ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

イケダンMAX始まる!

  イケダンMAX始まりましたね~。初回からほんと素晴らしくって、なんどもなんども見返しちゃってなかなか実世界に帰ってこられず・・・。さて、ちょっとしたお祭りだった初回放送日(2019年4月18日)を振り返っておきます~。それにしても、公式を引用できるのって本当に幸せ!各所のスタッフの皆様ありがとうございます!!

 まずは、前夜17日の夜にイケダン公式さんの衝撃的なお知らせが!!

 

 絶対、どっかで番宣あると思っていたんですけど、朝からなんと「はぎみゅ」です!!嬉しすぎるー。だって、はぎみゅってもう絶滅したのかと思ってて、ようやく横アリ単独で復活??って思ってたら1年待たされて・・ほんとに、ほんとに嬉しい・・。はぎみゅ落ちみたいな自分ですから、隣に立ってるだけで嬉しいなあと。

 さて、モーニングCROSSに登場して、無事に番宣も終わったはぎみゅ。言いたいことが山ほどあって圧が強い萩ちゃんとふわんとしてるけど要所要所をユーモアたっぷりにまとめるみゅさんはやっぱりいいコンビでしたよ。ありがとうございました!

 いつもどおり、美勇人くんと顕嵐ちゃんのストーリーでの告知があって、ますます気分が盛り上がる中・・・

 おぉー。楽屋の張り紙~~。フォントがもじパラとかのうちわの字と同じなのが妙に妙にじわじわ来ました・・。そして、終わった後には公式映像がUPされるのが嬉しすぎて・・。ありがとうございます!モーニングCROSS様


 萩ちゃんのクロスのポーズがかちっと決まっていて、「変身」みたいですね~。カッコいい!!でもって・・その後、音沙汰なかったお人の・・・ 


 さなぴー、めっちゃ可愛い~~。ジュースってのがまた健全ですねwwそして、萩ちゃんもブログでご報告・・。萩ちゃんの自撮りが素敵すぎて・・・ちょっと若手俳優風味も入れて・・ですかね?

 そして、午後9時からのバラいろダンディに、さなぴー、モロちゃん、みゅーさん、萩ちゃん、あらんちゃん、ながつの6人に登場。とうとう6人揃ってのお仕事が始まりました・・楽屋の張り紙に6人の名前が並んでいるのが眩しいです・・。でもでも、MCが蝶野選手でびっくりでしたよー。三銃士大活躍の頃の新日プロ好きだったなあ・・。

 そして、本番、Love-tuneメンバーの座りトークっていつぶりでしょう?もしかして、みゅーさんがいなかった2017年2月の少クラぶり?立ってだと、2018年6月に放送された少クラ4月の未公開映像が7人だったなあと。ほんと、いつもどおりの6人で、ながつが元気で本当に素敵でした・・。そして、ながつがちょこっと間違えちゃって、隣にいた萩ちゃんのお顔がどんどん真っ赤になっていって額とかてかるくらいでw。自分じゃないのにどれだけながつのことを思っているんだよーってハラハラしつつもうるうるしちゃいました・・。そして、6人そろってのお写真、感慨深い・・。 

 さて、ここでいったん仮眠して、25時に起きたら美勇人くんのインスタ更新・・。7色のペンキ缶・・本当にファンに優しい人たちだなあ・・。ちょっとした不安もちゃんとフォローしてくれるグループ。それが、Love-tune・・なんですね。

www.instagram.com

 さなぴーも今回はリアタイ!萩ちゃんも翌朝にブログ更新してくれました(たぶんあらんちゃんのストーリーもあった気が)


 そして、記念すべきイケダンMAXの初回放映・・めちゃめちゃカッコいいOPから始まってあっと言う間でした~~。詳しい感想は書けたらまた書くとして、簡単にまとめると・・。

 全員ボケ倒し(天然も含めてw)のところを超スピードで厳しく突っ込みまくっていくタイムマシーン3号兄さんズが頼もしいしかっこいいし新次元だし、その結果の煩いったらありゃしない感がいいなあと。でも、らぶめんに全然突っ込み役がいないなあ、誰が突っ込み役になるんだろうってちょいと不安になったんですけど、いますね、最終兵器、安井謙太郎が。いや、ホントニ楽しみですよーー。

