ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

初めての東京ドームで初めてのKAT-TUNを見る

 KAT-TUNの東京ドームライブに行ってきました~。今回もありがたいことにお誘いいただけての参戦でした。初めてのKAT-TUN、初めての東京ドーム。初めてが重なるこの状況にワックワクのどっきどきでした。一体どんな世界が広がっているのか、やっぱり新しいものへ向かう瞬間の高揚感、本当に大好きです。ほんとにKAT-TUN初心者で、いつもながらの記憶不鮮明のため、本当にざくっとの感想を簡単にとどめておきます~。

【暖かくふんわりしてるのに、ゆるぎなく大きい】 

 KAT-TUNって自分のような2015年後半からの新規だとすでに伝説のグループじゃないですか。そして、大ブームを巻き起こした頃のことなニュースとして知ってるおばちゃん世代で。だから、やっぱりステレオタイプ的なイメージがあったと思うんですよね。強面だったり、ファンのパワフルさだったり、ダイナミックで激しいドーム演出だったり。基本、Jrしか見ていない人間だから特に。でも、ライブが終わっての一番感じたのは、「メンバーもファンも本当にあったかい」ということで。

 いい意味で凝り過ぎない演出というか、きっとメンバーひとりひとりやりたいことをざくっとやってくれている感じ。出航のアナウンスとかJrがいっぱい出演してのお芝居的演出とかさすが!というところもたくさんあったけれど、いい感じで切り替わっていくんですよね。MCでも狙っている訳じゃないそれぞれがいいたことしゃべくってたり、可愛かったり、でも、とっちらかっているというよりは3人がお互いを回収していくとこがあるのが好きでしたねー。何より、メンバー3人が何度も「今日は笑顔で帰ろう」言ってくれて、みんなでリラックスして楽しもうよという感じが溢れていたように感じたんですよね。個人的に気合い満々、智慧満載のJr祭りからの参戦だったし、このところ色んな緊張が続いていたから、このリラックスしてにっこり笑えるこの感がいいなあってじんわりしました。

 でも、当然緩くはない。やっぱり3人のお互いに同じ力で向かい合っている、同じ切れ味、同じ力の強さでステージに立っているのが凄くて。それぞれが自信を持って、ほんとに対等の力で、お互いを必要としてる感じが素敵だなあと。長年のキャリアを積んできて、2年の充電期間を経ての、この力加減なのかなあともちろん、ほんとの想像ですけど。ライブの最後に、3人が花道をつかず離れずメインステージに歩いていく背中の大きかったこと。この年齢、このキャリアだからこそのカッコよさなんだろうなあって。やっぱりアイドルって30過ぎてからの方がかっこいいかもですよ、ホント!

【ドームの大きさ】

 ついたお席はバックスタンドのかなり上の方。真正面にステージが見えて、会場の状況が全部見えるいいお席でした。まずは広い天井が飛び込んできて。大きいなあと思ったものの、ステージが意外と近く見えたんですよね、最初は・・。でも、でも、7倍の双眼鏡を覗いてもステージのJrの子たちのお顔が全然わからない。まあ、当たり前かもしれないんですけどw。やまりょ先輩を見つけるのがやっとくらい。ムービングステージが一番バックステよりに寄ってくるとようやくメンバーの表情らしきものが見える・・そんなサイズ感でした。アリーナとは全然違うなあと。あと、アンコールの時の会場のお声がなんか聞こえる様な聞こえないような、音がまとまらない感じが独特だなあと。本当にこのハコを手中に収めるのは難しいんだろうなって思いましたね。でも、そこに普通にニコニコと普通にして立っていられるKAT-TUNの3人が凄いなあって思いました。
 色んな演出がありましたけど、炎と花火が凄くって2階のスタンドの上の方まで油の匂いが漂ってきたのにびっくりしたり、レーザービームがドームの空間を埋め尽くすのがまるで雲海のように美しかったり、やっぱり亀梨くんがドリボで、ロケッツさんに会えたの嬉しいなとか、大空間なのにアリトロで3人で乗ってファンサしてるのがすっごくアナログでいいなあって感じました。で、その中で一番お気に入りだったのが、上田くんのバイクの演出で。ドームを、そして、あのステージをおっきなバイクで走り回るバカバカしさが本当に好きでした~。すごくドームですごくアイドルらしいお姿でしたね・・。

KAT-TUNのDNA】

  2015年の秋にJrに嵌って、それが初めてのジャニーズに嵌るっていう体験だったものなので、知ってる曲はほぼJrを通じての曲だったりしたので、今回の選曲は本当に楽しかったしありがたかったです。自分はJrの中でもLove-tuneSixtonesSnow ManTravis Japanあたりのグループが好きなんですけど、いかにこの世代の子たちがKAT-TUNに影響を受けているのかを実感しました。ライブが始まる前のSEがGloriaでね、応援してるLove-tuneができる前の、野澤くんや岸くんもいた時のパフォーマンスを思い出していたら、ライブの冒頭で、real face→SHE SAID→lips(Jr坦は全員大好きなはず)→Keep the faith→SIX SENSESですもん・・どこのJr祭りかEXかですよ(Zeppもあるけど!)。もうね、大興奮でした。自分が見てきたものの、原点に触れさせてもらったそんな気持ちになりました。

 そして、YOUやchange ur worldの亀梨くんはちゃんと知ってる亀梨くんでびっくりして、そのパフォーマンスを萩ちゃんやだてさまがいかにリスペクトしているか本当によくわかったのです(萩ちゃんは表向きにはあまり言われないけれど、相当やり込んでいるとやっぱり思いましたよ)。そして、right now!。らいなうらいなうと一人大騒ぎだったし、昨年のZeppで、炎の陸上部に出演していた諸星くんと長妻くんがやったグレートジャーニーを聞いたら、本当に上田くんにはお世話になったなあって胸が熱くなったし、ハルカナ約束を聞いたらまだ幼い萩ちゃんのお顔が浮かんできて離れず・・なのでした。いやー、自分のジャニーズ経験がほぼそこに入り込んでいて、ほんとに走馬灯のようだったですよw。
 ほんとにKAT-TUNのファンの方からすれば噴飯ものの楽しみ方だったと思うのですが、こうやってJrの子たちが大好きなKAT-TUNが彼らのパフォーマンスを通じて、自分の中にも取り込まれてきているのだなあと不思議な思いになったのでした。以前のKAT-TUNはJrの子たちの根幹を作り、そのファンにも引き継げられていき、また、今現在のKAT-TUNは今の彼らの身体と精神で新たなパフォーマンスを作っていくのだなあと思うのでした。本当に素敵なものを見せてもらいました。

