ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tourに行ってきました!

 5周年記念コンサート、本当におめでとうございます!初めてのえびコンだったのですが、感想を本当にざっくりと。楽しすぎてあまり記憶が残っておらず、らぶ中心になるかと思いますがどうぞご寛恕いただければありがたいかと・・・・

 去年もLove-tuneがバックについたSLTコンの円盤やえび座ですっかりA.B.C-Zが好きになりFCに入会。運よくコンサートチケットも当たり、8月8日横アリ行ってきました~。当初の予定はらぶのコンサート予定とえびコンの日程がかなり被っていることもあり、バックにつかないんだろうなって思っていたんですが、その後風向きが変わってきて、大阪の初日、そして、横アリではLove-tuneがメインバックにつくことになったようです。本当にありがたいです! 本当にたくさんの出番、あんなに踊らせてもらって、あんなにバンドさせてもらって、特にFOからHWGの一番熱い場面の流れでは、メンバーとらぶバンドだけの構成にしてもらって、本当にえび兄さんたちに深く深く感謝です。

 会場は横浜アリーナ。3月のJr祭りの時にはセンターがメインステージで横長の配置だったのですが、今回はAパターンというのか縦長の配置。メインステージ、センターと、小さいながらバックステージの構成で、中央のメインステージから5本の、5色の直線の花道が出ていました。。自分の席はアリーナ中段の下手バックより。青(五関くん)と紫(河合くん)の間くらいでした。センターステージはかなり近くって感激。でも、その分、メインステージはかなり遠い。いつもの7倍の双眼鏡でお顔の表情がわかるかな?っていうくらいなので70mくらいはあるのかな?。いやー、Aパターンの横アリ、スケール感デカいわ~。今回はアリーナとスタンド席の間に立見もあって、メインステージ横にもあったから、そこもいいな~ってちょこっとだけ思ったですw。でも、3時間近いコンサートだとさすがに立見はつらいよね・・

 1.Reboot!!!、2.Take a "5" Train、3. ずっとLOVE、4. Walking on Clouds 2曲目にらぶめんや他のJrたちが登場。花道に広がって踊るのが壮観でした~。その間にえびさんたちはスタトロに乗ってセンターフロアを練り歩くから、もう目の置き場に困るったら。気づけば、青の花道の先っぽに美しい姿勢で踊るみゅーさんがいた・・。後姿だと、頭の位置とか、腰の捻り具合とか、両足の絡め方とか、ますます美しくって、見ほれてしまった・・。かかとの先までコントロールされた体のさばき、腕をやさしく内に引き込む動作のエレガントでエモさもあって、ホントに幸せでした・・
 そして、少し目を中央に寄せると・・はぎちゃんもいて、目線を下にやりながら、腕をしなやかにそして力強く使いながら踊る姿を存分に見ることができたました。・・っていうかいつの間にかはぎちゃんの踊るのを真似して踊る自分がいましたw。これは、スタンディングのライブや劇場ではできない経験ですっごく本当に楽しかったです、

 5. 05.SPACE TRAVELERS ~ 5 Rings ~ In The Name Of Love~誓い ~ SPACE TRAVELERS。リブートもだったけれど、このメドレーでものトランポリンを使ったアクロバットが凄くって。ステージの上段から背中から落ちて跳ね返って2~3m上の壇上にあがってすぐまた側転とか。えびさん5人が連続してトランポリンの技を見せていくのが本当にカッコよいというかただただ感動。例えば、塚ちゃんだけやってるってんじゃなく、他の4人も全員がやってるってのが凄いなあって。グループで一つのものを見せるのって、やっぱり基本だよなあって心にしみましたね。本当にコンサートの前半だったけれど、すでに元を取った!!っていう気持ちになりました。

 6. YOU ARE A FLYER、7. Dolphin 戸塚くんのソロ。この曲が新譜の中でもとりわけ好きでした。アコギの戸塚くんのバックには、ギターさなぴ、ベースみゅーさん、キーボードながつ、ドラムはぎちゃんのLove-tuneの誇るバンド隊が控えて。本当にシンプルなバンド構成でそれだけでもありがたかったですよ。でも、1番の途中で急に戸塚くんが歌えなくなって。その前のトランポリンの時も急に動きが止まっていたことがあったのであれ?調子が悪いのかな?って思っていたので・・。そんなときでもぐっと目を見開き、センターマイクに立ち向かう戸塚くんが凄かったです。
 またね、この時、戸塚くんを支えるらぶばんどが熱くて。戸塚くんの横で穏やかな笑顔を戸塚くんにむけるさなぴ。あの印象的なギターカッティングも素敵に響かせていました。丁寧丁寧に弾くみゅーさん。はぎちゃんはみんなを煽るように頭の上でスティックを打ち鳴らしていて。あわてず落ち着いてステージを支える彼らが本当に誇らしかったです。