 そして、みゅーさんの、パセリ推しが最たるものだけれど、Jr時代の各人キャラとか設定をちゃんと繋いで、積み上げようとしているのが嬉しかったですよ。全方位の興味ある方に見てもらいたい感がいっぱいで。あ、そいえばパセリの付け合わせはトンカツだった・・・ こんなところでもあらみゅーって思ったり。萩ちゃんも鳥さんをプレゼンするみたいだしねー。萩鳥さんたちも見たいなあ・・あと、今回は各人のちょっとめんどくさいところがフィーチャーされてたのがそこも見てて安心感がありましたねえ。

 やっぱり一番の存在感はながつだったかなあ・・タイムマシーン3号さんたちの「新宿御苑」っていうツッコミにめっちゃ普通の小学生みたい面白すぎて喜びまくってモロちゃんに絡んでるれおれおがマジ小学生で可愛いかったし、嬉しがってみゅさんにじゃれつくナガツが本当に大きなわんわんで可愛かったし。このながつの笑顔と元気がみんなをひっぱてくれた気がするし、その笑顔と元気を守るためにみんな頑張ってきたんだろうなあともしみじみ思ったのでした。さなぴー、みんなを守ってくれてありがとう。

 そして、終わった後は、番組の舞台裏レポートがあって、なんて手厚い!ほんと最高です~~。

 さて、当日はツイッターのTLも大賑わい。そのおかげかSNSでの話題度ランキングであるザ・テレビジョンの「視聴熱ランキング」デイリーランキングでも堂々の4位となりました!   

 

 このランキング、真夜ぷりがやってた頃、いつもランキングインしてて、プリンス担凄いなあ~って思っていたんですよね。これは、リアルタイムの数だからある程度、ファンの実数に近い数字なのかなあとも思っていて。もちろんファンが一生懸命ツイやるからでもあるんですけど、それなりの数のファンが支えているんだなあと数字でわかったのもとても嬉しかったですね・・。この調子でリアタイできたらなあ・・
 そんな訳で、イケダンMAX初回。内容も、数字もまずはよかったみたいで、本当によかったですよ・・。Love-tuneがジャニーズで見ることができなくなって丸1年。きっと、しっかりと時間をかけて、メンバーとファン、みんなにとって一番いい形を探してきたんだろうなあってつくづく思うんですよね・・。もしかするともっと前からだったかもしれないけれど・・。「もっと上を目指して」、その解を探ってきたんだろうと思うんですよね。そして、その熱意に力を貸してくださる人たちが周りにたくさんいる。本当に本当に感謝です・・ありがとうございます!今あるものだけじゃなくって、今はないけど未来に作りたいもの、実現したいもの、それをを見えてる人に、それを伝えようとしてくれる人に、人が集まってくるんだなあと改めて思った次第です。それはどこの分野でも一緒ですよね。でも、自分たちだけでは何もできない。あらたな一歩をLove-tuneメンバーに与えてくださった皆々様に心からお礼を申し上げる次第です~。ファンも頑張るよーー!!

もろれお「日曜はカラフル!!」出演とつながる芸

 2019年4月14日(日)の朝、またもや休日出勤になってしまい、慌ててみたツイッターの中には、こんなツイートを発見! 

 まずはイケダンMAX公式ツイおめでとうございます!!・・・いやいや、当日告知とはー。更に慌てて録画をセットして(できてよかったw)、仕事場までの道中みんなのツイッターなど楽しみながらのワクワク出勤になりました。いや、生活の喜びをくれるLove-tuneほんとに素晴らしい~。
 それで、今回はもろれおなんだー。安井くんを除いては、まだSNSやっていないメンバーだよね~とか、上田陸上部のもろれおコンビなんだなあとか、どう考えたって面白い二人、間違いなし!とか、先日のつながるイベントエムキャス組の自分にとっては本当に久々のモロちゃんだよなあ・・とか道中本当にニヤニヤが止まらないんですよ(ニヤニヤするなーっていう監督の怒号が聞こえるw)。
 嬉しいことに、次々とイケダンMAXに出演する他のLove-tuneメンバーのSNSがアップされるわけですよ・・。やっぱり先陣を切ってのさなぴー。 ほんとに頼もしくって好き・・・


