ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

キントレ Love-tune単独公演の演目後半編(8/4、8/6朝・昼)

 8月11日の少クラでものすごいBlack & Whiteを披露したLove-tune。EX単独、えびバック、そしてこのブラホワと毎日のように新しく鮮烈な姿を見せてくれるものだから、BBAの頭の中はすでにキャパオーバーで記憶もあいまいなんですけれど、とりあえずEXの感想をあと少し。前編はこちらです。

 

tanusun.hatenablog.com

 あと4日の感想も・・

 

tanusun.hatenablog.com

 

 ではでは・・ほんとレポっぽいもの皆無で感想だけだし、前後編で文体一致していないですが、ご容赦をw。

 11.Otherside(SMAP)

 さなぴギターをフィーチャーしたクリエ再びの1曲。この曲じゃなかったかもしれないんだけれど、さなぴのギターが赤のSGみたいなんだけれど、もうちょっとふわっとしてて、そのギターに綺麗な虎目が浮かんでいて、すごくよさそうなギターだったのを覚えている。何かの雑誌のインタビューで思い切って高いギターを買ったと言ってたけれど、それがこれかなあなんて。6人と一緒に踊るさなぴのギター。キャッチーでドラマチックな曲の展開をさらに加速している。あとサビでステージに7人がずらっと並んで「I love you」のハンドサインをするんだけれど、EXだとこちらは下から見上げるかたちなるから迫力も倍増して余計にカッコかったなあ。ファンもここは思いっきり腕を突き上げてすごくロックな空間だった・・。

12.SEVEN COLORS(NEWS)

 その後でキラキラのアイドルポップなセブカラ~。アザサイ→セブカラの曲調の切り替わりが本当に好きだった!。ペンラ芸をやったんだよね。みんなで一斉にペンラの色を切り替えていって。今回のペンラは全色切り替えた後に、自動切り替えに変わるんだけれど、6日の朝かな?フロアもタイミングがばちっと揃って、自動的に7色がついていくのが本当に素敵だった。初めて公式ペンラの必要性を感じた瞬間w。
 6日はみゅーさんが黄色の時に大袈裟に喜んで泣く真似をしてて、次が緑ではぎちゃんもうわーっつみんなやってくれた!みたいに騒いでいて、次の紫でもあらんちゃんがどんなもんだいとはぎみゅにドヤしてたのが可愛かったな~。

☆MCコーナー

 うわ。もうすでにあまり覚えていないんだけれどw。大阪のえびコンの帯同の時かな。夜みんなで部屋に集まって話をとなって、同室のもろちゃんがながつを誘ったら、「空男と練習するから」って行かなったんだそうだ。集合組はその後延々と色んな話をして(さなぴ曰く「『この話はやく終わらないかな~』みたいな空気が湧くくらい)、夜遅くに帰ったらながつが空男と一緒に寝ていたそうで・・。いや、本当にクリエ以降のながつって本当にキーボード頑張っていて。それを教えてくれるMCが嬉しかったな。

 はぎみゅがステッカーの小さいお顔のシールをペンラの先に貼っているって話で二人でドヤドヤしていたのはここだったかな?今回すごくはぎみゅが多くて嬉しかったなあ・・・。一種の新体制ってやつかもしれないけれど、この二人が一緒にいたずらっ子しあってるのが凄く好きなんだよなぁ・・。とりあえずはぎちゃんは嬉しいと思うw。
 Zeppのこととか、どんなグッズが欲しい?とかすぐ先の未来と言うかすでに目標となったものを、具体的にどう構築するのか、ファンのみんなもそれを考えてよ~みたいな話がいっぱいあって、どれもキラッキラしていて、「若い希望」ってこれだよな凄くBBAはジワジワしたな。本当に素敵な空間でした。

13.Love Wonderland(嵐)

 はぎちゃんがファンに振付を教える曲。ちょっぴり難しいのと(いや、ダンシング五関先生からすればレベル0なんだと思うけれどw)、なんとか伝えたくって始終テンション高めで、ときどきもう一言あればなって思ったんだけれど(「通しで」ってところが「Bパターンを通しで」やるのを言ってくれたらいいなってずっと思っていた)、それも全部はぎちゃんの可愛い、一生懸命なところを楽しませてもらえる趣向で本当によかった。可愛かった。そして、やっぱりここでもファンが全員で同じものを共有する時間を作り出す作業を意識的にやっているのが印象的だよね。

14.BOMB(千賀健永)(真田/美勇人)

 ここからユニット曲。まずはさなぴ&みゅーさんのBOMB。1日だけのらぶ4クリエの演目をここで見ることができて本当に感激だった。そして、T×Oを7人バージョンで出してきたところもだけれど、それこそ名前のない頃からの(言えば違うメンバーもいた頃からの)、そして最初の4人の頃からの取り組みを全部繋げて、今の7人に落とし込んでいくという姿勢が本当に好き。それにしても、今の純粋な大人の男の魅力を感じさせる、それもアイドルの範囲内で見せてくれるのはクールな柔らかさと熱い硬さを持つこのふたりだからだと思う。本当にカッコよかったなあ・・

15.GUTS!(嵐)(諸星/萩谷/長妻)

 もうねえ、見るたびに嬉しくなるコントな演目。落ち着いてきて滑舌のよい正統的派の切り回し役のもろちゃん、狂気度が毎回毎回どんどん増していくボケ1のはぎちゃん。そして、もうもう正統派の大きなボケ2のながつの組み合わせ。最高ですよね。コントの教科書みたいですよねw。その上、この3人のバレエターンの美しさといったら、そして、バルコを軽やかに走り抜けていく体力ったら。この3人、声も凄く伸びるから歌もいいしね~。本当にバランスの取れた組み合わせで、色んなコント、体を張ったコントもできそうな組み合わせなのが嬉しいというかファンは複雑というか。でも、ぜひつぎのコントをお願いしたいです!
16.My Girl(山田涼介 有岡大貴)(安井/顕嵐)

 その後に、やすあらのこれですよ。このふたりでこの切ない曲をやるなんて隙がまったくないというか、全く男の匂いのしない乙女の夢200%の作りは、本当に最終兵器だなって思いましたね。演出がものすごくよくって、対面するバルコニーに向き合い歌う二人が、花道を進み、ステージ上の階段に分かれて座り、それがぐーっと近づいてきて、クロスする。そして、「僕だけを見て」と対立しつつも同じ気持ちをドラマチックに吐露する。若いあらんちゃんのまっすぐな思い。年長のやっすーは少し矯めて苦しさを強調する・・素晴らしかったですね・・。

 それにしても、この3本の、「リアルな男の匂いが濃厚に漂う大人のダンスバトル」→「可愛く楽しい正統派のコント」→「乙女の夢しかないアイドル世界」って流れが完璧すぎて、総合力のジャニーズらしい世界観を見せてくれたなあって思う。
17.Tell me why(Kis-My-Ft2

 今度は7人がこの大階段にW隊形で並んで、それぞれの恋の気持ちを唄うナンバー。赤い新衣裳で。高いところでしかも階段が動いていくので大きな動きはできないものの、その分、それぞれが手の振りや少しだけの上で体の表現で恋しい思いを表現していく。Love-tuneのグループの特徴はバンド×ダンスと、もう一つ忘れてならない演技力。それが存分に味わえる演目だった。

