ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

シネマスクエア宮野ケイジ監督インタビュー

 9月になって、なんとなく、これまでより、Love-tuneの様子が見えなくなってるような気がして、ちょっとだけ寂しさを感じる今日この頃。ついついブログの更新も遅くなってしまいますね。 とはいえ、というかだからなのか、ジャニーズショップのらぶめんのお写真も売り切れ続出だし(原宿たいへんだったけど2回行けた~。朝駆け肝心ですね。)、9月7日発売のWU誌で、8月発売の同誌のファンの支持が一番高かったお写真がらぶのページの「I finally found the invalauble place」だったようで、ファンの頑張り、Love-tuneに会いたいという気持ちの強さはまだまだ強くじわじわと燃えているようですよ。
 一方で、9月の前半誌もやっぱり美勇人くん、顕嵐ちゃん、長妻くんだけの掲載で、かつ載り方も色々でらぶの先行きはまだ見えず、載っている3人にはもっと大きく取り上げてもらいたい感じもあるし、でも、やっぱり7人のLove-tuneがやっぱり見たく、そこしか心が動かない感じもあって、心が日々揺れている感じの今日この頃です。

 そんな中、先日買ったシネマスクエアの宮野監督の映画「ニートニートニート」のインタビューを改めて読むと、ほんとに力がもらえるというか、頑張ろうっていう気になったので、ちょっとメモしておきます。

  まずは、この映画の主軸となる、原作小説の言葉を挙げてくださっていて、「いつか"なんか永遠に来ない。誰かが扉を蹴破らない限り」・・とのこと。そして、「自分が選ぶのは現状に満たされていない人。折り合いのつかない苦悩を抱えている人」とおっしゃっています。それは現在の若者の状況とも重なるものであって、それが自分の映画を作る根本の気持ちなのだそうです。奇しくも、今のらぶの状態とも重なるようなところもあるからかもしれませんが、人生の苦しさみたいなものに真正面から向き合いたいという監督の姿勢が胸にぐっときました。

 他には、主演の安井くんや、美勇人くんの人柄に触れる話題が盛りだくさん。印象的だったところを書き出すと・・

  •  レンチはネコみたいな人と説明したら、安井くんは絵に描いたように「?」マークの顔をした(笑)。
  • 彼は初主演ですから、現場の空気やスタッフ、共演者に対しての気遣いも一生懸命にやりながら、レンチへのアプローチも考えて、プレッシャーも抱えて大変だったでしょうけど、立派にやっていただいた。
  • 監督は何も言ってくれないけれど、ちゃんと見ていてくれるのかなあという思いはあったよう。時々寂しそうな顔をしているので(笑)。でも、それをレンチのパーソナリティに変化させて演じるエネルギーにしていた。
  • 安井くんは座長的な気負いもあったのか、自信を持って現場に入ってきた印象でしたが、森田くんは現場に入っても常に「どうしたらいいんでしょうか」と聞きに来るくらいずっと不安がっていた。
  • 彼は凄く大人だと思いました。大人のコミュニケーションを知っている。振舞いも気の配り方も大人なので、それは彼の本質的なものなのだろうと思いました。
  • 森田君は少年のよう。「僕サッカーうまくなりたいんです!」というのと同じように芝居に対して貪欲だった。

 監督のお言葉から、安井くんと美勇人くんの、人とのかかわり方や自分の見せ方や、矜持としているもの・・が伝わってきた気がします。自分のするべきことを、自分の立場を考えて、人に迷惑をかけないよう人との距離感を考える安井くん。自分がどのくらいできているのか、不安を払拭できるよう、一つでも自分を伸ばしていこうとする美勇人くん。場を見る兄と、ただ上をみる弟という感じもして、いいコンビだなあと思いましたね。そして、これは萩ちゃん担なので思うことのなのかもですが、やっぱり安井くんと萩ちゃんってどこか似ているのかも・・と思うのでした。

 アイドル誌やらぶのインタビューで触れるアイドルのキャラクターっていうのは、やっぱりファンに向かう時の姿勢であったり、グループの一員としての役割だったりして、その裏側感を知ることができて面白いんですけれど、宮野監督がお話してくれるこのお姿は一人の芸能人としての在り方を語ってくださっているようで、本当によかったです。