 続いて、みゅーさんがストーリでもろれおのお写真をアップしてくれて・・さすが優しいみゅさんだなあとほわほわしていたら・・これですよww

 萩ちゃん・・・。かっこいい・・じゃなくww。ここに来ての「その頃、萩谷は・・」弾をぶっ放してくれて騒然とするツイッターのTL。いやー、まあね、ちょっと前に一緒にサバゲに行った増子くんも千田くんもすでにその様子をツイで伝えてくれていたので、萩ちゃんも早く伝えねば・・という気持ちが勝っちゃったんでしょう。いやー、まっすぐな萩ちゃんがじわじわしすぎで、好きすぎて、凄いよww
 そして、その後、朝寝をしてると思われていたあらんちゃんももろれおとあと二人のお写真と激励のお言葉をストーリーで伝えてくれたんですが、あとのお二人をボンボンとスタンプで雑にというか男らしいテイストで隠していて、ああそこがあらんちゃんだよ・・とほっこり?するTL一同・・・。
 そして、番組も終わりになって、ようやく登場するもろれお。イケダンMAXの初回の予告編映像もあって、白地にカラフルな絵の具を飛ばしたようなつなぎを着た6人がまるで昨日みたがガムシャラのような感じでわいわいバラエティやってるので、本当に泣きそうでしたw。それにしても、6人とも本当に男前あがったな!
 スタジオのもろちゃん、れおれおも、本当にお顔がすきっとしていて(ビジュアル本当によいよーー)、モロちゃんはちょこちょこと笑いを入れてくるし、れおれおもギリギリのやつ入れてくるし、そして、まるでアシスタントボーイのようにスタジオになじんでいていい感じでした・・。あとモロちゃんが6月からの舞台R&Jの宣伝をフィリップ持ってやってくれて、おそらくR&Jの地上波での先陣を切ってなのが嬉しかったなあと。
 そんな中、またもやみゅーさんのストーリーがアップ!そのフィリップに持ってる手ががっつりかかってることをズバリと指摘。さすがのみゅーさんだったし、そのタイミングに驚くばかりでした・・。

 そして、嬉しいことに番組終了後にはMCの田中大貴さん他さまざまの方がお写真アップしてくれました~。

 おっと、モロちゃんのフィリップ持つ手がきちんと修正されている!!みゅーさんのストーリーのおかげだねぇ・・。それにしても、もろれのみお出演だったはずの番組だったのに、メンバーのSNS、その上各人がほんとにその人らしい感じで、入ったりして、なんだか6人一緒の番組みたいにも感じられました。いやー、凄いわー。新時代だねぇ・・。そして、ここに安井くんが入ると思うと、どんなに面白い番組になるんだろう・・ますます期待は高まるのでした。

サクラ咲ケ

 このところのLove-tuneメンバーのSNSには桜のお写真がそろい踏み。

まずは、さなぴー。素材そのままの美しさをくっきり。

 そして、あらんちゃんは色鮮やかに艶やかに。こころ浮かれちゃうね、

www.instagram.com

 美勇人くんもやっぱり桜。さくらパワーって 、ほんとにそうね・・。

www.instagram.com

  昨日の萩ちゃんのブログもやっぱり桜。遠景のお写真が萩ちゃんらしいな     

 メンバーそれぞれの桜のお写真を見ていると、まだ登場していないピンクの安井くんのことをどうしても思い出しちゃうよね・・早く会いたいねぇ。そして、頭の中に流れてくるあの歌。
 サクラ咲ケ 僕の胸の中に 芽生えた名も無き夢たち
 振り向くな 後ろには明日はないから 前を向け

 どんな夢を彼らは今見ているんだろう?きっと体に染みこんだこの歌詞のように前へ、前へ、進んでいるんだろうね。本当に、毎日、楽しみが尽きないよ。 

Love-tuneみんなで初の冠番組!!

 そして、新世紀が始まる2019年4月11日木曜日の第2弾の発表は・・・


 えーーーーー!MX様、ほんとうですか??さなもろみゅはぎあらなが6人でのレギュラーバラエティ番組!!いわゆる冠番組ってヤツですか!!!!そして、タイトル画にはしっかり赤橙黄緑紫青に桃という7色があって・・・。これってきっときっと安井くん・・やっさんも、やっすーも、けんちゃんも、きっと一緒になるってことですよね!すぐには無理かもしれませんが、きっと、きっと。

 ともかく2019年4月18日深夜はあっという間にやってきます。とうとう7人一緒(すぐじゃなくても、信じてる!)のバラエティ番組「イケダンMAX」が始まるんです・・・。Love-tuneが7人になってもうすぐ満3年。新しい、大きな一歩がようやく始まるんですね・・。    

  すぐに、いつも通りさなぴーがツイッターでお知らせしてくれましたね・・。


 「花笑み」、素敵な言葉ですねえ・・心がふわーって春の陽の中で開いてくようです。本当によかったなあ・・。すぐに美勇人くんと顕嵐ちゃんもストーリーで告知してくれましたね。そして、萩ちゃんのブログ開始日2つめの記事が、イケダンMAXのお知らせでしたーー!!ほんと素晴らしい!!


