ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

初めての7ORDER projectインタビュー

 5月22日に7ORDER projectが発足し、6月6日深夜のイケダンMAXに安井くんが登場してから、7ORDER projectメンバーのインタビューが色々な媒体で掲載されるようになってきました~。まずは、嬉しいことにTVLIFEのweb版で主にイケダンMAXの座談会が掲載されましたよ。やっぱりTV誌ってのが嬉しいですよね~、ってこんなに早くTV誌(web版だけど)に登場できるとはやっぱり思っていなかったなー。でも、3月31日以降ずーっと「思っていたより早い」を更新し続けるせぶおだメンバーですけれどね・・ 

www.tvlife.jp

  これから安井くんがイケダンに参戦するにあたってっていう感じでトークを進めていく7人。本当に懐かしい光景っていうか、全然最後のドル誌から10か月ぶりとは全然感じさせない彼ら普段の関係性が存分に表れていて。関さんをどういじるかとか、山本さん優しい&モテそうでのやりとりとか好きだなあって。あと萩ちゃんファンなので、安井くんへの信頼感200%な発言とか、ながつの奔放ぶりを「一応そこに柵はあるから」とフォローしてあげて「萩安は爆弾処理班」なーんて言ってもらえてたり、顕嵐ちゃんから「もっと自由にさせてあげたい」となかなか意味深な案件があったりとか、なんだか可愛がられていて嬉しかったですねー。

 さて、6月10日には、フリーペーパーTOKYO HEADLINEに2ページにわたってメンバー7人の座談会と新しいイケダンMAXのキービジュアルが掲載されました。すっごいボリュームでびっくりでしたよーー。その新キーヴィジュアルのカッコいいこと。ぜひぜ、公式HP見に行ってくださいね。

s.mxtv.jp

  そして6月11日、座談会の全文がTOKYO HEADLINEのHPに掲載されましたよ。東京近郊だけの配布なので全国のファンが読めるのは本当にありがたい~。またね、公式のトップページのいいところに 7ORDER projectメンバーのお写真があるのがまた嬉しいですね。

www.tokyoheadline.com

f:id:tanusun:20190612180505j:plain

  今回はイケダンMAXという番組の中での7人のよいところとダメなところをお互いに言い合うという企画で、どちらにしてもメンバーならではの一味違う視点がどんどんでてきて楽しくなっちゃうんですよねー。安井くんは加入したばかりということで、他の6人への「ほめ・ダメ」をざくっとまとめると・・・

  • みゅーさん:パセリ愛を貫いてて(萩)、いつでも気の利いたコメントがすっとでてくる(モロちゃん)だけどたまに斜に構えて「俺、森田です」みたいな辛辣なところがでる(安井くん)(個人的にはミスをずばっと指摘できるところもデキる彼らしくてすっごく好き)。
  • さなぴー:「俺はどんなに傷ついても立つ」と率先してメンバーをひっぱってくれる男らしさ(みゅさん)があるけど、普段はつまらなくもないけれど面白くもなく(あらんちゃん)、バーベキューの話に頼り過ぎ(安井くん)。
  • 萩ちゃん:羽目を外しすぎるメンバーのことを外に向かってフォローの言葉をいれてくれる(モロちゃん)けど、ヤバイところを隠してて(安井くん)、正統派ぶってるのがむかつく(モロちゃん)。
  • あらんちゃん:みんなが知らなかった凄いスキルを見せてくれた(安井くん)。けど、作ってる時のマジな顔だけじゃなくってもっと色んな表情を持っているんだからそれを見せて欲しい(さなぴー)。笑顔が見たい(ながつ)。そして、お前もギャグやれw(モロちゃん)
  • モロちゃん:ありがとう動画に感動した。イケダンはモロちゃんの勢いとマンパワーに救われている(サナピー)。番組中率先してギャグをやってくれる(あらんちゃん)、でも自分から行かないいじられ待ち(ながつ)、もっと自信があっていいはず。全然いい!(萩ちゃん)
  • ながつ:物おじしない(萩)、緊張がない(みゅー)、視聴者のように楽しんでいる(モロ)、ずっと笑顔でいるでもずーっとだからちょっと怖い(安井くん)。常識を超えた行動するのでおかしい人かと思った(萩)

 安井くんのMCもあって、するするとお話が進んでいくように見える7人。これはジャニーズJrのLove-tuneの時からそうで、お互いの長所短所とかもっと見たいところとかこういう役割ができるっていうのを7人がよくわかっているからなんだろうなあと改めて再確認しました。そして、今回も、そっから何を作ろうか、どんなエンタメをつくろうか、7人の力が一番発揮できるやり方は何なのか・・きっとあれこれ考えているんだろうなあ・・と8月からの舞台が一層楽しみになるのでした。なにせ、ちょっと距離を置きたいのかなあと感じていた萩ちゃんが「音楽も色んな形でやっていきたいしね!」と言ってくれているので・・。それにしても、イケダンで海外ロケなんて、本当にアイドルバラエティの王道じゃないですか、あー、見たい見たい、ワクワクしますね!
 では、長くなったので、まずはこの辺で。超豪華版の週刊女性のお話はこの後で!