 さてさて、そんな中、月子役の灯ちゃんが嬉いツイをーー

  おっと、いよいよ安井くん、美勇人くんが登場するのか?楽しみに待っております~~。

 

ちょろいファンの喜び

 Love-tuneの状況、なかなかに直接的なよいお知らせはいまだ聞こえず。まだ、早売り段階ですけど、9月の前半誌、Love-tuneの掲載はなく、美勇人くん、顕嵐ちゃん、長妻くんのみの掲載になりそうです・・・ううう、辛いー。ファンはジャニショのお写真買って売り切れ続出させたり色々と頑張っているんですけれどね・・まあ、Myojoの情報が一番先だと思っているので(思えばLove-tuneが結成されて、その名前を一番に掲載してくれたのがM誌でしたよ)想定内とは言え、心がきゅーっと、胃もきゅーっとする日々だったりはしています。

  でも、それでもそこまでダメージ受けていないのは、前売り情報が流れる前の8月31日(金)だったか9月1日(土)だったか、8月31日に山中湖であったSWEET LOVE SHOWER2018に安井くん、長妻くんと一緒に萩ちゃんいたという目撃情報があったから。一説ではLove-tune他にもいたとか、7人だったという噂もあり、本当に本当に嬉しくって嬉しくって。萩ちゃんの遭遇情報自体が珍しいのに、メンバーと、それもロックフェスに行っていたなんて!。みんなでバンド見ていたなんて~~。萩ちゃんが存在していて楽しそうにしているというだけで本当に嬉しすぎて。もうね、目撃情報なんて信じちゃダメなものの第5位くらいはあると思うんですけどw、少なくともこの3人が一緒にいたのは、昨今の状況を考えると余計に、嬉しくってしょうがないんですよ。またね、ラブシャの31日の出演者が、らじらーでも話題になっていたヤバイTシャツ屋さんとか、あの、あの、横アリ真田くん、諸星くん、萩ちゃんのトリオが素晴しかった関ジャニ∞の「侍唄」を作詞作曲された池田貴史さんことレキシのステージもあったりして、個人的にウルウルウルとしているところです・・。はあ、なんてちょろい自分。でも、嬉しいからしょうがないw。        

 そして、9月1日のらじらーでは安井くんが近況報告で「メンバーと車で乗り合わせてフェスに行った。そこでヒッチハイクの大学生を拾った」という話をしてくれたんですけれど、目撃情報の裏が取れたのもさることながら、この時の「メンバー」という響きの尊さは一生忘れないくらい嬉しいものでしたよ・・。ほんとね、ちょろいファンだと思うんですけれど、Love-tuneというグループの存在をちゃんと心にとめておこう、もっと表舞台に出てこれるよう頑張ろう・・とはなはだ勝手ながら思ったわけですよ。いや、安井くんはそういうつもりで言ったわけじゃないかもしれないけれど、「私個人」はそう感じちゃったということです・・。

 でも、この弾む気持ちは急に自分のジャニーズに対する視野を広げてくれましてね。嬉しくって、嬉しくって、Love-tuneの局動画(クリエ、Zepp、横アリ)3本立て続けに見て、返す刀で、サマパラのうちゅすの動画に突撃し、ああ、両グループともほんとに素敵だなあと楽しい時間を過ごすことができたのでした。いや、ほんと、自分の中の、「好きの構造」って言うんですか?Love-tuneが土台としてあって、それがあればどんどんもっと世界を好きになれる、もっと世界が広がるんだなあ・・ちょろいファンだなあと思った次第です。ほんとにありがたい目撃情報とひとことでした。

顕嵐ちゃんお誕生日おめでとう2018

   1日遅れになってしまったけれど、阿部顕嵐くん、21歳のお誕生日おめでとう!この1年、顕嵐ちゃんにはLove-tuneのライブでも、お芝居や映画でもたっくさん楽しませてもらって本当に本当に感謝です。ありがとうございます。

 20歳の顕嵐ちゃんは、映画もミュージカルもストレートプレイのお芝居もたくさんあって、俳優阿部顕嵐の大いなる一歩の年でしたよね。そこにしっくりと肩ひじ張らず馴染みながらも、しっかりと輝くことができる存在感にも圧倒されたし、何より色んな俳優さん達や演出家や監督の先生、スタッフさんたちと一緒の仕事をして、外の世界とつながっていくのが本当に嬉しかったです。