 何着てるのかなーー。気になるなーー。どんなことしてるんでしょ??スタジオっぽい感じですよねー。そうなるとガムシャラぶりのスタジオバラエティとなりますから本当に期待もMAXですよ!!それにしても、もうちゃんと収録してるんですね・・。斬月カンパニーのみなさんの次のお仕事の盛況ぶりにちょっと寂しいきもしたけれど、萩ちゃんにも帰る場所もあれば、次のお仕事もあったという。。本当にスタッフのみなさん、関係者のみなさん、ありがとうございます!!

 で、いつもお世話になっておるマイナビニュースさんがイケダンMAXのニュースを載せてくれてたのですが、そこに番組の内容が少し・・・  


 ええーーー???「パセリ農家」「海女さん」・・・思わず吹き出しちゃいましたよ。うわー、誰が何をやるのか、めっちゃわかるよーな。でもって、助っ人屋「イケダン」雇われた??きっと謎の雇い人がいるのね(めっちゃ妄想w)。もうね、もうね、嬉しすぎて、死にそうです・・。あー、早く見たいし、早く安井くんも合流して欲しいなあ・・ともかく4月18日深夜まで6日です!!

萩谷慧悟オフィシャルブログ開設おめでとう!

 Love-tuneの新時代が始まった2019年4月11日木曜日。 まあ元なのかもしれないですけど、そこんとこは今後どうなるかわからないですけどw、元さえつければLove-tuneという本当に素敵な名前(ジャニーさんの力作だよ)がこんなにネットに流通し、拡散するなんて・・と新時代のワイルドさと奔放さを存分に感じた一日となりましたねえ・・。みんな覚えてねー、(元)Love-tuneだよーー!!はあ・・感慨深いわーー。本当に一年、みんな頑張ったね・・。        

 まずは最初のビッグニュース!自慢の自坦の萩ちゃんこと萩谷慧悟くんがアメブロを開設いたしましたよ!!!いやー、本当めでたい!!

 

 最初のブログはご自身の普段着のお写真から~。2枚目のにこやかなお顔がすっごく好き!!場所も萩ちゃんもお名前を出していたことがあるアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」、「こころが叫んでいるんだ」にゆかりのある場所らしい・・。最初からご自分の趣味を飛ばしていく萩ちゃん。ブログにも

僕は多趣味な一面もあるのでそう言ったところも今後お見せできるかと、、、」

 とあるので、普段着の萩ちゃんを、萩ちゃんの好きなものをたくさん語って欲しいなあと思いますよー。割と萩ちゃんって書き言葉の人じゃなかった印象なので、そういうのにチャレンジするところが萩ちゃんだなあとすっごく思います。

  そして嬉しかったのが、すぐにツイッターやってるさなぴーがお知らせしてくれたこと!!  

 もうね、熱いさなぴー節がこれでもかと・・。毎回見てくれるさなぴー。その自分よりもたくさんブログを見なさいというさなぴー。いや、ほんとに熱い。さすがだ。そういうところが大好きだよー。そして何より「緑豊かに」のお言葉・・・。ここにきてのメンバーカラーの強調。嬉しすぎて涙が出そうだったですよ。

 そして、続いてインスタのストーリーで、美勇人くん(myutomorita_official)とあらんちゃん(alanabe_official)が萩ちゃんのブログ開設を祝ってくれて、これまでこんな風にメンバー同士がやりとりしてる様子を見たことなかったんで、ホントに感激だったーー。美勇人くんのは萩ちゃんのお写真に色々と落書きしてて、ほんとにいたずらっ子って感じで、久々のはぎみゅだったなあ・・そして、またあらんちゃんのお写真がね・・しれっとしたマウントぶりでそこもあるはるぅぅぅぅって感じだったww。
 そして、つながるつながるといえば、斬月ファミリーの方々もひとことくださって・・・。オレンジライド仲間の大ちゃん、けいとくん、そして塁くん・・。みんな、みんな、ありがとう!

 

 これまで斬月ファミリーのみなさんには色んな形で萩ちゃんのことを知らせていただいたり、励ましていただいたり、ありがたいことばっかりだったんですけど、これからは萩ちゃんからも、共演者の方のことを発信できるのかなあと思うとそれも嬉しいことだなあと思います!!