 はぎちゃんは始終立っていて、まっすぐなまっすぐな気持ちをぶつけてきてくれる。彼の熱さとりんとした美しさに泣きたくなるくらいだった。そして、その下にいるさなぴが本当に素晴らしくって。辛く、哀しく、苦しく、そして愛おしい。彼が両手を伸ばしたくらいに抱えている愛する人のイメージの美しさに釘づけだった。きっと7人がそれぞれ素晴らしい想いを演じてくれていると思うので、ぜひこれも少クラで見てみたいなって思う。
18.僕らのこたえ~Here We Go~(A.B.C-Z

 HWGをバンドでなくダンスナンバーでやるのがカッコ良すぎる・・。どんな隊形だったかも忘れちゃったけれど、こんなにゴリゴリとアグレッシブに全員が踊り続けるナンバーもらぶには少ないのでは。赤い新衣裳の力強さに負けないダンス。はぎちゃんも芯をぶれさせずグイグイ踊っていて、目を見張ってしまった。ライブの終盤にこのダンスで踊りきるっていう姿勢がえび兄さんたちへのリスペクトを凄く感じたな。
19.Finally Over(A.B.C-Z

 定番中の定番。もうらぶに永久使用権をいただきたいくらい。何回も何回もやっていくうちに生まれるグルーヴを、バンドならではのグルーヴを内包しつつあると思う。ずっとずっとやり続けて欲しい曲。なんかね、歌っているうちに泣いちゃった。最後の終わりがもう終わっていますように、これが最後のリスタートになりますように。もう大丈夫、大丈夫って。
20.NO WAY OUT(オリジナルにしておくw)

 6日の朝だったかな・・この曲の前であらんちゃんが短いMCがあって、FOの熱狂の後に場内がちょっとシンとなったんだけれど、あらんちゃんが「うん、こういう(演奏の後に)シーンとする瞬間が好きなんだ・・」(意訳)って凄く柔らかい口調で言っていて、本当にロックが好きなんだなあって感じたんだよね。凄いこと言うなあって。熱狂の後のふっとひとりになって、その余韻を味わえる、味わおうとする人なんだなあって。でも、曲が始まってしまえば、ペンライトは持たないし、ハンドクラップだし、全員演奏モードだし、本当にロックないい曲。それとみんな歌がすごく上手くなった気がした、何気に。
21.夕闇トレイン(関ジャニ∞

 熱かった今日のライブを静かに温かく振り返るようなこの曲が本編のラストナンバー。ライブのシメの一つのかたちに相応しいこの曲って、6日を終えたら思ったんだけれど、この曲が収録されている関ジャニ∞のJUKE BOXにも、そのライブ映像にも、全然違うところに収められているのね。それを、このEXではこの位置に持ってくる。単にこの曲いい!やってみたい!!だけじゃ収まらない、ご本家の文脈を超えて換骨堕胎して、曲の新たな価値を生むお仕事。ほんとセンスいいったらありゃしない。初日の時には、これでやっすーのラストだよ説明もあったから、この大人しい曲で終わりなのかなって感じもしたんだけれど、6日で演奏があったまってくると本当にじんわりとでおちゃんとエモさがあって素晴らしい曲だなあって感じた。
 またね、こんなにバラエティに富んだ、アイドルコンサートの要素もふんだんに盛り込んだセットリストの最後に、Love-tuneのバンドに立ち返る曲で締めくくるのが、バンドファンとしては本当に嬉しかったりもして。にこやかに笑いあいながら、演奏し歌う7人が凄く凄く愛おしかった・・。

EN1.Love-tune Summer Vacation 2017スライドショー

 アンコールの前に、アイドル誌にも乗っていた館山での夏合宿のスライドショーが。さなぴとはぎちゃんがゴツイ一眼レフを持ってきて、写真を撮りまくってくれたらしいです。はぎちゃん坦なので、ギターを弾くはぎちゃんがあったのが何気に嬉しかったな。BGMは風磨くんのMy Lovin' Season。2015年のふまパラでもあったという曲だそうで。やっぱり全部つなげていくLove-tuneなんだな。そこにいた人も、あそこにいた人も、ぜんぶらぶの一員と思いたい、全部今のらぶに繋がっていると思いたい。そんなセンチで身勝手な思いがやっぱり湧いてきちゃうんだな。

EN2.I Scream Night
 さて、この回のアンコール曲は、先日の少クラ生放送でも演じたISN。やっすー、あらんちゃん、はぎみゅ、さなもろれおの順でマンション奥から登場。こちらはご本家の使い方と同じで、過ぎていく夏をみんなではしゃぎまくって送っていくという趣向かな。みんなで思いっきりジャンプして、いっぱい体とこころを動かして・・。本当にいいライブだった・・・。

 記憶違いかもしれないんだけれど、6日には4日になかった最後のシメに「俺たちと、みんなで、Love-tune!」っていうコールをやった。やっすーはみんなで手を繋ごうって言っていて、はぎちゃんがあらんちゃんの手首をぐいっと大笑いで強制的につないだのが凄く凄く印象的だったな。フロアの方はなかなかすんなりとはいかなかったんだけれどねw(千穐楽ではみんなで手を繋げたらしい。よかったね!)。

 その後のえびコンでも同じのがあって、最後にパーンと銀テープが飛んでのを経験したんだけれど、振り返ってあの風景にあのテープが舞うようにって意味もあったんだろうなって、やっぱりまだまだ新規のジャニファンは遅まきながら気づくのだったw。でもあってもなくても、本当に立派で、楽しくて、熱くて、完璧なライブだったじゃないかと思う。こういうライブを一つでもたくさん体験していきたい。繋げていきたい。それでいいじゃないかと思った2017年のEXだった。

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tourに行ってきました!

 5周年記念コンサート、本当におめでとうございます!初めてのえびコンだったのですが、感想を本当にざっくりと。楽しすぎてあまり記憶が残っておらず、らぶ中心になるかと思いますがどうぞご寛恕いただければありがたいかと・・・・

 去年もLove-tuneがバックについたSLTコンの円盤やえび座ですっかりA.B.C-Zが好きになりFCに入会。運よくコンサートチケットも当たり、8月8日横アリ行ってきました~。当初の予定はらぶのコンサート予定とえびコンの日程がかなり被っていることもあり、バックにつかないんだろうなって思っていたんですが、その後風向きが変わってきて、大阪の初日、そして、横アリではLove-tuneがメインバックにつくことになったようです。本当にありがたいです! 本当にたくさんの出番、あんなに踊らせてもらって、あんなにバンドさせてもらって、特にFOからHWGの一番熱い場面の流れでは、メンバーとらぶバンドだけの構成にしてもらって、本当にえび兄さんたちに深く深く感謝です。

