ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

顕嵐ちゃん長妻くん舞台「何者」。おめでとう!

 遅ればせながらなんですけれど・・・。あらんちゃんの初主演舞台が決まりましたよ!なんと長妻くんも一緒に出演です。本当に本当におめでとうございます!!タイトルは「何者」。佐藤健くん主演の映画の舞台化に抜擢される顕嵐ちゃん。いやー。凄いです!。そして、長妻くんは初の外部舞台なのかな?

mdpr.jp

 ながつのコメントに「爪痕を残し」とあって、らぶのモットーが織り込まれているのがものすごく嬉しい。そして、お二人のお名前の後に、Love-tuneっていうグループ名があるのがやっぱり嬉しいですよね。ふたりの個人のお仕事だけれど、こうやって名前が外に出て行くのが本当に感激。二人とも本当にありがとう!!。二人のお芝居をジャニアイで見た限りは、本当に上手くなっているし、めっちゃ期待するし、この経験が彼らの力をまた伸ばしてくれるのだろうなあと。あと、嬉しいのが、演出が丸尾丸一郎さんで、5月の安井くんの劇ラジもやってくだった方なので、安井くんのお仕事がここにも繋がっていて、そこも本当に嬉しいですね~。顕嵐ちゃんの魔女宅は見ることができなかったので、今度こそ行って見たいな~。ただ、天王洲の銀河劇場で2週間。共演の方々も人気者ばかりだから、チケット取れるといいなあ・・・。

 さてさて、あらんちゃん。魔女宅でミュージカルW主演、秋には初の主演舞台ときて、来年の3月には長瀬くん映画で銀板デビューと来て、いい勢いを見せてて、本当に嬉しいなぁと。出たばかりのdeut誌のらぶの座談会で、あらんちゃんの長所としてはぎちゃんが「自分の中で『これ!』というものがあって、絶対に曲げないもんね」と言ってるのだけれど、きっと彼の中でお芝居の仕事を絶対したいってのがあって、ずっと準備してきて、今のここがあるんだろうなあって感じるので、このチャンスを絶対に掴んで大きく羽ばたいてほしいなあと思うばかりだったりする。ながつも初の外部舞台。もろちゃんがクロスハートでぐんと伸びたように、きっと色んな人から刺激を受けて、またどんどん伸びていくんだろうなー。本当に本当に楽しみ・・。

 前に俳優坦していたので思うんだけれど、テレビドラマで活躍できる若手俳優さんって、本当に限られている。大手事務所でも完全な主役級は2人程度、準主役級まででも5人くらい。在籍している若手は山のようにいるのに、20歳前後から、ほぼ同じメンバーを継続的に推してきて、それでもずっとその位置にいられるとは限らない。実力はもちろん、人気も、そして推しも全部揃っていないと本当に厳しい世界だなあって常々思っている。だから、あらんちゃんには長いスパンで事務所にきちんと推してもらって、いわゆるジャニーズ枠を超えて活躍できるような俳優さんになって欲しいし、ずっとずっと貪欲に頑張っていって欲しいなーって思う。
 あと、らぶの中では、やっぱり真田くんのお芝居の力って人並み外れたところが溢れている人なので、舞台だけじゃなくってテレビドラマや映画でぜひ活躍して欲しい。さなぴの場合、可能性じゃなく、今現実として外に打って出られるのになあって、いつも思ってしまう。一刻も早くさなぴのお芝居を見ることができる日が来るのを待ってる今日この頃だったりする。

 今回のジャニアイを見て、本当に、らぶめんって、芝居に堪能な人が集まったグループになりつつあるなあ本当にワクワクしている。上の3人の他にも、やっすーのしっかりでもしなかかに耳の奥まで届く声、もろちゃんのオープンで豊かな表情と体技、みゅーさんの何もしないで立っているだけでその人の背景がわかるくらい立ち姿の美しさ。はぎちゃんも柔らかくも明瞭な発声とひとつニュアンスを含ませたような間の取り方ができるようになって。それぞれに経験を積んできた人たちだけれど、7人が一緒になったことで、お芝居の力が更に早く進化している気がします。7人とも本当に素晴らしい。ぜひぜひ今回のお芝居が起爆剤となって、7人が揃った主演舞台をそう遠くないうちに見せて欲しいなあと思うのでした。