  またねー、ありがたいことに、はぎブロの開設で色々とネットニュースも出されたのですが、さなぴーのことにも触れてくれているやっぱり嬉しいマイナビニュースさんのをはっておきますね! 


 さて、この日だけで萩ちゃんは3つ記事を更新してくれたのですが、待ってました!ってのが、やっぱり舞台仮面ライダー斬月のこと・・さっそく「振り返って」くれました。まっすぐな描きぶりが嬉しいなあ・・そして、毛利さんの笑顔もすっごく嬉しかったです!本当に本当に嬉しいです。 萩ちゃんにアイムの人生を与えていただいて本当にありがとうございました。

 そっかー。アイムってお人よしだったのかあ、うん、貴虎さんを守りたくって、いろんなことしょいたがる人だったなあ。そんなところ紘汰さんにも似てるけれど、貴虎さんにも似ているねとか、インタビューでも書いているけれど紘汰さんと「どこが似ていてどこが違うのか」ってずっと考えていたんだねえ・・きっとそれはちゃんと舞台の上で表現できていたと思うなあ・・そして「自分にも通じる」、「共感」・・そんな風に萩ちゃん自身の言葉で、自分のお仕事を語ってくれると、ファンとして本当に嬉しいなあと思いますよ。萩ちゃんらしく、まっすぐに飾らず、ファンの視線を気にし過ぎることなく、楽しくブログを続けていってくださいね!!

Love-tuneメンバーのお芝居お仕事

 まだまだ絶賛斬月ロスが続いております。でもって、久保田さん、丘山さんをはじめ、気になる俳優さんが山ほど出てきているので後2回ほど駄文をしたためようと思っておりますが、今日は別のお話。萩ちゃんの舞台仮面ライダー斬月への出演が無事終わり、これでLove-tuneメンバー7人全員が個人でのお芝居・映画のお仕事ができたということになります。それを記念してというのもヘンですがw、ちょっと記録をまとめておきたいと思います。ひとまずは、Love-tune結成以降のお仕事です・・。

2016年6月:コインロッカーベイビーズ(真田佑馬くん出演)

http://www.parco-play.com/web/play/clb2016/

2016年9月:DREAM BOYS(Love-tune7人で出演)

https://avex.jp/kismyft2/discography/detail.php?id=1015149

2016年10月:音楽劇ダニーボーイズ(真田佑馬くん主演)

http://www.danny-boys.com/

2016年11月:三婆(安井謙太郎くん出演)

https://spice.eplus.jp/articles/86049

2016年12月:クロスハート(諸星翔希くん出演)

http://www.musical-crossheart.com/

2017年5月:劇ラジライブ2017「罪男と罰男」(安井謙太郎くん主演)

http://www.nhk.or.jp/radiosp/gekiraji/

2017年6月:ミュージカル魔女の宅急便阿部顕嵐くん出演)

http://rkx-t.com/majotaku/

2017年11月:舞台「何者」(阿部顕嵐くん主演・長妻怜央くん出演)

http://www.nanimono-butai.jp/index.html

2018年6月:映画「空飛ぶタイヤ」(阿部顕嵐くん出演)

http://soratobu-movie.jp/

2018年11月:映画「ニートニートニート」(安井謙太郎くん主演・森田美勇人くん出演)

https://neet3.jp/

2019年3月:舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-(萩谷慧悟くん出演)

https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/

 まずはほぼ3年たっても公式HPが三婆以外は残っていて、めちゃめちゃ感激ですした!。スタッフのみなさま、ありがとうございます!!中でもコイベビがしっかりあって、ハシキクと一緒にカッコいいさなぴーのお顔がばーんと載ってるのにちょっと感動しましたね・・。どれも思い出深い作品・・というかどれもめっちゃ面白かったのはファンの欲目だけではないかも・・・なんて思っています。あとこのリストには乗せてませんが、Travis Japanで出演した「ABC座2016株式会社応援屋」の森田美勇人くんのワンゼロさんもよかったし、お話もとても好きでしたねぇ・・。
 また、後ほど、簡単に感想を書きたいと思いますが、こうやってみるとバンドのイメージが強いジャニーズJr時代のLove-tuneでしたが、もう一つの柱として「お芝居」を大事な柱としてやり続けてきたんだなあと感慨ひとしおです。色々とありましたが、先日の「つながるイベント」で、さなぴーこと真田くんが「お芝居をやりたい」って言っているように、これからもどんどんお芝居や映画などで活躍してほしいですね!
 アイドルやバンドとしてのグループ活動と、お芝居をはじめとする個人の活動の両輪というのがおそらく結成当時のLove-tuneのコンセプトだったと思うんですよね。これからもグループでの活動もしつつ、個人の可能性を広げられるような、お互いにお互いが起爆剤になるような活動をしていだけたらなあと。実現するのは、まだまだ先のことなのかもしれないですけれど、なんだか嬉しく夢を見ている今日この頃です。

