にどこに出しても誇らしい自慢の自グループだなあと。バンドもダンスも、そして色んなパフォーマンスも凄いクオリティなのに、そこには青春の切羽詰った熱さとまだはっきりとは見えない未来を強烈につかみたい欲求と全部突っ込んでドロドロに溶けてて。それなのにというか、だからこそ、みんなお顔が綺麗で。青春とプロフェッショナルが核融合したような嘘みたいに素晴らしいライブだった。本当に今この時しか見ることができない一生に残るライブだったなあと思う。青春まっ只中の彼らの魂に撃たれた自分は本当に幸せ者だと思ったなあ。 
  • ストーリー仕立てというか、喜怒哀楽を経験して成長する子どもが自分の夢を確かに掴むお話。もうジャニワ・ジャニアイと同じ系譜のお話。子どもの声のナレーションから始まるところが本当にジャニーさんっぽくって本当に泣けた。っていうかジャニーさん作じゃないの?と思う自分w。ともあれ、やっぱりLove-tuneはジャニーズが大好きなんだなあって、そしてその大事なものをしっかり魂に刻み込んでいるグループなんだならぶは・・と思って、最初からノックアウトされそうだった・・。
  • セットリストは、まずCALL→言葉より大切なもの→T.W.L。ピンク衣裳に色んな飾りが増していた。ながつがラメのストールみたいなのを肩から腕に纏っていてちょっとだけメキシカンだったw。このバンド3曲がらぶのバンドの基本曲で、ビートとノリを作る曲なんだろうなあ。横アリの1万5千人が一斉に大きくペンライトを振る様子がまるで光の高波のようだった。凄い光景だった。
  • 銀黒の新衣裳に着替えて、crystal sky→Masterpiece。赤髪にキャップをかぶった顕嵐ちゃんを先頭に花道を冷たくも荒ぶる様子で闊歩していくLove-tuneの7人が背筋が痺れるほどカッコいい。2月の城ホよりも更にダンスにキレが増している。萩ちゃんが本当に本当にカッコいい。PON!で付いたアグレッシブお兄さんそのもの!ww。続いて、マスピ!あのドラマチックなイントロを耳にして、たぶん百回くらい「ますぴ!ますぴ!ますぴ!」って壊れたように叫んだ自分だった。そして、大サビの萩安パートはふたりがしっかりとしっかりとミドルタッチでお互いの手を握り合うように強く結ばれていたんだぁぁぁ。もう変な声がでまくりの前半戦。あまりに熱狂したので、MU-CHU-DE恋してるをよく覚えていないけど、美勇人くんに「魔法をかけちゃうぞ?」って言われたのだけ覚えてるー。
  • 続いて、メドレーで、ずっとLOVE→愛を叫べ→LOVE YOU ONLY→君にHITOMEBORE→おーさか 愛・EYE・哀→アイアイ傘→愛ing-アイシテルー→Love so sweet。すっごいわちゃわちゃしていたけれど、すっごくスムーズだった気がする。あまり覚えていないけれどー。アイアイ傘で、あらみゅがアイアイ傘していたんだけれど、あまりの可愛さにお隣のあらんちゃん担さんと大騒ぎしたw。そして、This is Love Song。メッセージが流れて、萩ちゃんのは「みんなと同じ未来が見えますように」だった。本当に嬉しかったなあ。
  • そして、烈火の映像が始まる。Zeppで流れたヤツです。本当に素晴らしい編集だったので、再び、それも1万5千人と一緒に見ることができたのが本当に嬉しい。「生きるべきか死ぬべきか・・人の・・・」という真田くんのあの本当に耳に届くクリアな声でのナレーション。思いっきり気持ちが高まったところで、7人がハピアイの赤衣装(袴なし)で登場。ホントにめっちゃかっこよい。今回の烈火は、まずメインステージで踊って、合同と同じように奈落の底に4人、3人と飛びおりて、ステージがせりあがってバンド演奏+篠笛+三味線の演奏。
  • そして、ここでインターミッションが入ってまた映像に戻って、真田くんのナレーションが入るという流れ。そして、ここで(だったと思うけれど)7人の剣舞&殺陣が始まるの。めっちゃ斬新だぞ!和装で、ナレーションで、バンドで、殺陣。もちろんちょっとしたお芝居みもある。帝劇とZeppNHKホールが合体してたキャリア豊富ならぶめんならではの構成。萩ちゃん刀の扱いがすっごく上手くって全然落とす気配なんかなくって、凄かった。またまた惚れ直した。今日だけで1000万回惚れ直した。そして、「狂っているんだ!」の真田くんの表情と気合いと声が素晴らしかった。全編をとおして烈火のさなぴには希望しか見えない・・と改めて思うんだった・・。
  • でも、まだここで終わらない烈火。いったんは消えたバンドメンが、ブレイク後にセンターステージに登場。その前にもろちゃんがバクステで大太鼓たたいていた気がするけど、違うパートだったかもw。そして、センターステージで7人が強いリズムを打ち入れつつぐるぐる回る。そこにハラハラと真っ赤な羽が舞い降りてくる。萩ちゃんのドラムを叩く後姿に舞う赤い羽根。本当に綺麗な光景だった。いやあ、本当に横アリの烈火は凄かった、素晴らしかった!!