2018年4月13日のザ少年倶楽部のLove-tune(Crystal Sky)

 さーて、一週間擦り続けたLove-tuneのCrystal Skyの感想です。2月3月のJr祭り合同公演や単独公演で見ていた素晴らしいパフォーマンスがこうやって映像に残るっていうのは本当に嬉しいもんです。何度だって繰り返し見ることができるし、特に昨今色々とあるらぶ界隈なので、こうやって極上のパフォを見ることができるのがどれだけ心の支えになっているか。本当にありがたいです・・。

【選曲】

 Crystal Skyは、Kis-My-Ft22016年のシングル、Gravity通常版のカップリング曲です。同じカップリングがオハコと言ってもいいくらいのムチュ恋が入っていますが、Crystal Skyは通常版にしか入っていない曲なのです。私にとってGravityはジャニーズJrにはまって最初に買ったシングルだし、同時期のアルバムのI screamと並んでとても思い出深いのですが、それでも買っていたのは初回特典盤だけでしたもん。不勉強ながら全然知らなくって。でも。あまたある曲の中から、ファンでないとなかなか見つけられないような名曲を持ってくる、本当にLove-tuneらしい選曲だなあと唸りました。
 また歌詞がいい。「新しい世界に、新しい価値観の世界に、恐れず飛び込んでいこう」いうのは、キンプリデビュー発表後の、ネット進出やJrの在り方に始まって大きく変わっていくジャニーズとLove-tuneの今の状況を端的に表しているようで聞いている方の心にも刺さるように響いてきます。らぶは、割と、こういう、タレント本人たちの状況と近いというか、すっと入りやすい曲を選んでいるんだろうなあと思うことがよくあります。曲に情念を乗せるのがらぶはうまいと勝手におもっているのですが、エモさの根源はそこもあるのかもしれません。それをあまり知られてない曲から探してくる能力は本当に凄いなあといつも思います。

 あと、らぶはキスマイの荒ぶる魂とか、漂うストリート感とか、心の中のトゲを残した感じを凄く大切にしているなってパフォーマンスを見るたびに思います。オリジナルの味を大切にするというか、「キスマイ、ほんとに好きですからっ!」っていうのがどの曲でもある気がしてきていいなあと思いますね。きっと関ジャニ曲もそうなんだろうなあと。

【衣装】
 
2018年Jr祭りからの新衣装。黒を基調としたストリート系のデザインですが、キラキラと光る白や銀の地やクリスタルっぽい素材をふんだんに使っていて、重々しくないとってもクールな衣装です。大阪城ホールや横アリでは白銀地のように見えたくらい、光の当て方では明るい方に輝く衣装かなあと。野心に溢れたギラギラさとどこまで言ってもワイルド一辺倒にはならないLove-tuneの上品なカッコよさをよく表してくれている衣装かなあと感じました。6着目のオリジナル衣装になるのかな?(白黒系:ドリボ衣装、ふみきゅん衣装、クリスタル衣装 赤黒系:2017祭り衣装、 コーラル青系:湾岸衣装 ピンク系:CALL衣装 )。

 デザインはいつもどおり7人7様のデザインですが、顕嵐ちゃんキャップ、美勇人くんハット、諸星くんバッチ付きバンダナと3人が被り物しているのは初めてかも。美勇人くん以外はボリューム感のあるジャケットなのでそれぞれに魅力的(萩ちゃんのブカブカなパーカー風が本当にかわいい!)なのですが、美勇人くんだけベロアっぽい短めジャケットとぴったりパンツで、Hip Hopっぽいのかな、スタイルの良さが際立つものになっています。でもって、ブレイク部分のあの振付、あのダンスを映えさせてるのかなあと思うと衣装って凄いなーって感じましたね~。

【歌】

 今回もバンドなしでダンス一本でそれも凄いけど、歌が本当によくって。7人7様の声がすっごく響く歌になってるんですよね。顕嵐ちゃんのまっすぐな青年らしいお声、萩ちゃんのしっかりと響くキャンディボイス、安井くんの存在感と優しさを漂わせるお声、美勇人くんの苦みの聞いたRAP、諸星くんのテクニカルに軽くもなれる唄、真田くんの力強く広がる耳にぴったたりと張り付くようなお声。そして、怜央のオーガンジーのように無垢で少し哀愁も感じさせる美少年なお声。れおれおの歌がそっちに振ったかーって感じで、とっても好きでした。

 今回、本当に歌割が絶妙で7人が均等なくらい分量があって、かつ同じように上手くて、かつ聞き分けができて。歌にも期待できるグループになってきたなあと思いましたねえ。大サビの前の7人前後1列で順番に歌ってくところが本当にカッコかった・・。

【ダンス】

  最初、円形のフォーメーションで上からカメラが映しているのがカッコよくって。何かにひっぱられるような、そこから逃れていこうとするような動き。Graivtyのカップリングという頭があるからか、重力から逃れようとする動きなのかなあって感じました。その後は、絶え間ないフォーメーションの変化。全員が後ろから前に、前から後ろに、右から左へ、左から右へ。次々と位置を変え、そのダンスの激流から一人一人が飛び出してスポットが当たっていくのが本当にカッコよくって。たぶんらぶ史上一番複雑で動きの激しいフォーメーション変化とダンスだけれど、ひとりひとりの存在感がいっそうはっきりしているように感じるのは歌声の違いがしっかり聞こえるからかなあとも思いましたねぇ。
 そして、ブレイク部分での美勇人くんがセンターで両手を挙げて7人を従えてダンスするところが本当にカッコよくって。もうね、その瞬間、時間と空間が一瞬とまったり、動き出したり、すべての物質を統べるかのよな訳ですよ。7人のV字フォーメーションはこれまでも何度かみたけれど、こんなに「7人は強い」って感じたことはなかったかなぁ。一方で、大サビ前にあの一列で順番にカメラにアピールするパート入れたのが凄かった。もうさなぴをはじめ全員カッコよいのに、最後、あの時空王みゅーとさんが、帽子をぽいっととって満面の笑顔なんですよ!。いかにもお顔が素晴らしい、表情一つの力で持っていくらぶらしくて、これぞLove-tuneのアイドルパフォーマンスって言いたくなりましたね。上手さだけでない、ケレンなカッコよさを忘れないLove-tuneらしいダンスでした。

