ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

祝横浜アリーナ単独公演!

 新しいデビュー組が誕生して、これからのLove-tuneはどうなるのかなあって若干重い気持ちでぼんやりしていたら、今度はまたまたびっくりする話題が!2月下旬と3月下旬に、大阪城ホール横浜アリーナLove-tune、Snow man、SixtonesTravis Japanの関東Jr兄組4グループがジャニーズJr祭りを開催することになりましたよ!(詳しい日程はジャニーズネットを見てね!)そして、なんと3月公演では、この4組がそれぞれ横浜アリーナで単独公演するんです(合同公演もあり)!。横アリ単独やっちゃうの??なんとまあ凄いというか、おったまげたというか!

 この超サプライズ公演。色んな見方があるんでしょうが、とりわけ集客という面で試されていると思うのですが、ここは大きなチャンスがどーんと来たと、めいっぱい楽しみたいと思います~。当たり前ですが、横アリだからできることはたくさん!①大きな横アリを自分たちだけで、自分たちだけのパフォーマンスのために工夫して使うことができる。②これまでチケット難民だったファンもちょっと遠い人もいるかもしれないけれど、格段に容易く単独コンサートに入ることができる(これはZeppであやうく難民しかけた自分には本当に嬉しいことです)。③らぶ担のみならずらぶに興味をもってくれた別グループやデビュー組のファンの人たちにもあの楽しく、血沸き肉踊る、一体感の世界を体験してもらえる。④もしかすると念願の個人うちわも!・・・などなど考えたらキリがありません。

 このようにらぶの今と未来に役立つ色んな経験と情報が一足飛びに味わえるという、それこそドラマ版「アルジャーノンに花束を」に登場する咲人を天才化した奇跡かつ超キケンな薬、ALGのような働きをするんじゃないかと思ってしまうほどの横アリ公演。この劇薬は色んなネガティブな面も顕にするかもしれないですが、得られるものは無限大なはず。この公演が決まったせいなのかどうかはわかりませんが、舞台の上の萩谷くんもこのところ凄くハッスルしてるようで、毎度ながら自担の肝の太さを痛感してるところです・・凄いね、ホント。

 1月20日のらじらーサダデーでは安井くんがすでにこの公演の話し合いをしてると話してくれたのですが、毎度セットリスト決めでは議論紛糾することしばしのらぶなので、横アリ単独なんていうとどんなに大揉めするか心配しちゃうほどですが、きっとその分、全員がきちんとセットリストの意味を理解した公演になることでしょう!Zeppの感想のインタビューだったか、顕嵐くんがらぶは一緒にいればいるほどグループ感が深まるって言っていたので、ハピアイから3月末の公演まで彼らが一緒の仕事をしているかと思うと、どこまでらぶのグループとしての完成度が高まっていくのか本当に楽しみですよ。派手で今までにないパフォーマンスから何かといわれるらぶではあったりしますが、実のところ一歩一歩詰めていけるのが7人の真骨頂だと思っているので、このチャレンジは願ったりかなったり、どーんと来いという気持ちでいっぱいなのです・・。

 この公演のムコウになにが待っているのかなんてことを心配するより、今のLove-tuneが大舞台を得て、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、どんな風に楽しませてくれるのか、何を作り上げられるのか、ただそこだけを望むばかりです。今のLove-tuneがどんなグループなのかをしっかりと刻み込んでくれたら、それで満足なのですね。その一歩、一歩が、アイドルグループLove-tuneを強く作り上げてくれるのだと思っているのです。。。