 19歳の時のお話ではあるんだけれど、空飛ぶタイヤの本木監督のお話だったか?、顕嵐ちゃんが六角さんや笹野さんと一緒にお芝居している、一緒にいることが多かったって聞いて、本当に羨ましいというか嬉しいというか、目の前でそういうものを自分が参加しているものとして見ることができたこと。何者で、伸び盛りの若手俳優のみなさんとまるで戦うかのようにお芝居と自分をぶつけ合ったこと。魔女宅で歌に優れた同年代の俳優さんと一緒に歌に向かい合ったこと。みんなみんな未来につながっていく大事な経験だなあと。

 これまでも、顕嵐ちゃんはJrの中で色んな子たちと一緒に仕事をしてきていて、そのたびに色んな経験をしてきているんだけれど、きっとそれは「経験」っていう個人の中に納まるものじゃなくって、新しいお仕事ごとに増えていく人との絆がきっとこれからもずっと顕嵐ちゃんの財産になっていくと思うんですよ。新たな場に行くごとに、いろんな人を繋げていく人になるのかなあ・・ってちょっと思っていたりもする今日この頃。

 それは、Love-tuneでももちろんそうで。7人が各々のキャラクターや役割を確立させて、その中で顕嵐ちゃんのしなやかで涼やかな華が開くのが本当に素敵なんですよね。何しろ、あの萩ちゃんを「単純だからよくわかる」って言ってくれる、そのシンプルに物事をとらえる力、俯瞰的に大きくものごとを見る力、予断なく人と繋がれる力、を存分に発揮してくれている。だから、Love-tuneのステージには涼やかで軽やかな風が吹く。顕嵐ちゃんの自然体の華をまたぜひ見たい、見せて欲しいと思うのですよ。顕嵐ちゃんの21歳が素晴らしい年になりますように。心からお祈りしております!

 

f:id:tanusun:20180830213722j:plainf:id:tanusun:20180830213754j:plain

映画「ニート・ニート・ニート」公開は2018年11月23日

 本日、待ちに待ったお知らせがやってきました!

 

 公式ページはこちらですー。

neet3.jp

ホントによかったー。思わず目頭が熱くなりましたよ。宮野監督がもうすぐもうすぐと呟いてくださっていたので、なんとか頑張れましたが、らぶの昨今のこともあり、どうしても気弱になりがちではあったので、本当に本当に嬉しかったです。よかったー。
 ネットニュースもたくさん出ていますが、ここはやっぱりマイナビニュースさんのアドレスを張っておきますね!

news.mynavi.jp

  大好きなLove-tuneの安井くん、美勇人くんが主演する映画だったからだというだけでなく、宮野監督や共演の灯ちゃん、山本さんがことあるごとにツイッターで映画のことを呟いてくださったり、ロケに協力してくださった北海道の各地のみなさんのことを思い出したり、色んな人が力を合わせてできた映画だったから、本当に公開が決まってよかったと。映画は監督さんのものであり、共演者の方々のものであり、スタッフや協力してくださった方のものであって。ちゃんとそれが形として、ファンの目の前に届けていただけることに、本当に感謝いたします。あー、よかった。

2018年8月下旬の今日この頃

 8月23日発売のMyojo10月号、買ってきました~。すでに早売り情報でもあったように、美勇人くん、顕嵐ちゃん、長妻くんが、寺西くんと4人で1ページ掲載で出ておりました。そこにLove-tuneの名前はなく、彼らの近況もらぶにかかわるものはほとんどありませんでしたねぇ・・。データカードもこのお三方のみ。
 でも、掲載されていた3人はそれぞれに自分の今の課題っていうか取り組みを話していましたね。美勇人くんは春にファッションとダンスを学ぶためにフランスとドイツに留学していたそう。顕嵐ちゃんはアカデミー賞の映画をきっちり見て、乗馬もしっかり習いたいと言っていて。長妻くんは運動不足のため運動頑張ったり、あとピアノも思い出の「ハウルの動く城」の曲を弾けるように頑張っているそう。で、ピアノの先生が厳しいらしい。ピアノ頑張るれおれお、ほんと嬉しい(号泣w)・・それぞれにみんな頑張っているらしいし、テキスト読んでいると、もう次の具体的な目標がそれぞれにあるのかな?なんてやっぱり思いますよね・・。