 会場は横浜アリーナ。3月のJr祭りの時にはセンターがメインステージで横長の配置だったのですが、今回はAパターンというのか縦長の配置。メインステージ、センターと、小さいながらバックステージの構成で、中央のメインステージから5本の、5色の直線の花道が出ていました。。自分の席はアリーナ中段の下手バックより。青(五関くん)と紫(河合くん)の間くらいでした。センターステージはかなり近くって感激。でも、その分、メインステージはかなり遠い。いつもの7倍の双眼鏡でお顔の表情がわかるかな?っていうくらいなので70mくらいはあるのかな?。いやー、Aパターンの横アリ、スケール感デカいわ~。今回はアリーナとスタンド席の間に立見もあって、メインステージ横にもあったから、そこもいいな~ってちょこっとだけ思ったですw。でも、3時間近いコンサートだとさすがに立見はつらいよね・・

 1.Reboot!!!、2.Take a "5" Train、3. ずっとLOVE、4. Walking on Clouds 2曲目にらぶめんや他のJrたちが登場。花道に広がって踊るのが壮観でした~。その間にえびさんたちはスタトロに乗ってセンターフロアを練り歩くから、もう目の置き場に困るったら。気づけば、青の花道の先っぽに美しい姿勢で踊るみゅーさんがいた・・。後姿だと、頭の位置とか、腰の捻り具合とか、両足の絡め方とか、ますます美しくって、見ほれてしまった・・。かかとの先までコントロールされた体のさばき、腕をやさしく内に引き込む動作のエレガントでエモさもあって、ホントに幸せでした・・
 そして、少し目を中央に寄せると・・はぎちゃんもいて、目線を下にやりながら、腕をしなやかにそして力強く使いながら踊る姿を存分に見ることができたました。・・っていうかいつの間にかはぎちゃんの踊るのを真似して踊る自分がいましたw。これは、スタンディングのライブや劇場ではできない経験ですっごく本当に楽しかったです、

 5. 05.SPACE TRAVELERS ~ 5 Rings ~ In The Name Of Love~誓い ~ SPACE TRAVELERS。リブートもだったけれど、このメドレーでものトランポリンを使ったアクロバットが凄くって。ステージの上段から背中から落ちて跳ね返って2~3m上の壇上にあがってすぐまた側転とか。えびさん5人が連続してトランポリンの技を見せていくのが本当にカッコよいというかただただ感動。例えば、塚ちゃんだけやってるってんじゃなく、他の4人も全員がやってるってのが凄いなあって。グループで一つのものを見せるのって、やっぱり基本だよなあって心にしみましたね。本当にコンサートの前半だったけれど、すでに元を取った!!っていう気持ちになりました。

 6. YOU ARE A FLYER、7. Dolphin 戸塚くんのソロ。この曲が新譜の中でもとりわけ好きでした。アコギの戸塚くんのバックには、ギターさなぴ、ベースみゅーさん、キーボードながつ、ドラムはぎちゃんのLove-tuneの誇るバンド隊が控えて。本当にシンプルなバンド構成でそれだけでもありがたかったですよ。でも、1番の途中で急に戸塚くんが歌えなくなって。その前のトランポリンの時も急に動きが止まっていたことがあったのであれ?調子が悪いのかな?って思っていたので・・。そんなときでもぐっと目を見開き、センターマイクに立ち向かう戸塚くんが凄かったです。
 またね、この時、戸塚くんを支えるらぶばんどが熱くて。戸塚くんの横で穏やかな笑顔を戸塚くんにむけるさなぴ。あの印象的なギターカッティングも素敵に響かせていました。丁寧丁寧に弾くみゅーさん。はぎちゃんはみんなを煽るように頭の上でスティックを打ち鳴らしていて。あわてず落ち着いてステージを支える彼らが本当に誇らしかったです。

 8. OTAGAI☆SUMMER!河合くんソロ。凄くカッコいい河合くんのムービーから始まったのですが、途中出てきた五関さんがめちゃめちゃいいキャラで!この後も、五関さんはさまざまなキャラで登場してどれも絵も言われない味があってまたファンになりました。そして、河合くんは水槽の中で歌う・・。いや、どうやってあれやってるんでしょ?9月からのジャニアイの記者会見でさなぴが水中バンドしたいって言っていたけれど・・もしかしてこれがヒントかな?。
 それにしても河合くんカッコよさ200%の曲。去年男SL BOYもだったけれど世界観の構築の緻密さが凄く好きだ~!

 9. Endless Summer Magic、10. Summer上々? あ~、みんなでわちゃわちゃしている!「楽しそうーー。でも、らぶいない~」って思っていたら、ルーレット係としてやっすーとみゅーさんが登場!やっすーがルーレット回して罰ゲームメンバーを決め、みゅーさんはハズレを引いた人にスモーク銃で煙モクモクの刑にする係w。罰ゲーム係って、みゅーさん、キスマイコンでもやっていなかったっけww。さて、今回のハズレは塚ちゃんと五関さん。みゅーさん、五関さんには気が引けるのかなかなか吹きかけられない。ぷしゅーとやってから何度もぺこぺこ頭を下げていて、めちゃ可愛かったです~。

 11. アツあつ!?夏フェス☆? うわっと正面のビジョンに塚リカちゃんが登場!もうねえ、これが可愛くって。本当に女子アイドル。もっとパロディっぽいのかと思っていたけれど、所作も、お話することも可愛くって、愛嬌があって、まずはびっくりでしたよー。そして、登場するイエローマッスルガールズ(YMG)。こっちも、ほんと女子だから!あらんちゃんキャシーの腰からヒップのほっそりしたラインとか、ながつレイチェルのへそだしの腰のラインのキレっぷりとか、さなぴのフヒャヒャヒャな軽いとことか、はぎちゃんジェシカの内股と柔らかそうな太ももとか、スズキのボッキュボンではじけるティとか・・ほんとにちょっとしたしぐさも女子。ジェシカの立ち方が、きゅっと内に膝がはいるのがほんとに可愛くって!塚リカちゃんがアイドル衣装を脱いだ時にその衣装をもらうんだけれど、ひざを内にいれながらきゅんとしゃがんでめっちゃ可愛かった・・俺の嫁と叫びたがっているんだ・・・。
 さてさて、YMGも素敵なんだけれど、その後の展開も本当に好き。塚リカちゃんを取り合うヤクザなハッシーとやっぱりヘンなドレッドキャラの五関さんの対決が見事で。毎年えび座をやるくらい、全員個人の舞台があるくらいにお芝居も得意なえびさんだけれど、こんな本気のコント(?)を見ることができたのは本当にお得!。またね、はっしーと五関さんが対決するときにかかるのが、Deliciousな訳ですよ~。蘇る応援屋。五関さんが演じる桂馬さんの戦いの曲。もうねえ、舞い上がってしまいましたね。いやー、これが全編もう一回円盤で見ることができると思うと本当に楽しみ~。ぜひぜひよろしくお願いいたします!