 萩ちゃんは、ひとつひとつのアクションが力感があってよかったなあ。大きめのパーカーで少年ぽさもありながら、ぐっと力がみなぎる手足の動きがよかった。大サビ前の萩ちゃんのアップが好き過ぎて死亡。指の使い方まで美人でしたね。そして、何気にシンメだったはぎあらにびっくり。二人ならんだときの、容赦のなさが好き。あの血も涙もない感じが好きなんですよねぇ。カッコよかったー。

【最後に】

 このところバンドやっていないのに不安を感じている方も多いんじゃないかと思うんですが、らぶにはたくさん強化しなければならないところがあって、2018年はそれが「歌とダンス」なんだと感じています。ひとつひとつ弱いところを克服していって、魅力にまで高めていこうとするのが、Love-tuneらしいなあと感じています。きっと見えないところではいっぱいバンド練習もしていることでしょう(笑。そして、また私たちの目の前にそれが現れた時にはびっくりする程のものになっている、そんな予感がした4月のパフォーマンスでした。ほんと信頼のLove-tuneだわー!

2018年4月6日のザ少年倶楽部のLove-tune:『仮面舞踏会』

  さて~。2018年度始めの少クラ。Love-tuneの出番のヒガシプロデュースの仮面舞踏会をざくっと見ていきたいと思います~。Love-tuneの7人は上手の最後列。中央から上手へ、安井くん、萩谷くん、真田くん、美勇人くん、諸星くん、長妻くん、顕嵐ちゃんの並びでした。なかなか映りにくくはありましたがw、細かく見ていくとみんなよくってー。ひさびさにお写真いっぱい貼っちゃいます~。

 

 安萩真のキリリとしたお顔がホントに素敵。萩ちゃんの挑むような気合い溢れる表情。クールなやすさなのお顔も痺れますよねー。

f:id:tanusun:20180411191549j:plain

 そして、はぎやす、はぎやす、萩安ぅぅぅぅ!ふたりのお顔が並んでいるのがホントに泣ける。担当なのもので、萩ちゃん中心なのは許してーー。

f:id:tanusun:20180411191634j:plain

 萩ちゃんの「Baaaaaaannnnn!」まるでカメラの向こうのファンの心臓に突き刺すような必殺の一撃を打ち込む萩ちゃん。どこの位置にいたって容赦ない。だから、萩ちゃんが好きなんですぅぅぅ。

f:id:tanusun:20180411191705j:plain

 美勇人くんの楽しげな笑顔も印象的でした~。みゅーさんって、群舞の時に、いつも楽しそうに軽々と踊られますよね~~。

f:id:tanusun:20180411191726j:plain

 真田くん、美勇人くん、そして、こちらも体から楽しさが溢れる諸星くんのダンス。もろみゅの体の使い方の柔らかさが印象的~。あと一番奥のさなぴの左手の置く位置がめっちゃ好き。らぶめんのダンスってホントに感情豊かで楽しいなあと。

f:id:tanusun:20180411191906j:plain

 美勇人くん、諸星うん、長妻くん、顕嵐ちゃんのXCT。かっこいいですー。モロちゃんいい男200%ですー。長妻くんと顕嵐ちゃんのいいお写真がなかなかとれなかったんですが、顕嵐ちゃんの瞬間の軽さが、ヒザから下の軽さがあるダンスがやっぱり好きでした。祭り18will出と言われる日も近いかもー。

f:id:tanusun:20180411191832j:plain

  ダンスの写真が少なくってすみません。終わった後は、こんなに素敵ならんれおー。いい笑顔です~。

f:id:tanusun:20180411191921j:plain

 いい笑顔だったら萩ちゃんも負けません~。踊っていると全然雰囲気違うんだものー。惚れるわ。

f:id:tanusun:20180411191934j:plain

 最後に、萩ちゃんの一番好きだったシーンを。指先のひとつひとつまでも、お顔の表情も、スーツのラインもみんな全部綺麗。本当に綺麗で漲っていたなあ、本当に素敵な萩谷くんとらぶめんでした。

 f:id:tanusun:20180411192024j:plain

 まあ、全体の流れというか、この週の兄組の扱われ方とか、色々とあったようですが、まあ少クラは2週で1つなので、今週の放送をみてから感想というか思ってること書こうかなあと思っていますー。って、Crysta skyとはぎれおにQは絶対ある訳でめっちゃ楽しむぞーー。

横アリの余韻冷めやらず

 あの横アリからちょうど2週間。まだまだいろいろと振り返ってしまう、それだけのボリュームと熱さと品質が揃った素晴らしい公演でした。早く、新曲supermanが少クラでお披露目されるといいなあ。あの曲はジャニーズJrの枠を超えた本当に素敵な曲なので、本当に早く聞きたいです。
 さて、その横アリで自分が予想外に感銘したのがSMAPのtriangelと関ジャニ∞の侍唄(侍ソング)でしたね。本当に心から撃たれてしまい、CDも買っちゃってこれまでになく聞きこんでいます。なぜまあ、こんなに感動したのか。そりゃもう!第一に素晴らしい曲だったこと。だいたいLove-tuneが持ってくるSMAP関ジャニ∞とキスマイには外れなしなのですが(アザサイ&象&MU-CHU-DE恋してるは別格ですが、アメディスと夕闇トレインとCrystal skyは何事か!レベルでした)、今回もまた一聴して凄い曲!とわかる曲を持ってきてくれました。

 また、曲のよさをシンプルに引き出すアレンジが自分の気持ちにぴったりで。triangelはまっすぐに歌い継いでいくスタイルで。冒頭の諸星くんの歌唱の伸びやかさと細かな表現はまるでSHOCKの舞台を見ているかのようだったし(モロちゃんのライバル役めっちゃ見たい)、全員が一列に並んで丁寧に力強く歌う様子はらぶの歌唱が一段グレードアップした感が本当にありました。そして、侍唄にスティールパン合わせるのを提言した人は誰ですか!サックス、ギターの3部演奏にアレンジしたの誰ですか?本当に素敵でした・・。オリジナルの熱さ切なさ(迷いなど生じないと歌うすばる君の歌が本当に強くて突き刺さる)に、不思議なドメスティックな暖かさを加えて、いっそう「お帰りって、君が笑うから、この時代を超えてゆけるよ」というサビの歌詞に包み込むような温かさを感じたのでした。