ひとりトルキアメロンツアー:ディレイ配信編。

 もう終わってしまったのですが、舞台仮面ライダー斬月の大千穐楽公演のDMMライブ配信を購入すると、4月2日の見逃し配信、4月4日から7日までディレイ配信もあって、もうメロン食べ放題でした。本当に何から何まで手厚い新世界。なんども同じ感慨を持つのですが、自慢の自担の萩ちゃんの舞台が、こんな風に思う存分楽しめるなんて、1年前の自分に教えてあげたいですよ・・。なんかねえ前の状況と比較して、色々と考えちゃうなあと思いつつ、まずは思う存分楽しむのがまずは肝心ですよね!

 そんな訳で、ダウンロード形式のディレイ配信を見ながらだーってつぶやいてみました。ダウンロードしてからの視聴なので、行きつ戻りつ、何度も同じシーンを見ることができるのが素晴らしかったですね!せっかくなので、その記録を残しておきます・・。

  • 意識して視野を広くして見るとまた面白いなー。舞台だとどうしても集中しちゃうしね。影が色々と仕事してるのねー
  • 斬月さんの動きが本当に気品があって、TVで見たとおりの斬月さんなのも痺れたんですよ!そして、その「気品」というのが雅仁と貴虎に共通したものであって・・・ああ、泣く!
  • 雅仁、影正、お二人の声を聴くと本当に惚れ惚れする。そして、アイムの爽やかなでも深い声。キャストの声の高さのバラエティというかバランスがよく考えられているなあ。
  • 俺たちはチームで命を懸けた抗争をしている。ここを抜け出すためにな!・・いやー、少年たちかな??
  • 何度見ても、正気を失ったアイムと貴虎さんの組み合いが、萩ちゃんにとってよかったなあと・・。
  • ベリトの太ももの緋色のサポーターがカッコ良すぎるし、色っぽい。
  • アイムって話がスムーズに進まないと割とすぐにカッとするタイプだよなあ・・ちょっとご本人に似てるかもと思うところ。
  • グラシャの髪型が片方編み込みにしてて、そのふっくらした子どもな横顔が見えるのも意味があるんだろうなあ・・一番子どもで一番まっすぐで美しくって繊細だったんだろうなあ。だから、ガラスのように一気に砕け散るし、それがまた綺麗んだけれど。
  • 斬月舞台の殺陣が見た目のカッコよさやスペクタクルさに比して安全なのは、生身のキャスト同士で組み合うシーンが少ないからなのかな。貴虎×雅仁さんとか、貴虎×ベリアルとかは自力あるもんなーアンサンブルの方が本当に上手い!
  • それにしても貴虎さんがやってることに対して「主任」の職位の低さと、戦極さんの「教授」の実にそぐわない高さ。だいたい、正式なポジションである教授をそうでない人が自分で使うってのがとてもハズいんだけれど・・でも、大事なポイントなんだろうなあ。
  • リーダーインベスが良く頭を抱えて痛がってるのか辛がってるのかわかんないけれど、そこが辛い・・
  • 玉ギャグが一番大人しいパターンで来たのがなんとも悲しかったw。
  • 8年前の雅仁さんのベルトは黒ベルトなのかな??
  • ベリトとオセはどっからその様子を見ていたの?といつも謎w
  • 最初から貴虎を助けたくってしょうがないアイムがいい子過ぎて・・萩ちゃん本当になで肩だなあ・・・
  • 大千秋楽のひとつマフラーの貴虎雅仁の変身wが1号2号っぽいん。で、大高さんとかジャスト見てた年齢かなあ・・・。
  • 8年前、自分が斬月をやると言った時の雅仁の気持ちには、貴虎の重荷を分けて背負いたい気持ちと、オバロ化のことを試してみたい(そして自分が主導したい)という気持ちの両方がないまぜで結構難しい気持ちだったんだろうなあ。鎧武とか斬月あたりは大学生くらいの子が嵌りそうだよなあ・・ちょうと萩ちゃんあたりの年齢。
  • 変身してる時の凛々しいお顔だけれど、口元がちょっとおちょぼ口なところが本当に気品がある萩ちゃんなアイムであった(欲目です)。こーたさんのお声に寄せる喉にひっかかる声をどう編み出したのかとっても聞きたい。
