ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

横アリの余韻冷めやらず

 あの横アリからちょうど2週間。まだまだいろいろと振り返ってしまう、それだけのボリュームと熱さと品質が揃った素晴らしい公演でした。早く、新曲supermanが少クラでお披露目されるといいなあ。あの曲はジャニーズJrの枠を超えた本当に素敵な曲なので、本当に早く聞きたいです。
 さて、その横アリで自分が予想外に感銘したのがSMAPのtriangelと関ジャニ∞の侍唄(侍ソング)でしたね。本当に心から撃たれてしまい、CDも買っちゃってこれまでになく聞きこんでいます。なぜまあ、こんなに感動したのか。そりゃもう!第一に素晴らしい曲だったこと。だいたいLove-tuneが持ってくるSMAP関ジャニ∞とキスマイには外れなしなのですが(アザサイ&象&MU-CHU-DE恋してるは別格ですが、アメディスと夕闇トレインとCrystal skyは何事か!レベルでした)、今回もまた一聴して凄い曲!とわかる曲を持ってきてくれました。

 また、曲のよさをシンプルに引き出すアレンジが自分の気持ちにぴったりで。triangelはまっすぐに歌い継いでいくスタイルで。冒頭の諸星くんの歌唱の伸びやかさと細かな表現はまるでSHOCKの舞台を見ているかのようだったし(モロちゃんのライバル役めっちゃ見たい)、全員が一列に並んで丁寧に力強く歌う様子はらぶの歌唱が一段グレードアップした感が本当にありました。そして、侍唄にスティールパン合わせるのを提言した人は誰ですか!サックス、ギターの3部演奏にアレンジしたの誰ですか?本当に素敵でした・・。オリジナルの熱さ切なさ(迷いなど生じないと歌うすばる君の歌が本当に強くて突き刺さる)に、不思議なドメスティックな暖かさを加えて、いっそう「お帰りって、君が笑うから、この時代を超えてゆけるよ」というサビの歌詞に包み込むような温かさを感じたのでした。

 一途に、ただまっすぐに約束の場所へ向かうという厳しさも歌いつつ、「お帰り」とまるで家族のように迎える暖かさもある歌詞。この横アリでもたくさん見せてくれた、そして最近の雑誌やデータブックでも見せてくれた、らぶの7人がいっそう一つに家族のようにまとまっていく姿を重ねさせてくれるようで、そこに強烈に引き付けられているのかもしれません。

   自分の志を達成しようとするのに、グループでいることに、このらぶの7人でいることに、本当に意味があるのか。本当にこの7人だからできることは何なのか。デビューという目標がすぐには見えず、今のジャニーズの時流にも(今は)乗っていないように見えるらぶとそのファンは、今、その一番の基本に立ち返っている気がします。メンバーそれぞれに個人でやり遂げたいことがあるでしょう。特にらぶには俳優で名をあげたい人がたくさんいる。俳優仕事には必ずしもグループがプラスに働くとは限りません(デビューすればたくさん機会があるということもあるでしょうが、もっと俳優をやりたい人たちだと勝手ながら思っております)。個人個人がまっすぐに自分の志に向かっていくこと、自分はあまり「正しい」という言葉は使わない人間ですが、これだけは「正しいこと」と思います。  

 ここのところのLove-tuneは、ステージでも、雑誌でも7人でいることを、7人での関係性を色濃くアピールしてくれているように思えます。横アリではいよいよリアルなバンドの響きが快くそれを待ち望むファンの声がは大きく、一方で7人でこれまで以上にしっかりと歌い、踊り、7人で走り回る仲のよさに心が沸き立ちました。最新の雑誌では色々とスケジュールいっぱいでみんなといない顕嵐ちゃんがメンバーに新幹線の車内の様子を送ってくれたりしているみたいです。もし、7人がそれぞれであっても、帰る場所がここだと思ってくれるとしたら、そこにメンバーと、彼らを愛するファンがいるから帰りたいと思えるとしたら、Love-tuneは何にも負けないグループになれるんじゃないかなあと、そして今のこの状態がそれを見つめる絶好の時期なんじゃないかと、思ったりするのでした。