 一途に、ただまっすぐに約束の場所へ向かうという厳しさも歌いつつ、「お帰り」とまるで家族のように迎える暖かさもある歌詞。この横アリでもたくさん見せてくれた、そして最近の雑誌やデータブックでも見せてくれた、らぶの7人がいっそう一つに家族のようにまとまっていく姿を重ねさせてくれるようで、そこに強烈に引き付けられているのかもしれません。

   自分の志を達成しようとするのに、グループでいることに、このらぶの7人でいることに、本当に意味があるのか。本当にこの7人だからできることは何なのか。デビューという目標がすぐには見えず、今のジャニーズの時流にも(今は)乗っていないように見えるらぶとそのファンは、今、その一番の基本に立ち返っている気がします。メンバーそれぞれに個人でやり遂げたいことがあるでしょう。特にらぶには俳優で名をあげたい人がたくさんいる。俳優仕事には必ずしもグループがプラスに働くとは限りません(デビューすればたくさん機会があるということもあるでしょうが、もっと俳優をやりたい人たちだと勝手ながら思っております)。個人個人がまっすぐに自分の志に向かっていくこと、自分はあまり「正しい」という言葉は使わない人間ですが、これだけは「正しいこと」と思います。  

 ここのところのLove-tuneは、ステージでも、雑誌でも7人でいることを、7人での関係性を色濃くアピールしてくれているように思えます。横アリではいよいよリアルなバンドの響きが快くそれを待ち望むファンの声がは大きく、一方で7人でこれまで以上にしっかりと歌い、踊り、7人で走り回る仲のよさに心が沸き立ちました。最新の雑誌では色々とスケジュールいっぱいでみんなといない顕嵐ちゃんがメンバーに新幹線の車内の様子を送ってくれたりしているみたいです。もし、7人がそれぞれであっても、帰る場所がここだと思ってくれるとしたら、そこにメンバーと、彼らを愛するファンがいるから帰りたいと思えるとしたら、Love-tuneは何にも負けないグループになれるんじゃないかなあと、そして今のこの状態がそれを見つめる絶好の時期なんじゃないかと、思ったりするのでした。    

萩谷くんVoice

 2018年度がはじまりましたねー。らぶ界隈では、真夜ぷりが終わったり(本当にありがとうございました。遅きに失していますがまたまとめをー)、安井くんのらじらーが4月からもあって、ありがたいことに3シーズン目に突入!もありましたね~。あと、顕嵐ちゃんの「空飛ぶタイヤ」関係の雑誌がいっぱい出ていますね。ジャニーズ総ネット化やキンプリのZip進出とか色々と動きがある中でのらぶの立ち位置とかふと考えちゃったりしますが、だからこそ大事なこと、自分がらぶのどこが好きなのか、どのくらい好きなのかを落ち着いて考えているような気がします。やっぱりあのミクスチャーなパフォーマンスと、芝居心を奥底に持った7人の「チーム感」なのかなと。あと最近は7人の歌がぐっと上手くなって、歌心のある選曲・・なども目立つようになってきたと思ったりもします。でも、まあ、あまり細かく分析できるわけもなく、「好き!」の一言で終わっちまうんですがww。

 そんな中、萩ちゃんもJ-webのVoiceページで4月1日に「かくれんぼする人、この指と~まれっ!」を更新しましたね。ついつい日付の意味を考えてしまいますが、今回もまたファンのさしあたっての不安を払拭してくれる、めっちゃ楽しいボイスでした!。この不安から萩ちゃんVoiceで喜ぶというこれまでもなんどかあるこのパターンと思ったりもします・・ふふー。とりま、萩ちゃんのVoiceってかなりのひねった面白いものが多いので、この機にちょっとまとめておこうと思います~。J-webは有料だからざくっとだけ。ぜひみんな入って聞いてくださいね!!今、聞くことができる昔のものから並べてみると・・・

  1. もしもーし!早く出て!!
  2. 二度寝は僕が許しません
  3. やればできる頑張ろう!
  4. またメールかよ!
  5. ねーねー、俺のこと好き?
  6. けいちゃんってよんで
  7. ほら、隣おいでよ
  8. はぎぱぎぱぎや~
  9. お分かりいただけるだろうか
  10. いつも頑張っているキミが好き
  11. かくれんぼする人この指と~まれっ!

 1~3は初期っぽく、とってもナチュラルな萩谷くんのお声が可愛い。あと、すっごくマジメでいい子溢れてます。そして4でぐっと変わって、お芝居が上手くなって。語尾がぐっと豊かに。そして、5&6&7!囁くように、でもねっとりと耳に張り付くよなお声で萩谷ファンが卒倒した名作の数々。声が深くなりましたよねえ。そして、次にどんな素敵なVoiceが来るかと思っていたら・・・

 あの衝撃の8ですよ。ツイッターのTLが沸きに湧いたという。この時、なんとなくちょっと萩ちゃんのことでもやもやしていた気がしていたんですが、もうめっちゃ笑いました。心配していたのが嘘みたいな気分になって。声もはじけるように明るくって、また新しい扉を開いた感がありました~。そして、個人的に一番の問題作の9。これは確かJwebで公募したネタだったと思うのですが、シュールな文言を、ぐっと熱く大人っぽく言ってて、200%真面目に面白いことをやる。その素晴らしさに泣きました。

 そして、暖かな声で包容力たっぷりに励ましてくれる10。全萩谷担当が泣きましたねー。ほんとにいつも頑張ってる萩谷くんがダイスキデスーー!と呟きまくりでしたよ~。そして、色々あった2018年初頭をオールオッケーにしてしまう今回の11。めっちゃ高い声で、あっかるくって、テンション高くって。最後の「れっ!」の浮つき具合がたまりません~。また、「やられたなあww」と萩ちゃんVoiceに救われたのでした・・。

 たった数秒だけど、ひとことだけど、個人のお仕事ながら感じるアンソロジーな趣。正統派の口説き文句。優しく支えてくれるさりげない言葉。お芝居み溢れる大学生のざっけない一言。そして、全部ぶっとばしていくパギヤなはじけるお言葉。萩ちゃんのVoiceはネタもお話の仕方もいつもよく考えられてますとこが本当に好きなんですよね。声の質もほんとにバラエティに富んでて聞けば聞くほど面白い。どーやって声出しているんだろう?って思うくらい。これからも、振り幅広く、この一瞬にかけるVoice をこれからもぜひ聞かせて欲しいなあと節に祈るのでした。   

