ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

FASTの7ORDER project

 5月22日に帰ってきた安井くんのお仕事はネットマガジン(というのかな?)FASTの特別インタビューでした。 2019年の6月3日のことでした。

『安井謙太郎』 「7ORDER project」 仕事に迫る特別インタビューVol.1 | FAST

『安井謙太郎』 素顔に迫る特別インタビューVol.2 | FAST

 これまでとは明らかに違う鮮やかなグラビア。銀に近い金髪とざっくりとしたデニムのお姿はちょっととんがったアーティストだったり若手企業家のよう。新たなプロジェクトのお話をしつつも、ファンへの篤い感謝の言葉を届けてくれる安井くんは、やっぱりみんなが大好きなアイドルの天才の安井くんでしたね。「今日は今日。明日は明日。・・たとえ今日凄く評価されても明日は0からのスタート」という言葉に一層鋭さを増した安井くんの姿勢が感じられて、もっともっと応援したいなあという気持ちになりましたね。そして、スタイリストが森田美勇人・・みゅーさんじゃないですかー。モデルもやっていたファッション大好きなみゅーさんが新たな展開を見せた日となりました。
 そして、ほどなく同紙に顕嵐ちゃんが登場 。

『阿部顕嵐』 「7ORDER project」 仕事に迫る特別インタビューVol.1 | FAST

『阿部顕嵐』素顔に迫る特別インタビューVol.2 | FAST

 夜のネオンの中に佇むあらんちゃんが本当に映画の中の人のよう。フォトジェニックだけれど、職人でもあり、ユーモアもあって、どんな仕事をしていくんだろう。姿勢や歩き方といった無意識の領域まで変えてしまう役者というお仕事に、ジャニーズの頃からずっとやりたいと言っている時代劇に、どんな風に立ち現れてくれるのか、本当に本当に楽しみで、待ち焦がれているんですよ・・。そして、第2回目のインタビューで衝撃的だったワード「サウナととんかつ」。今のあらんちゃんの大好きなもの。あらんちゃんをちゃんと注目するようになってそんなに時間は経っていないけれど、いつからか「この人はめちゃくちゃ男らしい人ではないか」と思っていたけれど、答え合わせしてくれるようなインタビューでしたね。そして、またも、スタイリストはみゅーさん!今回もまた私物のアイテム・・。ちょっとザワザワしてきたファン界隈。

 ざわざわと言ったら、すぐにながつが登場して!

『長妻怜央』 「7ORDER project」 舞台「ここはグリーン・ウッド」 仕事に迫る特別インタビューVol.1 | FAST

『長妻怜央』 素顔に迫る特別インタビューVol.2 | FAST

  スタイリッシュなグラビアで見せる陰影の心の陰影の深さが現れている様なシリアスなお顔も、花の中で朗らかに微笑む優しいお顔もどっちも本当にチャーミングでもっともっとながつの色んな表情がみたいなあとしみじみしましたね・・。せぶおだのお兄ちゃんたちに連れて行かれる色んな場所、サウナやサバイバルゲーム、ダンスレッスンや絵画展・・それがながつの人生の深みにつながってくれたら嬉しいよね。もうすっかりおなじみになったみゅーさんのお洋服選び。1週目も本当に似合っていたし、2週目のジャージーが、ちょっと炎の体育会の上田監督の陸上部を思い出させてくれましたね・・。ジャージがこんなに似合う子も他になかなかいないよね・・

  その次がみゅーさん!毎週のようにせぶおだメンバーが出演してくれて、本当にFASTさんにはお礼の言葉を何度でも言いたい!!

『森田美勇人』 「7ORDER project」 仕事に迫る特別インタビューVol.1 | FAST

『森田美勇人』 素顔に迫る特別インタビューVol.2 | FAST

 みゅーさんのお写真は何よりもその動き、ファッションもお顔ももちろんだけれど、あの素敵なスタイルと、そして、その素敵な素材を動かす力の素晴らしさ。ひとつひとつのお写真が綺麗な形と、躍動感にあふれていて、本当にカッコいい。スタイルも、ファッションも、そしてダンスも全部が融合した凄いお写真だなあと。そして、「全力でやる」、「この人、この部分に命をかけているんだな」というみゅーさんらしい、全力を尽くして、物事を突き詰めてやる姿勢が、ストレートに言われていて、胸がドキドキしましたよ。ずっとずっとそうやってきたみゅーさんの姿勢をビジュアルと端的な言葉で見せてもらえて本当によかったですね・・

  良かったと言えば、ながつとみゅーさんにはもう一回特別編があって。それがまた素晴らしかったんですよ!

ながつ編・・ 

fast-tokyo.com

 ながつの特別編は、新作の絵を見せてくださいましたよ。ライオンのたてがみから広がる街並み。いつもそうだけれど、ながつの絵ってどうしてこんな発想になるんだろうってびっくりすることばかり。といって気取りや衒いがあまり感じらない、ながつのおおらかさが感じられるのが嬉しくて。今は楽しさが創作に全面的に出ている気がするけれど、インタビューで言っているようにメッセージを籠めたいと思った時にどんな絵になるだろうなあって、それもまた楽しみだなあ・・。

美勇人くん編・・・

fast-tokyo.com

 今回、安井くん、顕嵐ちゃん、ながつ、そしてご自分のスタイリストを務めた美勇人くん。まずはハンガーにかけられたたくさんの衣装を見る姿を見ることができたのが本当に嬉しかった。人から見られられない状況での「お仕事」をする時のお姿。その真摯なお姿や表情、そして気持ちが動いている時の雰囲気が漂うお写真がよかったなぁ。ここに掛けられた服は全部「私物」なのかな・・。そう思うと彼のスタンスが一層実感を伴って感じられる。

 そして、嬉しいことに4人のスタイリングについてのコメントも!メンバーがメンバーをどんな人間だと思っているのか、どう表現したいと思っているのか・・それが開陳される機会なんて本当に貴重で尊いなと。一番好奇心旺盛、夜の暗さに負けない強い赤、100%僕のスタイリングを着こなしてくれる、モードにもカジュアルにもどちらにも振れること・・美勇人くんならではの感性が美勇人くんならではの言葉で伝えてくれる素晴らしい企画でしたよ。対象をしっかりと知っていることがこのお仕事にどのくらい大事なのかも実感したんじゃないかな。これからみゅーさんはどんなふうにこの力を使っていくのかなぁ・・。きっと思いもつかない方向でまた表現してくれるんだろうなって思いますねぇ・・。

 最後に・・・またの機会を首を長くしてお待ちしています。本当にFASTさん、ありがとうございました!