 12. Moonlight walker その後にすぐこのカッコいい曲ってのが痺れましたね。バックに、大阪城ホールでは5人だったけれど、今回はやっすーみゅーさんも入れて7人で登場したLove-tuneメンバーのハット姿がカッコいいこと。大人っぽい曲調で、曲のフルサイズでダンスをするのは、Love-tuneにはなかなかない経験だと思うので、本当にありがたいことだなあって改めて思う。センターのシンメでみゅうたろうだったけれど、そのみゅーさんの横にはぎちゃんがいて、結局そこばかりを双眼鏡で見てしまってましたよ。足を後ろに蹴り上げるようにして回す動きはみゅーさんが素晴らしくって。はぎちゃんもホントにかっこよかった・・。

 ☆MCタイム! ジャニーズからはセクゾの松島くんが見学。色んなお話が聞けましたが、松島くんが単独で出た最初のお仕事が河合くんと一緒だったあの本能Zだったそうでちょっぴり意外でした。デビュー組もなかなか厳しい。一方で、えびさんたちの外部仕事の共演みなさんがたくさんやってきてきていましたね。えびちゃんズーはよく見ているのでMCの鈴木拓さんが紹介された時はなんだか盛り上がってしまいました。その華々しさに、ジャニーズでデビューするってこういうことなんだなあって改めて思いましたね。そして、そんな方々の前で、Love-tuneも紹介していただけて、その上、「今度単独ライブをやるLove-tune」と河合くんが何度も言ってくれて更にありがたかったです。らぶが目指す未来のその姿をまた見せてもらったようなそんな気がしました・・。

 13. CALL(Love-tuneオリジナル曲)そして、そんな大観衆の前で演奏するのは、もちろんCALL。最近よく着ている赤のオリジナル衣装での演奏でした。メインステージだけでの演奏は、CALLが初披露された帝劇ドリボを思い出しました。そして、たくさんのお客さんが、えびファンの人も、サビのところの「Hey!」の部分で、ペンライトを振り上げてくれて。横アリ中に広がるペンラの波を見ることができたのが本当に嬉しかったですね~。ただ、個人的にはもっともっとパワーアップして欲しかった気がします。横アリの縦方向100mをぶち抜くパワーがもっと欲しい。もっともっとみんなを巻き込んでいって欲しいなあって感じましたね。

 14. Glory Days 15. Lily-White しっとりした曲からの一転激しいリリホワ。ここでなんとセンターステージにふぉ~ゆ~登場。本当に歓声が凄くて。もしかしたらこの日一番の歓声だったかもしれないです。さすが振り付けした福ちゃんがいるふぉ~ゆ~のリリホワ。ダンスが速くて正確でなによりデカいのです。新規なので、ついついSHOCKのダンスに似ているなあって、思いましたね。歓声もほんとに大きくって。あれはらぶにもらぶ担にも凄く刺激になったんじゃないかなあって思いました。上から目線ですみませんw。まだまだ頑張らないと!

 16. Whippy 17. Fantastic Ride 18. 今日もグッジョブ!!! 19. Mr.Dream 20. Fire in Love ひたすら踊っていた気がします。楽しかったー。五関さんソロのセットがヨーロッパの宗教画のようなスカイブルーで、天使の羽をつけて踊る五関マスターと、同じ色の衣装でところどころ羽をつけているらぶめんが美しかったです・・。はぎちゃんは腰のところに羽つけてましたね。肩に羽をいれていたのはみゅーさんだったか・・ホントに素敵でした・・。そして、新譜で一番盛り上がる曲Fire in Love。5色の炎が立ち上るセットが本当に凄い。そして最後にものごっつい爆音。本当にびっくりしましたw。

 21. 花言葉 22. Love To Love You その後、フロアを清めるかのように花言葉。バックにグレーの柔らかな衣装をまとった7人のらぶめん。ダンスも柔らかくって、情感があふれていて、本当に素敵でした。ここもみゅーさんとはぎちゃんが並んで踊っていて。その後に、はしソロ。中央ではっしーが歌いだして、メインステージでらぶめんが踊っていて、最後に合流する。SLTの時もそうだったですが、Love-tuneを従えて踊り、取り巻く中に立つはっしーが本当に綺麗で。自分と同じか、下の子達の中にいると、はっしーのまた別の美しさが沸いて出てくるような気がして。今回も本当に素敵でした・・。

 23. ドキナツ2017 24. テレパシーOne!Two! 突然のダンシング五関先生の振り付け講座。先日のはぎちゃんの振り付けなど足元にも及ばない高度すぎる難しすぎる振り付け。しかも長い。また、後関先生が「これだけ!大丈夫できる!」って軽く、冷たく言うのがチョー怖い。はぎちゃんの「大丈夫!みんなできてる!」がどんなに熱かったかをここで知るとはw。それにしても、ダンシング五関先生、本当に面白い。そして、みんなが楽しんだ後に、凄い振り付けのテレパシーOne!Two!。本当にえび兄さん達の体力はどこまでなのか・・・

 バンドインストゥルメーションからの25. A.B.C-Z LOVE 26. Finally Over 27. 僕らのこたえ~Here We Go~ その後、はぎちゃんのドラムソロをたたき出すわけですよ。でも、そんなに肩に力が入っていなくって軽がるとこなしているように見えるのが本当に凄い。そして、さなみゅながつにもろちゃんのサックスまで加わってのバンドインスト。なんだかもうこんな趣向ができるなんて、それも先輩のバックでやらせてもらえるなんて超感激なわけです。またね、各楽器の横にえび兄さん達がついてくれて。モロちゃんにはずーっと五関さんが傍に嬉しそうに見ていたのが印象的で、愛されている感満載でした。
 そして、最後の盛り上がりといいますか、FOからのHWG。えびさんたちは、センターステージで、でっかい星型のゴンドラみたいなのに乗って歌っていて。そして、メインステージでは、らぶのバンド隊だけがガッツンガッツンに演奏していて。頭をブンブン振って、熱いビートをたたき出すはぎちゃん。ナガツは左手で引きながら、右手で煽っていて、あぁこんなことまでできるくらい上手くなったなあって、凄く上手くなったなあって。さなぴもギターを何度も立てて熱く演奏している。とりわけ、FOのみゅーさんのはじけっぷりが忘れられない。マジもんのロックベーシストのヘドバンやリズム取りと、ダンスで見せたみゅーさんの上質な柔らかさと速さのダンス。これらが両立してるのがほんとに奇跡の領域になってると思いました。
 それこそらぶの前身の時代からずっとやり続けているFinally Over。つまりは、ある意味、らぶのバンドを育ててくれた曲で、それをこんな記念すべきコンサートで、ご本家と一緒にやらせてもらったこと、全面的にサウンドをやらせてもらったこと、本当に本当にありがたいことでした。。。

 28. Za ABC ~5stars~ さて、その後、新しいPVから振り返っていき、最後にたどり着いたのが、デビュー曲。いや、ホントに泣ける。素晴らしい演出。らぶめんは白いタキシードでバックでダンスをさせてもらって。デビュー当時のえび兄さんたちの映像も挟み込まれていたんだけれど、らぶめんの多くもこのPVに参加しているんですよねぇ・・って今のJrみんな出演ですけれどw。そんな中で、はぎちゃんが、その時と同じ、メインバックのシンメの位置で踊っていたのが本当に嬉しくって。またね、その対の位置に今、やっすーがいるのが更に嬉しくって。A.B.C-Zがデビューして、らぶめんたちにもいろんなことがあって、今こんな風にえびさんのデビューアニバーサリーに彼らがバックとして、グループとして登場しているのが本当にありがたいなあって思うのでした。本当にいいライブだったなぁ・・・。