ジャニーズJr祭り2018合同公演(3/27昼)といろいろ

 27日昼の合同公演、チケットが取れなかったのですが、ありがたいことに連れて行ってくださる方がいらっしゃって見ることができました!オレ的ラスト横アリ祭り。2月の大阪の合同公演と同じく、ホントに楽しかった!セットリストや演出などはそれまでの合同公演とほぼ一緒だったのですが、各グループのところで今回の公演で発表された新曲聴けたので本当によかったです~。

  • 色んな意味できっちり個性が分かれた4グループ。グループのあり方もやってる曲も、そしてそれを選び取ったファンの姿も違っているんだなあってちょっと感じましたねー。それはおそらく単独公演を経て、ファンも含めて自分たちの姿をしっかりと掴んだからかなあって気もしたりして。
  • 個人的にはすのの新曲が色んな意味で見事だったなって。満員の横アリをすーっと白一色にしてしまったペンラ演出のスマートさもだけれど、曲がよくって。バニシングオーバーもそうだけれど、良い曲持ってくる力がハンパないなあと改めて思いましたよー。すと曲はやっぱり一貫した世界観で俺たちはこうやるという圧が凄い。とにかく一貫してる。対して、とらは新境地だと感じて。これまでのイメージを広げて行こうとするエネルギーを感じましたね~。
  • そして。Love-tuneのsupermanは、他のグループの曲とやや違ってふんわかとした始まり方で、会場にもちょっととまどいが感じられた気もしたけれど(あくまで主観w)、だんだんとペンラの波が揃ってきて、柔らかく踊るようなあのハッピーなリズムで会場が揺れていたように思いました。やっぱり名曲かも!!
  • 一番心にぐっと来たのが、このグループタイムで、Love-tuneがあのメンカラ衣装を着て出てきてくれたことで。他のグループがこの祭り用の新衣裳だったのにもかかわらず、らぶだけ7色の先輩からお下がりのメンバーカラーの衣装だったんですよね。
  • もちろん、あの黒銀の新衣裳もホントに好きなんだけれど、メンカラ衣装はチームの、それぞれの役割を持ったメンバーがいて、そしてひとつという「チーム」の匂いがぷんぷんして本当に好きなんです。もちろん、それを意識しての選択だったかどうかはわからないというか、たぶん、新曲の明るささ爽やかさを表現するためだったんだろうと思うんですけど、7人を意識させてくれるこの選択になんだか涙出ちゃいましたねw。
  • 明るく爽やかに始まって、切れ味鋭いクリスタルスカイときて、最後のCALLは本当に気合いが入って、本当に良かったなあ!会場にも「来たーっ!」っていう盛り上がりがあるんだよねー。ホント会場を引っ張りまくってましたよ! 
  • 今回のらぶとらタイムもめっちゃよくって。すのとらのにぎやかなデイブレを切り裂くように、真田くんのアコギが鳴り始めたRELOADが死にそうなほど痺れて。ギターもホントキレが、リズムがよくってかっこよかったんだよね。らぶとらダンスも凄くて。どっかで、のえるさんと美勇人くんが並んで踊ってて、みゅさんのみならずのえさんもぐいぐい攻めるダンスでやっぱり死んだなあと。
  • 大阪の時は余り感じなかったけど、やっぱり単独終えてからだとどのグループも単独タイムの迫力が強すぎて、正直合同演目に注意が向かなくなるかな?って一瞬思ったけど、でも、それをしれっとひっくり返してくれたのがRELOADの漆黒の熱さだったから、そういうコラボはやっぱり必要だよねえって。
  • 今日もらぶはわちゃわちゃと平和だった!。MCタイムの時には諸星くんのアイラインのお話で。もろちゃんめっちゃ美人さんだからラインもアリアリと思ったよ~。で、改めて思ったんだけれど、合同のらぶのMCタイムよかったよなあと。できる宣伝が少なかったこともあるんだろうけど、メンバーの可愛いとこをクローズアップしてお話してくれるのが好きだったなぁ。でも、さらりと全員がバンダナ身に着けてるとことかね・・。実はちゃんと攻めてるなあと思うことしばし。
  • 今日の早替えタイム。顕嵐ちゃんが瓶底メガネの学生服で、死ぬほどかっこいい人がカッコ悪い格好をするのが大好きな自分にはあまりにジャストで死ぬかと思ったんだけれど、意外と受けていないのが信じられなかったwアンコールでバンダナが額あたりに下がってきちゃった安井くんが久々にバカボンのパパだった。スタトロの上であぐらかいちゃった時にはどうしようと・・。なのにyesもするんだもん。本当にこの人ズルイww。
  • 今日の萩ちゃん、髪の毛をすっきり散髪してて、ちょっとアッシュみのある黒髪ぼっちゃんヘアだった~。ホントにお顔もお肌もぴっかぴかで本当に綺麗だったなー。後半の方の萩ちゃんだけドラムの曲で、きょもさんだてさまに挟まれてるのはホントに王宮だった・・慎ちゃんもうみんちゅはお小姓だった・・
  • 今日も美人でしたーフラワーで向かい合ってすこし煽り合いながら踊るはぎみゅが幸せだったなあ。 
  • 単独時に同行のバンド経験者がらぶのバンドがすっごくよかった上手になった褒めてくれてたけど今いちピンとこなかったんだよね。でも、今日のFR前のドラムソロやアクセントダンスのドラムが完璧で、音もすっごく深くって。CALLのノリも凄かった・・。
  • 昼公演が終わってその後もう一度グッズを買いに行ったんだけれど(朝も買ったw)、グッズ、どこの担当さんも山のように買っているのを見かけるんたんだよなあ。でも、まだどこのグループのグッズも売り切れていなかったんだよね。グッズ作り過ぎだったのかもとはいえ、今回も待ち時間せいぜい10分が一回あったきりだったから、デビュー組と比べてグッズ購入力がJrは低いんだろうなあ、
  • もちろんデビュー組とはグッズの種類が違いすぎるから購入時間がかかっていないこともあるし、未成年の子たちがグッズをいっぱい買うというのも違う気がする。とはいえ、アリーナの中で見ている時には感じなかった(もちろんらぶ坦だからですが!)デビュー組との差が、アリーナの外にはちゃんとあって。一体何が違うんだろうとつくづく思ったんだよね。横アリ埋めてるのは一緒なんだけれどなあ。でも、そんなところもこれからは大事になってくるかなとちょっとだけ思ったんだよね。
  • さて、そんな楽しい27日お昼公演でしたが、オーラスの夜公演ではハイビーちゃんたちが登場したり、業界関係者っぽい方がたくさん見学していたり、グループごとの公演が更に長くなって、4グループの必死さが凄かったんだそうだ。自分は見ていないけれど・・・
  • トップバッターのらぶは、象から始まったんだそう。お客さん全員のペンラを置かせて、凄い勢い、切れ味物凄い演奏だったそうだ。続くナンバーも全部凄かったそうで。見ることができた人たちに、ちょっとだけ嫉妬しつつもやりきって合同終えられてよかったねぇとじわじわしているのだった。