  • 影正くんのセリフが厨2ステレオタイプにがっつりはまり込んでいてジワジワするー。厨2の感情の激しさを全部背負ってその身を燃やす原嶋くん凄い・・。「都合よく事実をゆがめるなーー」、「じゃあ、死んでよ。」、「なれなれしく僕の名前を呼ぶなーー!お前に助けられるなんて屈辱以外の何物でもないいいいいいい」、「わかったようなクチを聞くなー!」、「このままじゃ引き下がれないーー。どうして僕の邪魔をするんだよーー。」、「こんなの何かの間違いだーー!(もう最終兵器的セリフw)」
  • 凄いなあ・・ここまでのテンプレセリフで、ここまで演じる。「兄さんは、兄さんは、そんな人じゃないーーーー!!」って怒るエネルギーの強さは、もしかするとその純粋さは本当なのかもしれないけれど、やっぱり誰も幸せにしないじゃないの・・
  • 影正って鎧武本編からその後の5年間、本当に毎日辛くて、なぜなぜなぜなぜ・・・と悩み羨み大変だったんだろうなあ・・ライバルがデビューして、自担が事務所を辞めたをどうしても許せないファンの気持ち・・に近いような。
  • 変身を解くときの雅仁さんが本当にかっこよすぎて・・でもっての超絶ブラック雅仁・・・ここの急展開がやばすぎる。
  • ベルトをした人はだいたいオバロ化に近づいていくよねえ・・影正もきっとそうだったんだろう。戦極さんの物語は終わらない。
  • パイモンたちが帰ってきて「無事だったかー」と貴虎さんが激しいのが子供たち思いで素敵。そして、貴虎さんのベリトへの肩の抱き方がほんとじわじわするーー。惚れるわ!
  • どんな時でも魅せる社交なノーブル笑顔と気持ちの明るさが世が世なら本当に王様だったのになあ・・雅仁。だから、影正の怒りは深いのだなあ。
  • ある男の悪意の詳細が知りたい・・やっぱり鍵臣がクラック開けて、ヘルヘイム植物をトルキアに蔓延させたんだろうか・・確たる証拠になるセリフはないんだけれど。
  • モルモットかあ・・・個人的にやっぱりアルジャーノン(やまぴーどらま)を思い出してしまう・・まあ、永遠のテーマだ!文明というか人間の知恵は人間を食って進化するという・・まあ、知恵の実であり、DJサガラなんだけれど。
  • オバロ化の時の植物のプロジェクションマッピング本当に綺麗・・。こーたさん降臨のシーンのだけれど、ライビュだからこその綺麗さ。DVDが楽しみだなあ。植物と融合する力により進化する人類というのは戦極さんの基本構想でもあるんだろうな。
  • 「勝手に使って、用が亡くなったら殺すのかよ、ばかにしやがって・・なあ貴虎、俺たちってなんだったのかなあ」・・あああああ、号泣だよ・・・。
  • 貴虎:「死んでいった者に対する唯一の手向けだ・・」
  • 3人でフォラスを抑えるところが本当に泣けるわ・・チームだ・・
  • 本当に紘汰さん、降りてきてくれてありがとう。こんなに綺麗で美しい笑顔の萩ちゃんを見せてくれてありがとう。
  • 「俺は変わった?」なので、貴虎さんの子どもたちへの愛情みたいなものって自覚的ではなかったのかなあ・・。自覚はしていないけれど、溢れてしまう愛情・・やばいやつかなあ。
  • 「決着の美学」・・みたいなものはあるなあ、バナナの美学というか、きっとそれは女子にはわからんやつかもだし、ほっといた方がいいんだ、たぶん。
  • 貴虎「お前に来いと言われて断る理由はない・・」ってやっぱり罪なフレーズですね・・
  • 貴虎:「お前と俺は同じ未来を見ていたはずだ・・」・・・みんなが同じ未来を見れますように・・のルーツはここだとしか思えない・・んだけど!(妄想ですw)
  • 貴虎も雅仁も、父への失望が共通していて、それがが男子をペシミストにする・・って思ってるのかな作者の人は。
  • そこは唐十郎も同じトーンな気がする。それを乗り越えるのは唐さんの場合には下賤な女性の大きな力だし、ライダーは変身と仲間なんだなあ・・