 29. Shower Gate 30. Revolution 31. サポーターズ!~ABC~ さて、本当に揃ったアンコールのコールをえび担さんたちに混じってさせてもらって、素敵なアンコールタイム。ここでペンラ演出なんだけれど、17000人の横浜アリーナがいっせいに同じ色に染まっていくのが本当に素敵でした。少しほの暗いようなふわっとした色。河合くんの掛け声に併せていっせいに変わっていくのが素敵でした。ライブのマジックって同じ景色を同じ感情を共有させられてしまうそんな魔法で。見ている人間はひとりひとり違うものを見ているはずなのに、心の中に同じものが残る。そんな瞬間がここもあった。だから、自分はその瞬間を大事にしたいなあって思うし、それを一心に願って奮闘していた自坦がたまらなく愛おしいなと思う・・・。
 そして、弾けるRevolution!ここに来て、Jrもファンサ全開でほんと楽しかった~。最後の方で、はぎちゃんがJr祭りよろしくセンターの花道を気持ちよさそうに歩いていると思ったら、バック方向を向いて、両手で「こっちこっち!」っていうように手を振ったら、ながつ以下どどどどーって来て、ながつがはぎちゃんのお腹に飛びついていたのがめちゃめちゃ可愛かったなあ・・・。
 ラストがサポーターズ!~ABC~。あの応援屋の主題歌。もう全身全霊で歌わせてもらいました。みんなでやった「A!B!C!からのZ!!!」ホントに素敵だった。らぶめんの振りもすばらしかった。でも、歌っているうちに色んなことが思い出されて泣いた。あの歌詞あの歌にみんなで泣いた。素晴らしい夜でした。

 君をサポートしたい
 どんなに辛い夜も 涙が枯れ果てたとしても
 ひとりじゃない 忘れないでね
 あの日約束した未来まで
 今はまだ遠いけど いつか届く

初めてのバック坦の覚書

  1. 担当がバックメンバーとしてそのコンサートを支えているように、自分もそのコンサートを支える気分で、メインキャストを応援したい。
  2. コンサート全体が盛り上ることこそが、愛する自担の一番の喜びであるならば、彼のファンである自分もそれを共有したいし、協力したい。
  3. 仕事に励む自担の邪魔をしてはいけない。まして、怒らせるなんてありえない。
  4. デビュー組のコンサートにバック担が行くのは、彼の実家にごあいさつにうかがうようなもの。お邪魔している時だけでも、そのおうちのやり方を尊重したい。
  5. 古いやり方だけれど「郷に入らば郷に従え」って凄く使える。ホームでは味わえないことを全部吸収する気分でその空間を楽しみたい。
  6. 自担を応援する時にコンサートグッズを買うように、バックについたらそのコンサートのグッズをできる限り買うようにしたい。できれば事前に必須アイテムをツイなどで調べておいたほうがいいかもしれない。
  7. ペンラ芸全盛の折、ペンラはそのコンサートのを買うようにしたい。
  8. 自坦はアリーナ全体を見ている。だから、自分も会場全体を見るようにしたい。
  9. 会場と一緒に楽しみ、会場と一緒に喜びたい。
  10. でも、きっと頭の中の半分くらいはお仕事頑張る自担の姿で埋まってしまうのだろうけれど、そこだけはちょっと許して欲しいw

キントレ Love-tune単独公演の演目前半編(8/4、8/6朝・昼)

 うわ~。あっという間に今年の夏のEXの前半が終わってしまいました。3日間なんて本当にとあっという間。初日のバタバタ感も6日にはスムーズになっていて、大胆なセットリストの魅力を存分に味わうことができたと思います。1時間45分があっという間でした。ひとまず各曲の感想を書き留めておきたいと思います。

 

0.ビートくんのライブ導入動画
 みゅーさん&ながつ合作のキャラ。はぎちゃん命名。ゆるゆるでSAKUSAKUノリだった。コール、声だし、拍手の練習、きちっとやってくれて、仕事できるビートくんだった!面白かった!!

1.Amazing Discovery(SMAP)
 7人の超高層マンション。下手上段はぎちゃん。下段ながつ。中央上段やっすー、中段さなぴ、下段あらんちゃん。上手上段みゅーさん、下段もろちゃん。衣装はパリマニのメンカラ衣装。マイクスタンドがメンカラに光ってた。幕があがった時の、マンションのサイズ感、そして7人のビジュアルが決まりすぎていて、本当にかっこよかった。それが、ずずずっと前に進んできたときの驚き。まさにAmazing!。この映像はどっかに残して欲しいほど。黒髪のみゅーさんの少し体を捻るポーズ、柵に腕を伸ばしてもたれかかるようにフロアを挑発的な目で煽るはぎちゃんに痺れた。真ん中で歌の一番メイン部分を歌うさなぴも堂々としていてかっこよかったなあ。

2.Hey!!Summer Honey中島健人
 マンションから降りてきて、このイントロで飛び跳ねる7人。めっちゃアイドル。ほんとにこの曲好き、めっちゃ好き。嬉しすぎて、ここで頭のねじが飛んだw。みゅーさんがラップ担当

3.MU-CHU-DE-恋してる(Kis-My-Ft2
 最初のハートで立て続けにアイドル曲。ここでEXのライブがクリエとまったく違うことに感づく。バルコニーにあがって、下手やすあらもろ、上手はぎみゅさなれおに分かれて、ダンス。やっすーの手のフリがホントにキスマイっぽいなあって思う。誰に似ているかわかんないんだけれど、すごくキスマイ。
 その後、ステージ後ろのバルコに移動してみんなでポーズ。その後短いファンサタイム。8/6のお昼公演では、はぎちゃんがすくっとフロアに指を刺して、そのまっすぐ先に自分がいた、初めてはぎちゃんと視線があった気がする、すっごく幸せ。ちなみに朝公演では、バルコからやっすーにファンサもらったと思う。気のせいでもいいんだ、うれしいんだw。いつもどおり広い感じのファンさではあったけれど、やっぱり優しいベルベットのようなファンサだったな。

4.CALL(オリジナル曲)
 むちゅ恋の最後ですーっとドラムセットが出てきて、さなみゅ背中合わせで始まるCALL。8/6は初日のドタドタ感がなく、ホントにかっこよかった!。狭い会場なので、「Hey!」の時のペンライトの動きがダイナミックだった。最初のパートでのはぎちゃんの声とダンスがキレまくる。声と体に芯が入ってきたなあってつくづく思う。そして、ドラムのお顔が後ろのビジョンに抜かれると、もうホントにいいお顔で笑っていて。CALLで笑うはぎちゃんが嬉しすぎて、可愛すぎてだった。