  • 個人的には、らぶって色んな表現をしたい人たち(それこそ単独の時のテーマだった喜怒哀楽な)だと思うんだけれど、こうやってエマージェンシー発動も凄いレベルで飛び出てきちゃう凄いよなぁ。もちろん切羽詰ってのギリギリだからこその発動だとおもうけれど、そういうことがちゃんとできるのもLove-tuneというグループなんだなあと改めて思うんだった。

  • 彼らは、何も手放さないし、何も諦めない。今やらなければならないことに、まっすぐに向かい合っている。一歩一歩できなかったことをできるようにして前に進んでいる。その過程で色々とハラハラすることはあっても、きっと近いうちに大きな花を咲かせ、大きな実を成らすグループだとつくづく思った2018年のJr祭りだったー。本当に本当にありがとう。

ジャニーズJr祭りLove-tune単独公演@横浜アリーナ(2018年3月25日)

 らぶ単独横アリ公演行ってきました!連れていってくれた方がもの凄い神席を当ててくれて、生まれて初めてのことで大興奮でした。本当に本当にありがとうございます!あまりに興奮し過ぎていたせいとか、途中であったプライベートの色々とかで、本当に記憶があいまいなのですが、ざくっと感想を書いておきますー。色々と間違っていると思うので予め謝っておきますww。