 一方で、塚ちゃんと宮田くんの毎月連載のコラボページでは宮田くんのお誕生日にLove-tuneからウクレレや光るドラムスティック(あー!)やサッカーボールなどお祝いをもらったそうで、モロちゃんのお名前も出ておりましたね。塚ちゃんもLove-tuneというお名前も出してくれていて、本当にありがたい!最近、なんだか、Love-tuneという名前を見るだけで、うるうるきちゃうそんな現在の心持ちですねぇ・・。どんな状況で名前があったりなかったりするのかはわからないですが(おそらく上の4人の記事の方が新しいのだろうと思いますが)、らぶのお名前を出してもらったお礼はちゃんとM誌に届けねばーと思っているところです・・・ハガキ、ハガキ。

 そんな中、8月24日にはトラジャのサマパラ公演を美勇人くんが見学。ここのところらぶめんの見学や他グループとの交流がほとんどなかったのでこれはよかったなあと。また、美勇人くんがトラジャのダンスの振り付けをやったそうで、去年のサマステから1年たってようやくまた美勇人くんがトラジャと一緒に仕事をできたことはやっぱりよかったなあと思うのです。やっぱり、掛け持ちの時代の美勇人くんの頑張りを本当に尊敬してきたし、これは個人的な思いとか価値観であるんですが、キャリアの長いJrの子たちが積み上げてきたもの、それはダンスでも、楽器演奏やバンドでも、演技でも、所属してきたグループの和みたいなものであっても、なかったことにして欲しくない、ちゃんと彼らの未来やキャリアに繋げていってほしいと思うんですよね。だから、美勇人くんがトラジャとまた一緒に仕事ができたことは、作って欲しい大きな流れの一歩だなあと感じるのです。
 それは、もちろんLove-tuneというグループとその活動であっても同じことで、7人で作り上げてきたLove-tuneの楽しさを絶対になくして欲しくないし、ちょっと遠くなっても絶対にまたファンに届けて欲しいとも切望しているのですよね。本当に複雑な、大変な道をLove-tuneもらぶめんもそこにかかわる他のグループも歩んでいるとは思うのですが、どうかその努力がきちんと実を結ぶよう、やっぱり心から祈ってしまうのです。
 でも、安井くんのらじらーもですが、こうやって表で活動できて今の状況が知ることができるのは、やっぱり羨ましいですね~。真田くん、諸星くん、そして萩ちゃん。どうしているかなあ。ほんとに近況が知りたいですよー。ようやく8月25日にジャニショに行って写真を買うことができたのですが、集合、混合、個人ともちゃんとあって、私が注文していたもろちゃん萩ちゃんおんぶ写真は奥の方から新しい袋に入っていたパッケージを出してきてくれました。すぐには補充もなくなるという事態にはならないといいんですが・・。
 これからどんな事態になっていくのか。色々と言われていますが、そんなにすぐにははっきりしないのかななんて思ったり。何しろ1年くらい行方不明のち、どんと復帰するJrもそれなりにいらっしゃいますもんね。一方で、彼らのこれからのことを考えると早くはっきりした方がいいのかとも思い・・でも、忘れちゃいけないのは、ファンは基本受け身だから、待っているしかないのかなと。大好きなあの人たちが前を向いて、すでに出来上がりつつある自分のキャリアをきちんと伸ばしていってくれれば、それでよいのです。もしそれがLove-tuneの復活につながるのならファンにとってはこんなにありがたいことは他にはないので、やれることはちゃんとやっていきますんですけどね、うーん。と、切れ味悪く終わりますww。   