  • 再びメインステージに登場する7人。諸星くんが静かなバラードを唄い出す。美しく、力強く。勉強不足で知らない曲だったけれど、歌詞もよくわからないまま聞いていたけれど並々ならぬ想いのある曲であることが伝わってくる。続いて、萩谷くんの甘く情感のこもった声、そして、真田くんのすーっと耳に入って広がるお声の歌が続いていく。本当にいい曲だった。後で調べたらSMAPtriangleなんだそうだ。メインステージに7人で一列になって歌うらぶめん。ずっとLove-tuneでも歌い続けて欲しいなあ・・・そして、諸星くんがいなくなったと思ったら・・・
  • モロササイズだあ!!あのピンクのタンクトップをいたモロさんがセンターステージに降臨されていた。振付で「座るかー座らないかー」ってのでやっててたな(記憶曖昧)。突然、萩ちゃんが大声で歌いだしたりして、そしたらさなぴーもなんか反戦っぽいセリフ言いだして、それにみゅさんやれおれおやあらんちゃんも続いて、やっぱり芸達者ならぶめんさんたちだったw。そして、横アリのお客さんと一緒に「君は宝物~~」。楽しかったー。クリエの700人から始まったモロササイズが横アリを制した日だった。そして、前向きスクリーム。萩ちゃんの気合いが凄かった・・さすがエイター。
  • MC:ここで座って聞くMCタイム。実はこっから自分が色々とあれこれあって、集中して聞けてないのですが、萩ちゃんがシャワーでイタズラしたとか、一緒にご飯食べに行ったとか、そして、さなぴと一緒にはぎちゃんがパスタ食べに行ったとか。あらんちゃんの「空飛ぶタイヤ」の宣伝でさなぴがフィリップの持ち方とかいいとものお話してくれたりとか、色々とわっちゃわちゃで楽しかったー。個人的には、萩ちゃんの寂しいが公式化してきててちょっとホッとしてるー。鳥ちゃんたちを飼うようになって自分の気持ちがわかったのかなー。周りにも伝わっているようでよかったなあと・・・。ついつい妄想だけれど考えちゃうな。
  • さて、ここからユニット曲。まずは、真田くん、諸星くん、萩谷くんで歌侍。はぎちゃんがスティールパンにチャレンジ。真田くんがアコギで、もろちゃんがお歌でアコースティックセットだったんですけど、これが本当に爽やかな癒し系でよかったんですよ。萩谷担だからmスティールパンを演奏してる萩ちゃんから嬉しさのオーラが滲みだしてるのを見逃さなかったですよw。ちょっと間違えたり大変そうだったけれど、新しいチャレンジにワクワクと集中している萩ちゃんを見ることができて本当に嬉しかったなー。そして、萩ちゃんの攻略法をらぶは手にしたな・・とじわじわした。ほんとに好奇心を刺激された時にぐん!と動く人なんだろうなあとか、間違えちゃってるくらいの時が楽しい人なのかなあと思ったりしましたよ。また、この時に見た萩ちゃん本当にお顔が綺麗だった。レンタルした12倍防振で見たお肌の綺麗さと表情の豊かさ・・防振ありがとう。
  • 続くは、センステ方で面で顕嵐ちゃんと長妻くんでOne Love。薄いメンカラのタキシードと花束を手に歌うらんれおー。やっぱり可愛いよ~。通路歩いていっぱいファンサしていたなぁ。それにしても、この曲って、らぶ4が初めてコンサートをやった時(2016年5月6日らぶクリエ初日)に、安井くんがソロで歌った曲なんですよね。同じように白いタキシードで赤いバラを持って。あの時のこの曲はきっとできたばっかりのらぶファンへの約束の歌だと思っているので、今回も彼らから横アリを埋めたファンへの約束の歌だといいなぁなんて都合のよいことをついつい考えてしまう・・