  • 全体を通していつも通りというか更に思ったのが、らぶって本当にかっこいいグループだなあということで。本当にどこに出しても誇らしい自慢の自グループだなあと。バンドもダンスも、そして色んなパフォーマンスも凄いクオリティなのに、そこには青春の切羽詰った熱さとまだはっきりとは見えない未来を強烈につかみたい欲求と全部突っ込んでドロドロに溶けてて。それなのにというか、だからこそ、みんなお顔が綺麗で。青春とプロフェッショナルが核融合したような嘘みたいに素晴らしいライブだった。本当に今この時しか見ることができない一生に残るライブだったなあと思う。青春まっ只中の彼らの魂に撃たれた自分は本当に幸せ者だと思ったなあ。 
  • ストーリー仕立てというか、喜怒哀楽を経験して成長する子どもが自分の夢を確かに掴むお話。もうジャニワ・ジャニアイと同じ系譜のお話。子どもの声のナレーションから始まるところが本当にジャニーさんっぽくって本当に泣けた。っていうかジャニーさん作じゃないの?と思う自分w。ともあれ、やっぱりLove-tuneはジャニーズが大好きなんだなあって、そしてその大事なものをしっかり魂に刻み込んでいるグループなんだならぶは・・と思って、最初からノックアウトされそうだった・・。
  • セットリストは、まずCALL→言葉より大切なもの→T.W.L。ピンク衣裳に色んな飾りが増していた。ながつがラメのストールみたいなのを肩から腕に纏っていてちょっとだけメキシカンだったw。このバンド3曲がらぶのバンドの基本曲で、ビートとノリを作る曲なんだろうなあ。横アリの1万5千人が一斉に大きくペンライトを振る様子がまるで光の高波のようだった。凄い光景だった。
  • 銀黒の新衣裳に着替えて、crystal sky→Masterpiece。赤髪にキャップをかぶった顕嵐ちゃんを先頭に花道を冷たくも荒ぶる様子で闊歩していくLove-tuneの7人が背筋が痺れるほどカッコいい。2月の城ホよりも更にダンスにキレが増している。萩ちゃんが本当に本当にカッコいい。PON!で付いたアグレッシブお兄さんそのもの!ww。続いて、マスピ!あのドラマチックなイントロを耳にして、たぶん百回くらい「ますぴ!ますぴ!ますぴ!」って壊れたように叫んだ自分だった。そして、大サビの萩安パートはふたりがしっかりとしっかりとミドルタッチでお互いの手を握り合うように強く結ばれていたんだぁぁぁ。もう変な声がでまくりの前半戦。あまりに熱狂したので、MU-CHU-DE恋してるをよく覚えていないけど、美勇人くんに「魔法をかけちゃうぞ?」って言われたのだけ覚えてるー。
  • 続いて、メドレーで、ずっとLOVE→愛を叫べ→LOVE YOU ONLY→君にHITOMEBORE→おーさか 愛・EYE・哀→アイアイ傘→愛ing-アイシテルー→Love so sweet。すっごいわちゃわちゃしていたけれど、すっごくスムーズだった気がする。あまり覚えていないけれどー。アイアイ傘で、あらみゅがアイアイ傘していたんだけれど、あまりの可愛さにお隣のあらんちゃん担さんと大騒ぎしたw。そして、This is Love Song。メッセージが流れて、萩ちゃんのは「みんなと同じ未来が見えますように」だった。本当に嬉しかったなあ。
  • そして、烈火の映像が始まる。Zeppで流れたヤツです。本当に素晴らしい編集だったので、再び、それも1万5千人と一緒に見ることができたのが本当に嬉しい。「生きるべきか死ぬべきか・・人の・・・」という真田くんのあの本当に耳に届くクリアな声でのナレーション。思いっきり気持ちが高まったところで、7人がハピアイの赤衣装(袴なし)で登場。ホントにめっちゃかっこよい。今回の烈火は、まずメインステージで踊って、合同と同じように奈落の底に4人、3人と飛びおりて、ステージがせりあがってバンド演奏+篠笛+三味線の演奏。
  • そして、ここでインターミッションが入ってまた映像に戻って、真田くんのナレーションが入るという流れ。そして、ここで(だったと思うけれど)7人の剣舞&殺陣が始まるの。めっちゃ斬新だぞ!和装で、ナレーションで、バンドで、殺陣。もちろんちょっとしたお芝居みもある。帝劇とZeppNHKホールが合体してたキャリア豊富ならぶめんならではの構成。萩ちゃん刀の扱いがすっごく上手くって全然落とす気配なんかなくって、凄かった。またまた惚れ直した。今日だけで1000万回惚れ直した。そして、「狂っているんだ!」の真田くんの表情と気合いと声が素晴らしかった。全編をとおして烈火のさなぴには希望しか見えない・・と改めて思うんだった・・。
  • でも、まだここで終わらない烈火。いったんは消えたバンドメンが、ブレイク後にセンターステージに登場。その前にもろちゃんがバクステで大太鼓たたいていた気がするけど、違うパートだったかもw。そして、センターステージで7人が強いリズムを打ち入れつつぐるぐる回る。そこにハラハラと真っ赤な羽が舞い降りてくる。萩ちゃんのドラムを叩く後姿に舞う赤い羽根。本当に綺麗な光景だった。いやあ、本当に横アリの烈火は凄かった、素晴らしかった!!
  • 再びメインステージに登場する7人。諸星くんが静かなバラードを唄い出す。美しく、力強く。勉強不足で知らない曲だったけれど、歌詞もよくわからないまま聞いていたけれど並々ならぬ想いのある曲であることが伝わってくる。続いて、萩谷くんの甘く情感のこもった声、そして、真田くんのすーっと耳に入って広がるお声の歌が続いていく。本当にいい曲だった。後で調べたらSMAPtriangleなんだそうだ。メインステージに7人で一列になって歌うらぶめん。ずっとLove-tuneでも歌い続けて欲しいなあ・・・そして、諸星くんがいなくなったと思ったら・・・
  • モロササイズだあ!!あのピンクのタンクトップをいたモロさんがセンターステージに降臨されていた。振付で「座るかー座らないかー」ってのでやっててたな(記憶曖昧)。突然、萩ちゃんが大声で歌いだしたりして、そしたらさなぴーもなんか反戦っぽいセリフ言いだして、それにみゅさんやれおれおやあらんちゃんも続いて、やっぱり芸達者ならぶめんさんたちだったw。そして、横アリのお客さんと一緒に「君は宝物~~」。楽しかったー。クリエの700人から始まったモロササイズが横アリを制した日だった。そして、前向きスクリーム。萩ちゃんの気合いが凄かった・・さすがエイター。
  • MC:ここで座って聞くMCタイム。実はこっから自分が色々とあれこれあって、集中して聞けてないのですが、萩ちゃんがシャワーでイタズラしたとか、一緒にご飯食べに行ったとか、そして、さなぴと一緒にはぎちゃんがパスタ食べに行ったとか。あらんちゃんの「空飛ぶタイヤ」の宣伝でさなぴがフィリップの持ち方とかいいとものお話してくれたりとか、色々とわっちゃわちゃで楽しかったー。個人的には、萩ちゃんの寂しいが公式化してきててちょっとホッとしてるー。鳥ちゃんたちを飼うようになって自分の気持ちがわかったのかなー。周りにも伝わっているようでよかったなあと・・・。ついつい妄想だけれど考えちゃうな。
  • さて、ここからユニット曲。まずは、真田くん、諸星くん、萩谷くんで歌侍。はぎちゃんがスティールパンにチャレンジ。真田くんがアコギで、もろちゃんがお歌でアコースティックセットだったんですけど、これが本当に爽やかな癒し系でよかったんですよ。萩谷担だからmスティールパンを演奏してる萩ちゃんから嬉しさのオーラが滲みだしてるのを見逃さなかったですよw。ちょっと間違えたり大変そうだったけれど、新しいチャレンジにワクワクと集中している萩ちゃんを見ることができて本当に嬉しかったなー。そして、萩ちゃんの攻略法をらぶは手にしたな・・とじわじわした。ほんとに好奇心を刺激された時にぐん!と動く人なんだろうなあとか、間違えちゃってるくらいの時が楽しい人なのかなあと思ったりしましたよ。また、この時に見た萩ちゃん本当にお顔が綺麗だった。レンタルした12倍防振で見たお肌の綺麗さと表情の豊かさ・・防振ありがとう。
