ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

What's your name?

 7月15日の音楽の日2017ではA.B.C.-Zのバックにふぉ~ゆ~がつくというので録画していたのですが、その深夜の時間帯、もう眠いし明日ちゃんと見ようと、のんびりと他局を見るともなくうつらうつらしておりました・・。そしたら、急にTLが騒然としはじめたのです・・えっ?Love-tuneがいるって???

 堂々の生放送での演目は、えびさんお得意のワンカメショーで、Moonlight walker から新曲のテレパシーOne Twoのメドレー。えびさん5人がTVスタジオを練り歩いていく中でカメラさんが捉えたのは・・・

 さなPに叱られる駆け出しD風のもろちゃん。叱られる時は監督の教えを守ってニヤニヤしておりません~。そして、怒りのさなPのお口のカタチが決まり過ぎw。一瞬ですけど、きっちりと編成室のワンシーン。

f:id:tanusun:20170717224637j:plain

 編成室への珍客とカメラに驚く若い技術スタッフなのか赤毛のはぎちゃん。そして、向こうで小学生のようにカメラに手を振るのはアルバイトの大学生あらんちゃんか?可愛すぎる。にしても、はぎちゃん。一般人にしては実にばっちりカメラ目線w。

f:id:tanusun:20170717224656j:plain

 珍客たちを追いかける若手3人衆。かなりTVスタッフみたいです。でも、一番前の黒髪のイケメンぶりが隠せない。らぶの自慢の末っ子ながつです。こうやってみると本当にかっこいいです。はぎちゃんは忙しく駆け回るスタッフさんが足を引っ掛けないように、手慣れたコードさばき。生放送とは思えないくらいの、落ち着いた気の利く行動。いや、普段、少クラとかでも靴の紐が結べてない人と同一人物とは思えないですww。

f:id:tanusun:20170717224719j:plain

 そのまま編成室を出て行ったえびさんたちは、階段で可愛すぎるほど可愛いトラジャメンたちとのふれあい出会いを経て、スタジオの中へ。

 世を忍ぶ仮の衣装を一斉に脱ぎ捨てると、ほらめっちゃカッコいいえび兄さん!この早替え、本当に鮮やかでした~~。 

f:id:tanusun:20170717224801j:plain

 この後、ふぉ~ゆ~、トラジャ、そしてらぶも登場して、テレパシーワンツーの激しいダンスを踊りまくっていたのは壮観でした!ふぉ~ゆ~&トラジャのダンスの確かさ、華やかさは、こういうミュージカル仕立ての舞台では本当に映えますよね。嬉しいことに、えびさんからJrグループの紹介も!きっと、「あの子たちの名前は?」って聞きたくなっていたお茶の間のみなさんへの心配りですね!まずは・・

「ふぉ~ゆ~~!」

f:id:tanusun:20170717224840j:plain

Travis Japan!!」全員でくるっと一回転手からのTJポーズ、ほんとに鮮やか~。

f:id:tanusun:20170717224858j:plain

Love-tune!!!」うわーい、お得意のハートのポーズ!!。残念ながらやっすーとみゅーさんは映画ロケのため欠席でホントに残念でしたが、この可愛らしさ、イケメンさ。返す返すもアイドル的な愛嬌のある子たちだなあってさめざめと号泣しましたw

f:id:tanusun:20170717224911j:plain

 最後の最後までカメラを逃さずしっかりアピールするさなぴとながつ。めっちゃいい笑顔~~。このさなぴの手のひらの広げ方のきっちりさがめっちゃ好きです。

f:id:tanusun:20170717224925j:plain

 エンディングでは全員のいい笑顔の向こう。真ん中の奥の方で、はぎちゃんが梶くんの頭をなでなでしていたと思ったら、最後は超高速でパギってましたw。

f:id:tanusun:20170717224946j:plain

 でも、そんなパギちゃんもきっちりお片付け。信頼のバックJrなので当然です。その横でカメラアピールしてるもろながのカッコよさにも参ります。

f:id:tanusun:20170717225001j:plain

 聞くところによれば「音楽の日」のえびさんのワンカメショーは恒例とのこと。そこにお芝居には定評のあるメンバーが揃ったらぶが、背景的とはいえお芝居部分を担当させてもらえたのはとても嬉しかったです。ファンの欲目かもしれませんがw、自然でかつインパクトもあって素敵でした~。やっすーみゅーさん不在の中でも、きっちりLove-tuneとしての存在感を示すことができたでしょうかね?真夜中の嬉しい出来事で、A.B.C.-Zには本当に感謝感謝、また感謝なのでした。色んなところで起きているデビュー組とJrの一緒のステージ。生放送という技術を必要とされる中で、ふぉ~ゆ~、トラジャ、らぶとも、自分の持ち味を生かせる役割で存在感を発揮できてたのがよかったなあって思います。こんなステージもっともっと見たいですねー。できれば、次もお茶の間ライブだとほんとに嬉しいです!