5.T.W.L(関ジャニ∞
 ここでも、声だしコーナー。イントロを歌わせる歌わせる歌わせる。私には適しているキーだけれど、女子には低いかな。そうれはそうと、この曲の楽器隊のみなさん、凄すぎ!。もろちゃんがサックスを全面に吹いて、みゅーさんは5弦ベース。もろちゃんはサックスも凄く上手かったし、歌もキレイに延びていて、この曲の立役者。バンド全体が、ちゃんと躍らせるリズムが出せていて、もうねどんだけブイブイ腰を振りたかったか。お立ち台でひきまくるさなぴとみゅーさん、めちゃカッコいい。何度も言うけれど、バンドメンみんなかっこよかった。去年のEXもこの曲をやっていて、その時はみんなでなんかワチャワチャしてるなあって感じだったのに、この1年でこんなバンドバンドした姿に持っていけるなんて、ホントに凄いなあ。

6.Revolution(A.B.C-Z
 らぶのタオル曲はこれらしいです。あらんちゃんがMC隊長でタオル回しを先導していました。初日はあまりタオルを見かけなかったけれど、5日のみゅーさん発言からタオルを買う人が激増。私も6日に買いましたw。ただ、タオルをどこの位置で回すかが問題で、ジャニーズ流の腕を伸ばさない回し方だと回すのが大変なんですな。長さを絞らないと前の人にぶつかっちゃうし。なので、もう思い切って、私、腕を伸ばしてブンブン振りました。マナー違反かもしれないけど、やっぱりやらずにはいられなかった~。すみません。
 そうそう、6日の朝、中間部ではぎちゃんがドラム台を降りてフラフラッと正面に出てきて!センターのやっすーのところ行って、あたふたと帰ってきましたw。本人曰く「ドラムが前に出られないから寂しくって」ww。お昼は、センターではぎやすにっこりやってて可愛かったです。

7.Make it(オリジナル)
 さなぴが何度もはぎちゃん作曲、俺作詞って言ってくれてめっちゃ嬉しかったです
。今回はヴィジョンに歌詞が示されたのも嬉しかったなー。クリエ以来2回目の披露になった訳だけれど、イントロのもろちゃんのサックスの音がきらめいていて、益々印象に残るイントロになったなあって。ただ、やっぱりAメロが難しくって、Bメロへの展開はますます激ムズで、どうペンラ振るか迷っちゃうんだよね。そして、バックオケがなくって、マジでらぶメン楽器だけなので、まだまだ上手くは聞こえない。でも、サビの「キラキラ舞い散るよ」のところはホントに突き抜けるように盛り上がるのでホントに惜しい。もっともっと頑張って、やりこんで、作りこんでいって欲しい。この曲の成長が、この後のらぶの成長と重なるように。ドームで絶対、絶対、聞きたいなあ。

☆ビートくと長妻くんの罪な男コーナーww
 またまた電脳キャラビートくん登場。れおれおに「罪な男のセリフ」を言わせて、楽しむというますますSAKUSAKUなコーナー。もう映像と演者が双方向(正確にはそうじゃないけどw)でやるミクスチャーなコーナーってめっちゃ凄くないですか?れおれおのセリフにいちいち「シャシャシャー」って笑うビートくんが意地悪であった。でも、朝かな、突然バグって止まってしまってちょっとびっくりしたけれど、すぐ復旧してよかったな~。
 れおれおの「罪な男」って、無理を言うバージョン(電車止める、家を捨てさせる、などなど)が多くって、これが彼っぽさなのかなあって、めっちゃ可愛かった~。そして、「ファンのみんなが練習してきてるからやらないのは罪!」というビートくんのフリで、お待ちかねの次の曲。

8.罪と夏(関ジャニ∞
 7色(だったっけ?)の巨大バルーンが登場して、EXのフロアをビョンビョン飛び回りいう仕掛け。ファンもバルーンを送りあったりして、めっちゃ楽しかったー。こうやってみると、ホントに仕掛けが多いライブだったなあって。いっぱい、手作り的な演出を入れてきたこの公演がホントに好き。フェスっぽい感じだなーって思う、
 そうそう、バルーンをはけさせる時に、はぎちゃんがめっちゃ働いていたなー。だいたい片づけ終わったかと思ったら、はぎちゃんがめっちゃダッシュで飛んでいくから、何かと思うと、白いバルーンがステージ脇から戻ってきて、それをあわてて押し込んでた。真剣な表情だったw。ホントに素敵な曲なので一度歌詞どおり、フリとか声だしとか、見本みたいな感じで7人でずらっと並んで可愛く踊ってくれると楽しいかな~って思ったりもしている。みんなで一緒に踊りたくなる曲だからなー。

☆DJ YASUIコーナー
 ここが一番びっくりしたかな。マンションの中央下段に現れたながつと空男。ドリボ衣装で、すっごくマジにかっこいいお顔で、がつっと足を広げて、キーボードソロを弾く。ビジョンにながつの指がアップになる。ほんとカッコよかった。チャーンチャチャと聞き覚えのある、このメロディは!あの!!。そこでびっくりしていたのに、気づくとマンションの中段にDJヤスイ。マンションの中段でサングラスかけてなんかしています!めっちゃチャラいw。そして、音声が変わるマイクで歌い出したのが・・・

9.Everybody go(Kis-My-Ft2
 この歌いだしの「この世界の~」ってのが、すっごいキスマイっぽかったんですよね~。むちゅ恋のダンスもそうだったんですが、やっすーのキスマイのこなしっぷりって凄いなあって改めて思いました。そして、他のらぶめんも登場。6人で振付で踊るのですが、さなもろはぎみゅのダンスが本当にカッコよくって、ひとりひとり違うニュアンスがあって、ずっと踊り込んできたんだなあってしみじみしましたね。みゅーさんのしなやかな足さばきも、はぎちゃんのスナップを利かせるような腕の使い方も、さなぴの意外なほど端正な踊り方も、もろちゃんのにこやかなお顔もみんな素敵でした。

10.PARTY DON'T STOP(山下智久
 はぎあられおが前に出てパリドン~~。まず3人で組体操のような足を絡めて体を後ろに倒す技を披露。カッコ良かったです!そして、去年のEXでは後ろで全く見ることができなかったパリドンダンスが見られてめっちゃ嬉しかった。やっぱりここでもはぎちゃんのダンスの弾力性がきっちりあってでもがちっとぶれないダンスがカッコ良かったです頭の後ろで両腕を持っていって、少し斜め下を見て、踊るところの去年とのニュアンスの違いが素敵でした(同じことばっかり書いてますが自坦盲目なのでご勘弁をw)。

11.運命Girl(Kis-My-Ft2
 次に、兄組さなみゅもろが前に出て、いかにもDJミックスっぽい切れ切れの音の断片のバックに三人でダンス。1つか2つしか違わないのに、兄組って思うだけで大人っぽく見えるダンスでした。はぎあられおはマンションの上段へ。聞こえてくるメロディはだんだん知ってるものに変わってきて・・うわ!運命ガールだ!と。ちゃんとI Love Youの振りもありましたね!。最後の方で、やっすーDJのループに、はぎちゃんがドラムでビートを叩き加えて、5人が踊るところが素敵でした。なんかビートやリズムの三重かさねがエネルギッシュでエモくて。クリエのはぎドラ&もろ太鼓の重ねも好きだったけれど、ビートを重ねるの本当に好きだなぁ。
 このリミックスもどっかに元があるのかなあ。それとも新しく作ってもらったのかな・・。初日のMCでやっすーが今回のDJブースをはじめとして、スタッフさんが自分達で色んなもの作ってきてくれるんだそうです。周囲のスタッフさんが、らぶにこんなことやらせようってたくさんの期待持っていてるようで、本当に嬉しいし、それにカッコよくパフォーマンスして、ちゃんと応えるらぶめんが頼もしいなあってしみじみしましたね。