ホントに嬉しいこと

 ジャニショに行きたい。行って、Love-tuneや萩ちゃんやらぶめんのお写真を買いたい!・・しかし、すでに2回現地に行ったものの、整理券配布終了で連続敗退(もっとはよいけw)。そして、本日発売の Myojyo誌の早売りの情報が出回った今週になってからは、Love-tuneやらぶめんのお写真が劇売れし、早々に売り切れになっている(補充はあるようです)とのことです。自分も、もう一度、週末の早朝、頑張ってみようと思うので、ちゃんとお写真が増刷され、全部のお写真が自由に買えるよう祈るばかりです・・。

smajyo.com

 らぶの危機を思い、事務所とメンバーに「数とお金」で直接的に伝わる方法で応援したいという気持ちをガッツンガッツンと伝えていくらぶファン、本当に凄いです(先ほど書いたように原宿のジャニショで写真を買うためには早朝から並ばなければなりません)、何より嬉しいのはツイなどで、他グループのファンもLove-tuneのお写真を買ってくれているとのこと。本当にありがたい。どのグループのファンの人も一銭でも自坦のためにお金を使いたいだろうに、こんな形でLove-tuneのことを応援してくれている。Love-tuneのことを好きでいてくれる。本当に本当に嬉しい・・と思うのでした。
 そして、8月21日にはこんなマイナビニュースさんの記事が!

news.mynavi.jp

 4月ごろにマイナビニュースで集めたアンケートの投稿(ってのかな?)をまとめたものですが、これが本当によくって。まずは、ライターさんのまとめてくれている文章で、「バンド×ダンスグループの「Love-tune」(ラブトゥーン)。安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟阿部顕嵐長妻怜央の7人組で、」があってですね。本当にこの7人の名前の並びにぐっときてしまうのです・・。また、年齢順にきちんと並べてくれているところが素晴らしいしw。
 そして、肝心のらぶファンのみなさんの熱い思い。でも、単に熱いだけじゃない。本当に具体的に豊かに、Love-tuneの特徴を書いてくれていて、らぶの素敵な紹介文になっているなあと思うのでした。ほんとにね、いいグループだよ、Love-tuneは。そして、こんなに素敵な記事を掲載してくださったマイナビニュースさんに心より感謝です!マイナビページ下部の「ご意見・ご感想」ページから感想を送りましたよ・・。
 本当にLove-tuneを好きな人はたくさんいて、らぶのライブを待ち望んでいる人も本当にたくさんいる。みんなみんな、待っている。7人全員で揃ってライブする姿を本当に待ち望んでいるんですよね。本当に待っています!

簡単に

 もうじき発売の次号のMyojoでLove-tuneが載らないかも・・ということだったんですが、どうも次号10月号では、Love-tuneでの掲載はなく、美勇人くん、顕嵐ちゃん、長妻くんと寺西くんが一緒に掲載されることになったそうです。加えて、今日流れてきた情報によれば、Jr70人が載るデーターカードに、安井くん、真田くん、諸星くん、萩谷くんのものはなかったとのこと。らぶファンとして恐れていた事態が起きてきているようで、そこは本当に哀しいです。らぶ7人が作るライブの素晴らしさ。それがおそらく近いうちには見ることができなさそうです。本当に悲しくやるせないです。
 とはいえLove-tuneの、バンドのリズムで楽しさを増強させて、ダンスとバンドのコラボレーションや7人の仲良く楽しいトークの掛け合いで、全然飽きさせないで楽しさ200%の密度の濃いライブを見ることができないのは、本当に本当にもったいなさすぎるので、これからもハガキ出したり、写真買ったりして、7人の活動が早くできるように応援していこうと思いを新たにしてるとこです・・・。
 とはいえ・・・。はあ・・。個人の活動が決まっていくこともまた大事。自分としては、どんな場所でも、どんなところでも彼ら7人のひとりひとりの活動を応援していくしかないよなあと思うし、その時に、「今できる範囲であっても」彼らの一番やりたい、必要なことをやっていって欲しいなとも思うんですよね。特に、応援している自担の萩谷くんには、一番性格的に芸能人だと思っているのでw、どうかまっすぐとアイドルと芸能人を目指してくれますように。萩ちゃんの重ねた思いと努力が花開きますようにと祈るばかりです・・。そして、またちゃんとLove-tuneの活動ができるようにただただ祈るのです・・。
 Myojoの取材は7月初旬という話もあります。それから1か月以上。事態が少しでもいい方向に展開していて欲しいなあと思うのでした。