ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

8月の前半誌をざくっと

 8月の前半3誌もありがたいことにLove-tuneの掲載がありましたねー。ひとまずは各誌の内容をざくっと書いておきます・・。

 D誌:なんとヤマジ先生の「テンパってるJ」にらぶが登場。本文内容の楽しいBBQの様子をとっても楽しく伝えてくれています。本文は、7人の夏の食べ物のお話と近況。1ページをとって7人のぎゅっと固まった素敵なお顔のグラビアがあるのが嬉しいですね~。そして、編集後記にもらぶの様子が。まさにテンよし、ナカよし、終いよしでした~。ここまではまあ嬉しい通常運転だった訳ですね・・でもあとの2誌にやられると・・。

 P誌:2組に分かれてのグループトーク。さなみゅながつ組が去年の夏合宿のお話。やすもろはぎあらが初めて7人の名前でライブをやった2年前のサマステのお話。ちょっとしたネタばらしをしてくれるのが嬉しくって、でも、過ぎた夏のことを思うとかなりセンチになっちゃいますねw。萩チャーハンのお話とかあらんちゃん布巻きすぎな話とかまたゆっくりとまとめたいなー。そして、それぞれの近況。モロちゃんがヒガシと達郎さんのコンサートに行ったってのはなにか新しい展開があるかな??あと、緑と白を基調としたグラビアがすっごくよくってねー。萩ちゃんが一番緑のTシャツを着てて、めっちゃ可愛かったですよ・・。

 WU誌:グラビアが「ひとりで過ごす夏休み」、7人でのグループトークは「結果、よかったね」という題で。座談会はみっちり2年前の4人から7人への変化を語ってくれています。ほんとね、ありがたい~。これも語りだせばきりがないくらいで、でも、だんだんとそれぞれのポジションや役割が出来上がっていって、萩ちゃんも一回りも二回りも深いキャラになっていったなーってつい振り返ってセンチになるという・・でも、さなぴがまとめてくれているように「この7人に出会えてよかったね」だし、7人がぎゅっと固まった顕嵐ちゃん誕生日お祝いのお写真にさりげなく添えられた「I finally found the invalauble place(私はついに貴重な場所を見つけた)」というお言葉がホントに嬉しいというか泣けると言うか・・。
 ・・・・そんな前半誌の内容だったんですけど、これまでを振り返るお話とか思い出話が多くって、やっぱり胸がきゅーっと締め付けられる訳ですよ。このところのお仕事がない期間がそういうグループの振り返りにもってこいの期間ではある訳だけれど、どんなお気持ちでお話しているのか、何も情報がない中なので、余計に胸がきゅーっとなるんですよね・・。個人的に思い出話って苦手な方で、えびさんの5starsのPVも見ると胸がきゅーっとするくらいなので・・。

  D誌の巻末のMyojo誌の予告にらぶの名前がないし、考え出せばついついと不安に駆られる今日このごろですけれど、他に今応援したいところがないのもあったり、このままゆるゆるとらぶとらぶめんの行く先に寄り添っていようと思う今日この頃です・・。さあ、Love-tuneの秋はどうなるのか・・。