 8. OTAGAI☆SUMMER!河合くんソロ。凄くカッコいい河合くんのムービーから始まったのですが、途中出てきた五関さんがめちゃめちゃいいキャラで!この後も、五関さんはさまざまなキャラで登場してどれも絵も言われない味があってまたファンになりました。そして、河合くんは水槽の中で歌う・・。いや、どうやってあれやってるんでしょ?9月からのジャニアイの記者会見でさなぴが水中バンドしたいって言っていたけれど・・もしかしてこれがヒントかな?。
 それにしても河合くんカッコよさ200%の曲。去年男SL BOYもだったけれど世界観の構築の緻密さが凄く好きだ~!

 9. Endless Summer Magic、10. Summer上々? あ~、みんなでわちゃわちゃしている!「楽しそうーー。でも、らぶいない~」って思っていたら、ルーレット係としてやっすーとみゅーさんが登場!やっすーがルーレット回して罰ゲームメンバーを決め、みゅーさんはハズレを引いた人にスモーク銃で煙モクモクの刑にする係w。罰ゲーム係って、みゅーさん、キスマイコンでもやっていなかったっけww。さて、今回のハズレは塚ちゃんと五関さん。みゅーさん、五関さんには気が引けるのかなかなか吹きかけられない。ぷしゅーとやってから何度もぺこぺこ頭を下げていて、めちゃ可愛かったです~。

 11. アツあつ!?夏フェス☆? うわっと正面のビジョンに塚リカちゃんが登場!もうねえ、これが可愛くって。本当に女子アイドル。もっとパロディっぽいのかと思っていたけれど、所作も、お話することも可愛くって、愛嬌があって、まずはびっくりでしたよー。そして、登場するイエローマッスルガールズ(YMG)。こっちも、ほんと女子だから!あらんちゃんキャシーの腰からヒップのほっそりしたラインとか、ながつレイチェルのへそだしの腰のラインのキレっぷりとか、さなぴのフヒャヒャヒャな軽いとことか、はぎちゃんジェシカの内股と柔らかそうな太ももとか、スズキのボッキュボンではじけるティとか・・ほんとにちょっとしたしぐさも女子。ジェシカの立ち方が、きゅっと内に膝がはいるのがほんとに可愛くって!塚リカちゃんがアイドル衣装を脱いだ時にその衣装をもらうんだけれど、ひざを内にいれながらきゅんとしゃがんでめっちゃ可愛かった・・俺の嫁と叫びたがっているんだ・・・。
 さてさて、YMGも素敵なんだけれど、その後の展開も本当に好き。塚リカちゃんを取り合うヤクザなハッシーとやっぱりヘンなドレッドキャラの五関さんの対決が見事で。毎年えび座をやるくらい、全員個人の舞台があるくらいにお芝居も得意なえびさんだけれど、こんな本気のコント(?)を見ることができたのは本当にお得!。またね、はっしーと五関さんが対決するときにかかるのが、Deliciousな訳ですよ~。蘇る応援屋。五関さんが演じる桂馬さんの戦いの曲。もうねえ、舞い上がってしまいましたね。いやー、これが全編もう一回円盤で見ることができると思うと本当に楽しみ~。ぜひぜひよろしくお願いいたします!

 12. Moonlight walker その後にすぐこのカッコいい曲ってのが痺れましたね。バックに、大阪城ホールでは5人だったけれど、今回はやっすーみゅーさんも入れて7人で登場したLove-tuneメンバーのハット姿がカッコいいこと。大人っぽい曲調で、曲のフルサイズでダンスをするのは、Love-tuneにはなかなかない経験だと思うので、本当にありがたいことだなあって改めて思う。センターのシンメでみゅうたろうだったけれど、そのみゅーさんの横にはぎちゃんがいて、結局そこばかりを双眼鏡で見てしまってましたよ。足を後ろに蹴り上げるようにして回す動きはみゅーさんが素晴らしくって。はぎちゃんもホントにかっこよかった・・。