  • 次はみゅうたろう曲だよあーって思っていたら、曲のイントロと共に会場が凄い悲鳴に包まれて。そうです。あの伝説のYes!です。メインステージがせりあがってくると真っ白なシーツが。そこに見え隠れし、絡み合う裸の安井くんと美勇人くん。シーツの海から浮かび上がって相手に覆いかぶさり、のけぞって。1枚の白いシーツをお互いの体に巻きつけながら激しく腰を振り口づけを交わす。ほんと凄い振付だったですよー。で。これはホントに自分の感想なんだけれど、いい意味で若い男子ならではの欲望がまっすぐで、淫靡とかエロっていうより、「好きだー、やりたいーー」って感じで凄く好きな感じだった。みゅうたろうだからこその味わい。
  • ふたりが消えた途端に萩谷くんのあの歌声が響いて!Dye D?。もう一度みたかったから本当に嬉しかった。顕嵐ちゃんの赤い髪がめっちゃこの曲に似合っていたなあ。そして、走り回りながらステージの階段の駆け上り駆け下る萩ちゃんのななななななななというバックコーラスが生で聞こえきて胸が痛くなった。やっぱりらぶはチームなんだよなあ。ひとりひとりの持ち場と役割がはっきりしてて、スポーツのチームのようだなあと。そんな中であらんちゃんがエース然としてきてて、凄く納得したんだった。 
  • そして、バンバイヤたちが消えたと思ったら・・・PARTY MANIACSぅぅぅぅぅ。ステージマンションの屋上にメンバーカラーの衣装を身にまとったLove-tuneの7人がバーンンンと登場。ほんとにこの時の胸の高鳴りと言ったら・・・パリマニ・・パリマニ・・とそのまま死にそうだった・・・。ほぼ去年の祭りと同じ服装だったけれど、顕嵐ちゃんは紫のロングコートだったなあ。みゅーさんは黒いキャップを後ろ向きにかぶっていた。いつも通り萩ちゃんからの歌い出し。死んでもいいくらいに好きなフレーズ。7人がぞろぞろと階段を下りてくるカッコよさ。メインステージで思い思いに体をくねらせて、ステップを踏み、踊りに踊る。こういう好きに踊らせた時の萩ちゃんの踏込やくねりの強さが本当に好きなんだなあと。最後の暗転の時の背中の柔らかさまで、本当に好きな、夢に見た萩ちゃんだった。
  • そして、ドラマチックな僕らのこたえのイントロが始まって。歌い出し安が萩ちゃんなのになぜかめちゃめちゃ感動して。ほんとに萩ちゃんしっかりお歌が歌えるようになったなあと。あと、炎がボンボン飛び出る特殊効果装置があったなー。こんなのまで使うんだとびっくりだった。そして、安井くんが「俺たちの時代だーー!!」って言って、全員で凄い勢いでセンターの花道を走り出したの。メインステージから飛び出した7人の横からみた凄い勢いのシルエットが今でも忘れられないし、きっと一生忘れない。それからバカみたいにぐるぐると花道を全速力で走り回るらぶめんたち。こんなにこんなにエネルギーが体から溢れている若いアイドルたち。ほんとに彼らの思いを叶えさせてあげたいというか、力を少しでも貸したいそんな気持ちでいっぱいになった。そして、センステで全員でぶっ倒れるって・・・お姉さんはそういうの大好きさ!