  • 「でも、もうやつらの思い通りにはならない。なっちゃいけないんだ。俺たちの運命は俺たちのものだ。今から貴族に反旗を翻す。俺たちの手で俺たちの未来を掴むんだ!」
  • ここで、萩谷慧悟の0番ダンスという。耳で聞いて目で見て実感する。俺が主人公だという叫び。
  • グラシャの「力がなければまた別の力で虐げられる」・・・このセリフというか認識が凄く好きだ・・本当に虐げられるんだよね・・自由に生きることができる人間という当たり前のことも無視されて。
  • どうして共和国だけど貴族があるのかなあとちょっと思ってはいるんだけれど、チームバロンの名前の由来から来てるのかなあ。グラシャは貴族の頂点を目指すというか、ぶっ壊ししたい訳だし。
  • アーマードライダーっていうのがもう人間の本性であり、業でもあるんだよなあ・・「改造人間」という概念の正体というか。文明による犠牲も含めて、人間の持つ一面の帰結。だから、それはグラシャやアイムのような子どもだからこそ生まれてしまうこともある。
  • グラシャの亡骸が子ども過ぎて泣ける・・グラシャを倒した、アイム、泣いているなあ・・
  • そして、その後の貴虎の「弱さを知る」という言葉が受けていくのが凄く好きなんだよなあ。
  • 貴虎の「変身」が猛々しくないのは、その体で持って、変身することの重みや変身で生まれる犠牲を知っているからなのかもしれないな。
  • 貴虎の「弱さを知るから、信じるということができる」というのがアイムとグラシャの戦いとは違うゾーンに入っていて深い。弱いからこそ、殺されても殺されても死なないいし、それが強さに繋がるという道もある。
  • 倒した人間に「今でもお前のことを信じている」というのはやぱり罪だよ、貴虎。
  • アイム:「だってこの国は俺たちの国だからぁぁぁぁ」・・泣く。
  • 貴虎:「お前たちと闘ったことを忘れない・・」・・痺れる・・。
  • 千穐楽のカーテンコールが本当に最高だった!
  • グラシャの増子くんがただ頭を下げるというのが本当にいいよね・・若くて、まっすぐ役者さんで。それにに相応しい挨拶の仕方だなあと。
  • 萩ちゃん、頭を下げていた時に泣きそうだったな・・耳とお顔が真っ赤。
  • 久保田さんというか貴虎さん、帰っていく時にお辞儀をした後でポケットにすっと片手をいれるのが極めてるなあと・・
  • カテコが進んでいくにつれ萩ちゃんのお顔が大きく見えていくのはなぜだろう・・アイムから萩ちゃんに戻っていく感が凄い。
  • 宇野くんの挨拶が素敵すぎる・・すっごく「見えてる人」なんだろうなあ。
  • 小沼さん89年かあ・・窪田くん88年・・いやー、30歳ぐらいの人って凄くなるんだなあ。
  • はるちゃん34歳・・・・はるちゃんはすべて尊いわーー
  • 萩ちゃんのカテコ挨拶・・・いつもどおりのお話でもうちょっと頑張ろうなぁって思うんだけれど、他の人と比較して初々しいっていうのか、意味はあるけど面白くはないってのが萩ちゃんっぽいっていうのかw
  • それにしても、舞台関係で出てくる記者ってだいたい毎日新聞の記者だなww
  • 久保田さん、毎回毎回きっちりジャケット脱いで白シャツ姿を見せてくれるところが舞台俳優さんとしての気骨みたいなのを感じたなあ
  • 萩ちゃん、腰の位置が高いというか、胸の位置が高いんだよなあ・・
  • 久保田さんの「我々もヒーローとして生きていきたいと思います。」からの、けいごの「ここからは俺たちのステージだ!」全員で「変身!」って本当に素敵。
  • 声をかける時に、しゅっとアイムに変わって目がきりっと大きくなる萩谷慧悟。ほんとうの変身の瞬間を見ることできてよかった。DVDにも入れて欲しい。
  • で、こっから写真だものーー。ほんとにいい舞台だったなあ・・。
  • はー。終わったーー。
  • 特典映像で、予約受けつけ中なので・・というとこでカメラ目線の萩ちゃんがとっても好きー。このあたりになるとごく普通の萩谷慧悟であった。。。