  • 続くは、センステ方で面で顕嵐ちゃんと長妻くんでOne Love。薄いメンカラのタキシードと花束を手に歌うらんれおー。やっぱり可愛いよ~。通路歩いていっぱいファンサしていたなぁ。それにしても、この曲って、らぶ4が初めてコンサートをやった時(2016年5月6日らぶクリエ初日)に、安井くんがソロで歌った曲なんですよね。同じように白いタキシードで赤いバラを持って。あの時のこの曲はきっとできたばっかりのらぶファンへの約束の歌だと思っているので、今回も彼らから横アリを埋めたファンへの約束の歌だといいなぁなんて都合のよいことをついつい考えてしまう・・
  • 次はみゅうたろう曲だよあーって思っていたら、曲のイントロと共に会場が凄い悲鳴に包まれて。そうです。あの伝説のYes!です。メインステージがせりあがってくると真っ白なシーツが。そこに見え隠れし、絡み合う裸の安井くんと美勇人くん。シーツの海から浮かび上がって相手に覆いかぶさり、のけぞって。1枚の白いシーツをお互いの体に巻きつけながら激しく腰を振り口づけを交わす。ほんと凄い振付だったですよー。で。これはホントに自分の感想なんだけれど、いい意味で若い男子ならではの欲望がまっすぐで、淫靡とかエロっていうより、「好きだー、やりたいーー」って感じで凄く好きな感じだった。みゅうたろうだからこその味わい。
  • ふたりが消えた途端に萩谷くんのあの歌声が響いて!Dye D?。もう一度みたかったから本当に嬉しかった。顕嵐ちゃんの赤い髪がめっちゃこの曲に似合っていたなあ。そして、走り回りながらステージの階段の駆け上り駆け下る萩ちゃんのななななななななというバックコーラスが生で聞こえきて胸が痛くなった。やっぱりらぶはチームなんだよなあ。ひとりひとりの持ち場と役割がはっきりしてて、スポーツのチームのようだなあと。そんな中であらんちゃんがエース然としてきてて、凄く納得したんだった。 
  • そして、バンバイヤたちが消えたと思ったら・・・PARTY MANIACSぅぅぅぅぅ。ステージマンションの屋上にメンバーカラーの衣装を身にまとったLove-tuneの7人がバーンンンと登場。ほんとにこの時の胸の高鳴りと言ったら・・・パリマニ・・パリマニ・・とそのまま死にそうだった・・・。ほぼ去年の祭りと同じ服装だったけれど、顕嵐ちゃんは紫のロングコートだったなあ。みゅーさんは黒いキャップを後ろ向きにかぶっていた。いつも通り萩ちゃんからの歌い出し。死んでもいいくらいに好きなフレーズ。7人がぞろぞろと階段を下りてくるカッコよさ。メインステージで思い思いに体をくねらせて、ステップを踏み、踊りに踊る。こういう好きに踊らせた時の萩ちゃんの踏込やくねりの強さが本当に好きなんだなあと。最後の暗転の時の背中の柔らかさまで、本当に好きな、夢に見た萩ちゃんだった。
  • そして、ドラマチックな僕らのこたえのイントロが始まって。歌い出し安が萩ちゃんなのになぜかめちゃめちゃ感動して。ほんとに萩ちゃんしっかりお歌が歌えるようになったなあと。あと、炎がボンボン飛び出る特殊効果装置があったなー。こんなのまで使うんだとびっくりだった。そして、安井くんが「俺たちの時代だーー!!」って言って、全員で凄い勢いでセンターの花道を走り出したの。メインステージから飛び出した7人の横からみた凄い勢いのシルエットが今でも忘れられないし、きっと一生忘れない。それからバカみたいにぐるぐると花道を全速力で走り回るらぶめんたち。こんなにこんなにエネルギーが体から溢れている若いアイドルたち。ほんとに彼らの思いを叶えさせてあげたいというか、力を少しでも貸したいそんな気持ちでいっぱいになった。そして、センステで全員でぶっ倒れるって・・・お姉さんはそういうの大好きさ!
  • ぶっ倒れて、動けない彼らが、ファンに自分たちを呼んで欲しいとお願いをしてる・・声がちっちゃいとちょっと拗ねている。なんて可愛いんだーと思いつつも、だんだん声が大きくなってきて、とうとう安井くんが最後の「喜び」をプレゼントしてくれると言って、メインスクリーンにその題名が表示された。それが「superman」。個人的に大好きなバンドの大好きな曲と同じ題名だったから内心震えていたんだけれど、これも本当によい、素敵な曲で!バンドなしで7人で踊るんだけれど、スウェディッシュなEDMを二回りぐらいぐっと親しみやすくしてきちっと踊れる。夜でも昼でもどっちでもハッピーに踊れる曲。嬉しそうに踊るらぶめんたち。本当にメンカラよく似合うグループだなあと改めて。 歌詞もちょこっとだけれど、サビのLike a supermanっていうのが本当に痺れる。まだ「~のように」なんだな。でも、しっかりと地に足がついた、そして飛翔を目指す、おしゃれで楽しい曲でらぶの新しい1ページなんだなと。らぶって2次元の強さがウリみたいなとこがこれまであったけど、新曲はマジ3次元でリアコで超困る・・・。ほんとかっこいい。惚れる。そして、あの最初の子どもの声が聞こえてきて、7人が「僕と君とで未来をつくる」と言ってくれたんだな・・凄いな。もう胸がいっぱいだったんだけれど、まだ続きがあるんだな・・。
  • またまたバンドに戻って、SHE SAID→NO WAY OUT→象。もうこの辺りはゆるぎない力。美勇人くんのベースの弦をはじく音が聞こえるほどの熱くて堂々たるプレイぶり。さなはぎのベース&ギターの太さ。芯がぶれない、安定した強い音。全体が揺れればその揺れがちゃんと聞こえるくらいに自分たちの音でだんだんと勝負できるようになってきたバンド。本当に「案外どんな夢も叶えられるよ」なんだろうな・・・。でも、まだ課題曲がある・・・。
  • 最後の曲はらじらーでも話していたDreem on。CD聞いて想像していた通りのバンドサウンド。長妻くんが本当にバンバンキーボードならしていて涙出そうだった。湧き上がるようなギターサウンド。ファンのコーラス。もっともっと歌いかたかった・・・。
  • すぐさま、アンコール。1回目はレッツゴー!!→SEVEN COLORS→SHAKE。さなしぇいくが聞けて本当によかった・・。Wアンコールはsuperman。CALLもやったかも。この時だったかなあ、メンステのみゅさんがぴょんと飛んで走り出したんだけれど、少しとんだときのキレ味というか、指先足先までに電流が通って一瞬物凄いキレを見せたのが忘れられないー。ほぼ終わって一安心して自分を解き放った瞬間を見たというか・・その後、センターステージで本当に嬉しそうにきゃっきゃと喜び踊りまくる7人の姿が強烈すぎて一生忘れなないなあ。
  • この本当に楽しげでのびのびと踊るsupermanをみて、バンドは本当に凄い武器だけれど、その分返す刀で自分や周りも傷つけたりするのかなぁってちょっと思ったんだよね。こんな風にたまには抜いたり、別のとこにいれどこ変えながら健やかに前に進んでいけばいいのかもしれない。この後の合同公演のオーラスみたいな本気の切り合いも、この単独公演のように豊かに作り上げる公演も、両方ともあっていいなあと思ったりしている。 らぶって、学園祭的でなんでもありでトーシロくさいと思っていたら、10年後にはちゃんとプロの表現として認められる学生演劇出身劇団みたいだなあなんて妄想したりするよねw。
  • 周囲には色んな噂や色んな状況が渦巻いている。自分は外野も外野な人間だから、何が何だかさっぱりわからないこともいっぱいある。でも、安井くんが「この7人で頑張って行きます」と言ってくれて、そして何より毎回毎回、今日が一番いいライブ、今日が一番いいパフォーマンスって思って帰ってこられるからきっと大丈夫なんだろうと思ってる。彼らはきっと行きたいところへ行ける。夢を持ってこれからも一歩一歩大人になっていくんだろう。大丈夫だ・・確信した横アリ単独公演だった。
  • そうそう、これは書いておかなきゃ!。今回の単独公演、客席に緑のペンライトがとっても多かったの!自担可愛ゆえの欲目かと思って何人かの人に聞いてみたら「萩ちゃんのペンラ多いよね!」って言ってもらえて。どんどん萩谷慧悟ファンが増えている感じがあって、それもまた嬉しい単独公演だったなー。