12.FOREVER×Takeover(Hey Say JUMP×Kis-My-Ft2)
 引き続きはぎちゃんドラム、ぐるりと丸くなって、we never stopの連呼。やっすーの歌声が響き、みゅーさんのラップが始まって・・うわ、うわ、うわああああ!これは、あの、Takeover×FOREVERだ、もうねちょっと涙にじゃって。2015年の12月の少クラ、はぎやすさなみゅに落ちたあの思い出の曲。

 7人でいっせいに踊るボリューム感。はぎちゃんの腕をきゅるきゅるって回す振りも本当に感慨深くて。今回の7人バージョンはよりFOREVER部分が長くて、フルであったような印象。両チームの対決モチーフがより強くなっていて、やすもろみゅ対さなはぎあられおだったかな?途中、はぎみゅがお互いを嘲るかのように、腰をかがめ、顔を突き合わせ、狂気じみて笑いあうという振付があって痺れました。その後の、二組に分かれて、FOREVER組とTakeover組に分かれて、ダイナミックに踊り合う。強く、熱く、燃えるダンスで、本当に圧巻でした。
 フィニッシュは、れおもろはぎの背中を台にして、そびえたつやすあら、本当に全員で一個の闘ういきものだったなあと感じた。7人一体のオーラが凄かった。やっすーがはぎちゃんの背中に立っていてね、終わった後に割りと気遣うことなくぽーんと背中を蹴り押しして飛び降りてて。なんかそこがはぎやすだなあって思ったんだよね・・。やっすーを揺らぐことなくがっちり支えるはぎちゃん。2017年夏。

 

(ひとまず前半ここまで!後半は以下のラインナップです。本当に濃いわ!)

11.Otherside(SMAP)
12.SEVEN COLORS(NEWS)
☆-MC-コーナー
13.Love Wonderland(嵐)
14.BOMB(真田/美勇人)(千賀健永)
15.GUTS!(諸星/萩谷/長妻)(嵐)
16.My Girl(安井/顕嵐)(山田涼介 有岡大貴)
17.Tell me why(Kis-My-Ft2
18.僕らのこたえ~Here We Go~(A.B.C-Z
19.Finally Over(A.B.C-Z
20.NO WAY OUT(オリジナルにしておくw)
21.夕闇トレイン(関ジャニ∞

EN1.Love-tune Summer Vacation 2017スライドショー

EN2.I Scream Night

君たちがKING’S TREASURE Love-tune単独公演(8/4夜)

 ガムパやサマステでお世話になってきたEX。そこでとうとうLove-tuneが単独公演を行うことがことができました。クリエでは単独やってるとはいえ、たまアリで2万人の人を相手にしたとはいえ、1700人のらぶだけを見にきたファンたちを相手にするのは、はじめてのこと。一体どんな場ができあがるのか・・。ありがたいことにチケットをお譲りいただけることになって、Love-tune単独公演の初日を見に行くことができました。本当にありがとうございます!

 さて、そんな初日の感想なのですが、もうとにかく楽しむことに集中していたので、あまりちゃんと覚えておらず、今回も他の方の記事を張らせていただくことにします~。セットリストなどはそちらをご覧ください。

ykharu.hatenablog.com

 

まずはざくっとした感想を・・・

 楽しかった!密度凄い! 勢いのあるライブだったな~。しみじみと歌い上げたり、こっちも聞き惚れる曲が後半に2曲。というか本編最後の夕闇トレインくらいじゃないの?まだ20歳代前半の、今しか、今だからできるライブ、オレ生きてる!っていう感じがあふれていた。可愛いサマハニと本家よりゴリゴリのFOが聞けて、マジコントなGutsでわらってが 1、しみじみと夕闇トレインで(たぶん)バンドで〆るという、そんなかんなが1度に楽しめるというライブ。

 今回のLove-tuneのライブは本当に肩から上に腕を大きく上げたくなる。腕を伸ばしてペンラを回したり、拳を突き上げたり、大きく手を広げてリズムに合わせて踊ったり、手を高く上げてクラップしたり。大声あげて歌も歌いたい。Jrコンではマナー違反かなと思いつつも、そうしたくってしょうがない。いい意味で双方向なライブだったかも。

 バンドのライブとアイドルのライブのいいとこどりを目指してて(と今は抑えて言っておくw)、なおかつ参加型なスパイスが利いていて。その上、ながつとみゅーさんが合作したというキャラのライブ導入動画とか、はぎちゃんさなぴが撮った写真の夏合宿のムービーとかもあって、とことんミクスチャーな人たちなんだと改めて思った。

 クリエからあの短期間であれだけ印象の違うライブを作ってきたのホント凄いなあって思う。個人的にはバンドだったら同じものをどんどん繰り返しやって煮詰めていって欲しい方だし、やっぱり時間が・・って思ったんだけれど、何が何がこんなにクリエと印象の違うライブを持ってこれて、やっぱり今回も彼らをなめてたなあって反省したw。そこには、安井くんたちが言ってたけれど、いつのまにかセットやら小道具やら作ってきているスタッフさんたちの力が大きいんだろうなあ。そんな「ありがてぇ話」は、えびコンでもあったそうで、(らぶの?)靴袋が、レジ袋からシルバーのキラキラな布の袋に変わったんだって。それを、ホントに嬉しそうに話してるらぶめんがホントに可愛くて。ずっと長く続けていたから感じる幸せなのかなって思ったし、彼らを支えてあげようっていう想いも感じるライブだったな。

 そういう意味で、Love-tuneというチームの総合力、感じるライブだったな。最初の方、勢い凄すぎてどたどたしていたりとか、うわーってなりすぎていたり、逆にぽやぽやになっちゃったりとか、最後の方でふり覚えてなかったりとか、初日っぽかったりしていたけど、どっかステージに対する信頼感みたいなの感じられた気がして。ファンへの信頼、スタッフさんへの信頼があれば大丈夫みたいな、不安をあまり感じさせないライブだったと思う。みんな楽しそうだった。最後の方で、みゅーさんがにっこにっこのお顔で、「全然間違えちゃってる」みたいな「全然覚えてない」みたいなこと言ってるのが凄く印象的だったな。ほんとに楽しそうだったなあ。

  そうそう、スタッフさんの力と言えば、今年のEXは見やすいって聞いていたけれど、どでかいビジョンはあるし(はぎドラもたっぷり見られる)、ステージに上手く段差が作ってあるし、どーんとそびえるマンションあるし、ほんとストレス少なかった!