 ☆MCタイム! ジャニーズからはセクゾの松島くんが見学。色んなお話が聞けましたが、松島くんが単独で出た最初のお仕事が河合くんと一緒だったあの本能Zだったそうでちょっぴり意外でした。デビュー組もなかなか厳しい。一方で、えびさんたちの外部仕事の共演みなさんがたくさんやってきてきていましたね。えびちゃんズーはよく見ているのでMCの鈴木拓さんが紹介された時はなんだか盛り上がってしまいました。その華々しさに、ジャニーズでデビューするってこういうことなんだなあって改めて思いましたね。そして、そんな方々の前で、Love-tuneも紹介していただけて、その上、「今度単独ライブをやるLove-tune」と河合くんが何度も言ってくれて更にありがたかったです。らぶが目指す未来のその姿をまた見せてもらったようなそんな気がしました・・。

 13. CALL(Love-tuneオリジナル曲)そして、そんな大観衆の前で演奏するのは、もちろんCALL。最近よく着ている赤のオリジナル衣装での演奏でした。メインステージだけでの演奏は、CALLが初披露された帝劇ドリボを思い出しました。そして、たくさんのお客さんが、えびファンの人も、サビのところの「Hey!」の部分で、ペンライトを振り上げてくれて。横アリ中に広がるペンラの波を見ることができたのが本当に嬉しかったですね~。ただ、個人的にはもっともっとパワーアップして欲しかった気がします。横アリの縦方向100mをぶち抜くパワーがもっと欲しい。もっともっとみんなを巻き込んでいって欲しいなあって感じましたね。

 14. Glory Days 15. Lily-White しっとりした曲からの一転激しいリリホワ。ここでなんとセンターステージにふぉ~ゆ~登場。本当に歓声が凄くて。もしかしたらこの日一番の歓声だったかもしれないです。さすが振り付けした福ちゃんがいるふぉ~ゆ~のリリホワ。ダンスが速くて正確でなによりデカいのです。新規なので、ついついSHOCKのダンスに似ているなあって、思いましたね。歓声もほんとに大きくって。あれはらぶにもらぶ担にも凄く刺激になったんじゃないかなあって思いました。上から目線ですみませんw。まだまだ頑張らないと!

 16. Whippy 17. Fantastic Ride 18. 今日もグッジョブ!!! 19. Mr.Dream 20. Fire in Love ひたすら踊っていた気がします。楽しかったー。五関さんソロのセットがヨーロッパの宗教画のようなスカイブルーで、天使の羽をつけて踊る五関マスターと、同じ色の衣装でところどころ羽をつけているらぶめんが美しかったです・・。はぎちゃんは腰のところに羽つけてましたね。肩に羽をいれていたのはみゅーさんだったか・・ホントに素敵でした・・。そして、新譜で一番盛り上がる曲Fire in Love。5色の炎が立ち上るセットが本当に凄い。そして最後にものごっつい爆音。本当にびっくりしましたw。

 21. 花言葉 22. Love To Love You その後、フロアを清めるかのように花言葉。バックにグレーの柔らかな衣装をまとった7人のらぶめん。ダンスも柔らかくって、情感があふれていて、本当に素敵でした。ここもみゅーさんとはぎちゃんが並んで踊っていて。その後に、はしソロ。中央ではっしーが歌いだして、メインステージでらぶめんが踊っていて、最後に合流する。SLTの時もそうだったですが、Love-tuneを従えて踊り、取り巻く中に立つはっしーが本当に綺麗で。自分と同じか、下の子達の中にいると、はっしーのまた別の美しさが沸いて出てくるような気がして。今回も本当に素敵でした・・。

 23. ドキナツ2017 24. テレパシーOne!Two! 突然のダンシング五関先生の振り付け講座。先日のはぎちゃんの振り付けなど足元にも及ばない高度すぎる難しすぎる振り付け。しかも長い。また、後関先生が「これだけ!大丈夫できる!」って軽く、冷たく言うのがチョー怖い。はぎちゃんの「大丈夫!みんなできてる!」がどんなに熱かったかをここで知るとはw。それにしても、ダンシング五関先生、本当に面白い。そして、みんなが楽しんだ後に、凄い振り付けのテレパシーOne!Two!。本当にえび兄さん達の体力はどこまでなのか・・・