  • ぶっ倒れて、動けない彼らが、ファンに自分たちを呼んで欲しいとお願いをしてる・・声がちっちゃいとちょっと拗ねている。なんて可愛いんだーと思いつつも、だんだん声が大きくなってきて、とうとう安井くんが最後の「喜び」をプレゼントしてくれると言って、メインスクリーンにその題名が表示された。それが「superman」。個人的に大好きなバンドの大好きな曲と同じ題名だったから内心震えていたんだけれど、これも本当によい、素敵な曲で!バンドなしで7人で踊るんだけれど、スウェディッシュなEDMを二回りぐらいぐっと親しみやすくしてきちっと踊れる。夜でも昼でもどっちでもハッピーに踊れる曲。嬉しそうに踊るらぶめんたち。本当にメンカラよく似合うグループだなあと改めて。 歌詞もちょこっとだけれど、サビのLike a supermanっていうのが本当に痺れる。まだ「~のように」なんだな。でも、しっかりと地に足がついた、そして飛翔を目指す、おしゃれで楽しい曲でらぶの新しい1ページなんだなと。らぶって2次元の強さがウリみたいなとこがこれまであったけど、新曲はマジ3次元でリアコで超困る・・・。ほんとかっこいい。惚れる。そして、あの最初の子どもの声が聞こえてきて、7人が「僕と君とで未来をつくる」と言ってくれたんだな・・凄いな。もう胸がいっぱいだったんだけれど、まだ続きがあるんだな・・。
  • またまたバンドに戻って、SHE SAID→NO WAY OUT→象。もうこの辺りはゆるぎない力。美勇人くんのベースの弦をはじく音が聞こえるほどの熱くて堂々たるプレイぶり。さなはぎのベース&ギターの太さ。芯がぶれない、安定した強い音。全体が揺れればその揺れがちゃんと聞こえるくらいに自分たちの音でだんだんと勝負できるようになってきたバンド。本当に「案外どんな夢も叶えられるよ」なんだろうな・・・。でも、まだ課題曲がある・・・。
  • 最後の曲はらじらーでも話していたDreem on。CD聞いて想像していた通りのバンドサウンド。長妻くんが本当にバンバンキーボードならしていて涙出そうだった。湧き上がるようなギターサウンド。ファンのコーラス。もっともっと歌いかたかった・・・。
  • すぐさま、アンコール。1回目はレッツゴー!!→SEVEN COLORS→SHAKE。さなしぇいくが聞けて本当によかった・・。Wアンコールはsuperman。CALLもやったかも。この時だったかなあ、メンステのみゅさんがぴょんと飛んで走り出したんだけれど、少しとんだときのキレ味というか、指先足先までに電流が通って一瞬物凄いキレを見せたのが忘れられないー。ほぼ終わって一安心して自分を解き放った瞬間を見たというか・・その後、センターステージで本当に嬉しそうにきゃっきゃと喜び踊りまくる7人の姿が強烈すぎて一生忘れなないなあ。
  • この本当に楽しげでのびのびと踊るsupermanをみて、バンドは本当に凄い武器だけれど、その分返す刀で自分や周りも傷つけたりするのかなぁってちょっと思ったんだよね。こんな風にたまには抜いたり、別のとこにいれどこ変えながら健やかに前に進んでいけばいいのかもしれない。この後の合同公演のオーラスみたいな本気の切り合いも、この単独公演のように豊かに作り上げる公演も、両方ともあっていいなあと思ったりしている。 らぶって、学園祭的でなんでもありでトーシロくさいと思っていたら、10年後にはちゃんとプロの表現として認められる学生演劇出身劇団みたいだなあなんて妄想したりするよねw。
  • 周囲には色んな噂や色んな状況が渦巻いている。自分は外野も外野な人間だから、何が何だかさっぱりわからないこともいっぱいある。でも、安井くんが「この7人で頑張って行きます」と言ってくれて、そして何より毎回毎回、今日が一番いいライブ、今日が一番いいパフォーマンスって思って帰ってこられるからきっと大丈夫なんだろうと思ってる。彼らはきっと行きたいところへ行ける。夢を持ってこれからも一歩一歩大人になっていくんだろう。大丈夫だ・・確信した横アリ単独公演だった。
  • そうそう、これは書いておかなきゃ!。今回の単独公演、客席に緑のペンライトがとっても多かったの!自担可愛ゆえの欲目かと思って何人かの人に聞いてみたら「萩ちゃんのペンラ多いよね!」って言ってもらえて。どんどん萩谷慧悟ファンが増えている感じがあって、それもまた嬉しい単独公演だったなー。