ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

始まりの夜明け

 既にご存知の方も多いかと思いますが、昨日、ジャニーズジュニア情報局ホームーページで、Love-tuneメンバー7人、安井謙太郎くん、真田佑馬くん、諸星翔希くん、森田美勇人くん、萩谷慧悟くん、阿部顕嵐くん、長妻怜央くん、のジャニーズ退所が発表されました。有料会員用ページでの発表ではありますが、正確な公式発表を多くの方に読んでいただきたいので、文書を貼らせていただきます・・。   

f:id:tanusun:20181201094044j:plain

 この発表を読んで、あくまでも個人的な感想ではありますが、心底ほっとしました。何より、7人が揃って新しい道に踏み出していくことがこうやって公に発表されたのです。もちろん、この先どうなるか、私が大好きなLove-tuneがどうなるかは定かではありませんが、やっと新しい夜明けを、やっと新しい道へ大手を振って出て行ける日を迎えることができた。その喜びの方が今いる場所を去ることの寂しさや切なさや悔しさの何倍も大きいのです。

 そして、おそらく、きっと同じジャニーズやジュニアの子たちも安心したと思うんですよね。100%望んだ未来じゃないけれど、こういう道もちゃんとあって、公式に送り出してもらえるという展開ができたということは会社全体として本当によかったと感じています。「自分の力」を本当に試すことができる展開、それもジャニーズにいて経験を積んできたというキャリアを持った自分としてできる展開、それが本当によかったなあと思います。ジャニーズJrのカテゴリーで退所が発表されるのは小原くん以来十年ぶりくらいのことなのだそうです。もちろん、そこに至ったLove-tuneメンバーの頑張りもですが、ここまでにこの会社に属したことのあるすべてのジャニーズひとりひとりの歴史の積み重ねと、変わっていく会社と、そして3月以来のLove-tuneメンバーの姿勢とらぶ坦の熱い熱い愛がこのお知らせに繋がったのだと感じています。   

 さて、上の文書を読んでいただければおわかりだと思いますが、これは7人の退所と独立のお知らせであります。そして、彼ら7人がジャニーズでの最後のキャリアを私の大好きなLove-tuneメンバーのまま揃って独立していくことをお知らせする文章でもあります。厳しい世界がまっているでしょうが、ジャニーズでの経験を糧に素晴らしい芸能人になってもらいたいなあと切に祈っています。自慢の自坦の萩谷くんが思いっきり芸能人として活躍する姿を夢見てこれからも応援していきますよ!そして、また7人で一緒に活動してもらえたら、Love-tuneをやってもらえたら本当に嬉しいけれど、それはこれからのお楽しみにずっと待ちつつ、このブログを続けていきたいと思っております。

 ともかく、Love-tune7人の独立、本当におめでとう。それにしても、自担は言ったことを必ずやり抜くという確信の種がまた一つ増えたので、今後もひとつひとつ叶えていって欲しいなあと思う萩谷坦であります。さー、今日も映画ニートニートニート見に行くぞ~~!!