  新曲もたくさんあったけれど、4人時代の少クラTake Over×FOREVER出のらぶ担としては、とうとうこの曲を7人でやったというの本当に嬉しくて、そして、FOを7人であのとき以上に濃くエモく激しくやったのが凄く凄く印象深かった。後は7人で、あの伝説の「粉もん」を超えるだけだなって思うので、ぜひ取り組んで欲しいなww。

 それでさー、さなぴのギターがホントにホントに上手くって、鳴る音が一つ一つエモくって凄いなあって。あそこまでギターの腕をあげるのは大変だったろうに、あの集中ぶりって本当に何なんだろうって感じた。ひとつ決めてやり抜く力がらぶって本当に凄いなあって思う。生BOMBを見ることができたので死んでもいいww。

 はぎちゃん好きとしては、Gutsのはぎちゃんのお芝居の一皮も二皮も向けっぷりが本当に嬉しかったな。よく通るお声で、表情たっぷりで、聞き取りやすくて、わかりやすくて、いいキャラだった!あのもろちゃんに負けじ劣らじだったな~。でも、えびコンでジェシカやった後のこの野球部キャラ。もっともっとはぎちゃんのお芝居が見たくなったな。そうそう、はぎちゃんは茶髪のはぎちゃんでした・・。栗色って感じ。何度かビジョンに抜かれたお顔がほんとに可愛かった。Make itのソロ部分の輝く可愛さには卒倒して、そのまま棺桶に入っていいと思ったくらいw。

 今回は、あらんちゃんとながつのカッコイイ、痺れるシーンがいっぱいあってよかったなー。DJ演出の最初の空男とながつのカッコよさったらなかった。そして、ぶっとんだトークw。終電ドーンと止めてたけれどさw。あらんちゃんはやっすーとものすごく濃いMy Girlで魅せてくれたけれど、微妙にファンへの態度が弱気というか丁寧で可愛い~~。NWOの「僕のわがままにつきあってくれてありがとう」もカッコつけているんじゃなくって、なんかね~、ちょっと申し訳なさそうなのが好きだなあって。ながつは一貫して強気だよね~。はぎちゃんは、自分の理想を、ファンができると疑わないところが基本Sだな~って思ったな。

 にしても、ファンサほとんどなし、パフォーマンスだけを見せていくライブ。らぶのライブのかたちを構築していってる感じがよかったなあ・・・。こんなところで、次はもうちょっとじっくり見てみようと思います!

クリエ動画のLove-tune

 わ~い、本日2017年8月4日はLove-tuneのEX単独公演の初日でございます~。クリエ以外の会場での単独公演はこれが初めて。2000人近くの、らぶだけを見に来た人と一緒に作り出すライブがどうなるのか本当に楽しみです!ライブハウスでの公演なのでこの後のZepp公演を占う一戦とも言え、よけいに気合が入りますね~。

 さて、その前に、ジャニーズジュニア情報局にアップされた5月のクリエ公演の動画があまりに素晴らしかったので、ちょっとだけ感想を。クリエに登場したグループ全部の公演が2本の動画に収録されているので、らぶの部分は5~6分くらい。収録曲は

  1. CALL/Love-tune
  2. レスキューレスキュー/関ジャ二∞:
  3. Keep the faith/KAT-TUN
  4. MOON/KAT-TUN
  5. Secret Lover/A.B.C-Z
  6. My Love/Kis−My−Ft2:
  7. 恋を知らない君へ/NEWS:
  8. Masterpiece/関ジャ二∞:
  9. アイノビート/Kis−My−Ft2:
  10. 言葉より大切なもの/嵐
の全10曲です。ダイジェストですけど、緩急のよい素晴らしい編集だと思いました。ぜひ、下記まで、FC入会してご覧ください!

 

とうとう円盤化!

 Love-tuneの単独コンが発表になった7月28日。しばらくもしないうちに、またまたらぶ担をシビレさせるニュースが入ってきました!

2017.07.28
速報!舞台「DREAM BOYS」待望のDVD化決定!

http://avex.jp/kismyft2/news/detail.php?id=1051867

 玉森くんは4年主役を務めたとのことですが、今回の映像はありがたいことに2016年公演。Love-tuneが7人になったことが初めて伝えられたのがこのドリボ2016の公演の発表の時で、7人が初めてひとつのグループとして明示されて1ヶ月に渡る長期の公演をしたのですから、その記念碑的な作品がこうやって残ることになって本当に嬉しいのです~。玉森くん、宮田くん、千賀くん、そしてキスマイスタッフのみなさま、本当にありがとうございました!去年も千秋楽の2日か3日前に本格的な撮影が入ったということで、いよいよ円盤化か?とファンの中でもざわついたのですが、なかなか音沙汰がなく、ようやく1年経っての発売となるようです~。本当によかった!!

 個人的にも、初めての帝劇、初めての長期公演への参加ということで、思い出深いのですが、円盤化にあたって期待する点をまとめておきます~。

  1. ダンスをたくさん!!!
    ドリボのオリジナルナンバーのダンスが収録され、おそらく全部見ることができるのが嬉しいです!。サバイバーや仮面といった本当に衣装も振り付けも凝ったダンスはなかなか他のジャニーズ舞台にもないのでは。仮面のはぎちゃんは本当にカッコよかったし、この世のものではない不思議な人形感のある、なのに胸が詰まるようなエモいダンスが本当に素敵でした。白タキシードのドリボ組曲でエレガントに踊るもろちゃんのあのお姿が残ると思うだけで泣けてきます・・。ぜったいアップでお願いしたいです。
  2. らぶ7人のお芝居をたくさん!!!
    サナダのあのシーンが、ヤスイのあのシーンも、そしてファンがやられたwはぎやす今生の別れのシーン(じゃないww)も、ぜんぶしっかり収録していただきたい~。サナダ、ヤスイのメインに近い人以外の5人もそれぞれにしっかり設定を作りこんで演じております。はぎちゃんも、暴れん坊のハギヤな狂犬ハギヤとして猛々しくも熱いお芝居。ぜひぜひいっぱい見せてください~。正座して待っています!
  3. 劇中版CALLを見ることができるーーーー!!!
    今ではたまアリの3万人を一度に揺らすことができるビックナンバーとなったLove-tuneのオリジナル曲(CALL)の一番最初は、ドリボのワンシーンでした。歌割などが随分違うし、ダンスというか振りも違うので、本当に必見です。また挿入されるシーンがかっこいいんですーー。さいごの「あいひあざふゅーちゃーこおるる!」をはぎちゃんが歌っていたと思うんですけど、どうだったか?
  4. あのショータイムが見られるかも??
    そのCALLがきちんと発表されたのが、ドリボのショータイムでした。ぜひ収録してもらいたいのもあるんですが、玉宮千のバックでグラビティやらAAOやら今では定番になったむちゅ恋を踊る、みゅーさんデザインのオリジナル白衣装の7人をぜひぜひ映像に残していただきたいなあと切に祈る次第です・・。

 実際に手に取る円盤がどうなるかはわかりませんが、Love-tuneの最初の一歩のひとつである大事な公演。この後ずっとの宝物になることが本当に嬉しいですね~。早く発売の詳細がでますように!