 バンドインストゥルメーションからの25. A.B.C-Z LOVE 26. Finally Over 27. 僕らのこたえ~Here We Go~ その後、はぎちゃんのドラムソロをたたき出すわけですよ。でも、そんなに肩に力が入っていなくって軽がるとこなしているように見えるのが本当に凄い。そして、さなみゅながつにもろちゃんのサックスまで加わってのバンドインスト。なんだかもうこんな趣向ができるなんて、それも先輩のバックでやらせてもらえるなんて超感激なわけです。またね、各楽器の横にえび兄さん達がついてくれて。モロちゃんにはずーっと五関さんが傍に嬉しそうに見ていたのが印象的で、愛されている感満載でした。
 そして、最後の盛り上がりといいますか、FOからのHWG。えびさんたちは、センターステージで、でっかい星型のゴンドラみたいなのに乗って歌っていて。そして、メインステージでは、らぶのバンド隊だけがガッツンガッツンに演奏していて。頭をブンブン振って、熱いビートをたたき出すはぎちゃん。ナガツは左手で引きながら、右手で煽っていて、あぁこんなことまでできるくらい上手くなったなあって、凄く上手くなったなあって。さなぴもギターを何度も立てて熱く演奏している。とりわけ、FOのみゅーさんのはじけっぷりが忘れられない。マジもんのロックベーシストのヘドバンやリズム取りと、ダンスで見せたみゅーさんの上質な柔らかさと速さのダンス。これらが両立してるのがほんとに奇跡の領域になってると思いました。
 それこそらぶの前身の時代からずっとやり続けているFinally Over。つまりは、ある意味、らぶのバンドを育ててくれた曲で、それをこんな記念すべきコンサートで、ご本家と一緒にやらせてもらったこと、全面的にサウンドをやらせてもらったこと、本当に本当にありがたいことでした。。。

 28. Za ABC ~5stars~ さて、その後、新しいPVから振り返っていき、最後にたどり着いたのが、デビュー曲。いや、ホントに泣ける。素晴らしい演出。らぶめんは白いタキシードでバックでダンスをさせてもらって。デビュー当時のえび兄さんたちの映像も挟み込まれていたんだけれど、らぶめんの多くもこのPVに参加しているんですよねぇ・・って今のJrみんな出演ですけれどw。そんな中で、はぎちゃんが、その時と同じ、メインバックのシンメの位置で踊っていたのが本当に嬉しくって。またね、その対の位置に今、やっすーがいるのが更に嬉しくって。A.B.C-Zがデビューして、らぶめんたちにもいろんなことがあって、今こんな風にえびさんのデビューアニバーサリーに彼らがバックとして、グループとして登場しているのが本当にありがたいなあって思うのでした。本当にいいライブだったなぁ・・・。

 29. Shower Gate 30. Revolution 31. サポーターズ!~ABC~ さて、本当に揃ったアンコールのコールをえび担さんたちに混じってさせてもらって、素敵なアンコールタイム。ここでペンラ演出なんだけれど、17000人の横浜アリーナがいっせいに同じ色に染まっていくのが本当に素敵でした。少しほの暗いようなふわっとした色。河合くんの掛け声に併せていっせいに変わっていくのが素敵でした。ライブのマジックって同じ景色を同じ感情を共有させられてしまうそんな魔法で。見ている人間はひとりひとり違うものを見ているはずなのに、心の中に同じものが残る。そんな瞬間がここもあった。だから、自分はその瞬間を大事にしたいなあって思うし、それを一心に願って奮闘していた自坦がたまらなく愛おしいなと思う・・・。
 そして、弾けるRevolution!ここに来て、Jrもファンサ全開でほんと楽しかった~。最後の方で、はぎちゃんがJr祭りよろしくセンターの花道を気持ちよさそうに歩いていると思ったら、バック方向を向いて、両手で「こっちこっち!」っていうように手を振ったら、ながつ以下どどどどーって来て、ながつがはぎちゃんのお腹に飛びついていたのがめちゃめちゃ可愛かったなあ・・・。
 ラストがサポーターズ!~ABC~。あの応援屋の主題歌。もう全身全霊で歌わせてもらいました。みんなでやった「A!B!C!からのZ!!!」ホントに素敵だった。らぶめんの振りもすばらしかった。でも、歌っているうちに色んなことが思い出されて泣いた。あの歌詞あの歌にみんなで泣いた。素晴らしい夜でした。

 君をサポートしたい
 どんなに辛い夜も 涙が枯れ果てたとしても
 ひとりじゃない 忘れないでね
 あの日約束した未来まで
 今はまだ遠いけど いつか届く