ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

2017年5月少クラのLove-tune

 Jr祭り大阪があって、らぶクリエがあって、らぶの一周年を迎えて、濃密な時間を過ごした2017年5月。あまりに濃密でなかなかまとめられなかったのですが5月の少クラのらぶも簡単にですが振り返っておきたいと思います。

 まず、第1週。この日のCALLが凄まじかったのは前にも書きましたが、いつもお世話になってる屋良先輩のステージにはぎさなみゅのバンド勢が登場!プラスがきひろコンビにトラジャ弟組のダンスという豪華なステージでした。

 ここでみゅーさんがはぎちゃんから習得を示唆されていた5弦ベースを初披露。スタイリッシュにクールにベースプレイを決めていましたね。いやもうほんとに何でもどんどんやっちゃう人なんだなぁ・・改めて感動・・・・そして、感動と言えば、このさなみゅの衣装がカッコ良すぎません?チャコールっていうのかなモノトーンの深みのある色合い、単純な線を強調するデザイン。そこにものすごくロック感のある大きめのブーツを合わせているのが素晴らしい。ほんとこの子たちの佇まいをロック好きな人たちにぜひ見せたいと思いましたねぇ・・・ほんとーにカッコいい。

f:id:tanusun:20170527125417j:plain

 はぎちゃんジャケット姿。屋良くんに完全ソロでお名前呼ばれて、フレーズ叩かせてもらって、本当にありがとうございました。シンバルを手で持ってミュートさせながらのプレイがカッコよかったです・・、でも本当にはぎちゃん上手くなったなぁ・・。

f:id:tanusun:20170527125443j:plain

 トラ弟組のダンスも 異次元のキレで見たことない感じだったし、ひろみフィーチャーのコメディっぽいパートもあって、カッコよくって、キレッキレで、でもお笑いもあるっていうテンコ盛りのパフォーマンスでしたね~。らぶのそうだけれど、屋良先輩のステージもいつも何か新しいものを強烈な印象で見せてもらえるのがホントに楽しいんですよね・・。アーティストと言いたいくらい、これを見せてやるんだっていうのがあるステージな気がしました。

 そして、CALLの直後に1週目のED、セクゾのBAD BOYS。こちらもらぶバンドがフィーチャーですよ。こっちはながつと空男も一緒に登場で嬉しかったな~。一段高く、大きくなったはぎちゃんのドラム台の威力がものすごかったです。 

f:id:tanusun:20170527125659j:plain

 

 さて2週目。まずはWEST先輩とトラジャと一緒に、ズンドコパラダイスを~。赤の新衣裳のジャケットを脱いで、みんなノリノリでしたね!

f:id:tanusun:20170527125527j:plain

 やっすーとみゅーさんが小瀧くんや重岡くんと可愛く絡んでいたり、はぎちゃんがノリッノリッで暴れていたり。そんな風にドタバタで面白くやってても、やり過ぎ濃過ぎにならずにメインに花を添えているのがLove-tuneのバック仕事の強さかな~って思います。やっぱり可愛いは強いね~~。

 ながつがJrにQに呼ばれたりもあったんですが、後の出番は、エンディングのKeep on

のみでしたね。。。あのJr祭りのKeep onは白のタキシードがカッコよかったり、らぶ単独の出番もはぎちゃんソロもあって嬉しかったんだけれど、今回はなくて、最後の全体場面でのダンスだけ。ちょっと寂しかったです・・。

f:id:tanusun:20170527125721j:plain

 でも、こういう時のらぶめんの一人一人のダンスって凄く個性があって好きなんですよね~。あらんちゃんのしゅっとした感じのダンスがまたよかったですね。大きなアクションのはぎちゃんのダンスとは対照的。トラジャっぽいっていうヤツかな?

f:id:tanusun:20170527125826j:plain

 それにしてもはぎちゃん、新衣裳のこの赤のストールが殊の外好きみたいで、びゅんびゅんたなびかせていましたね!。個人的には大好きなのでもっとやって欲しいですw。

 さてさて、こんな風に与えられた出番でしっかりと爪痕を残しているLove-tuneでしたが、一方で出番がもっと欲しいという気持ちになったのも確か。クリエの演目でもMoonをはじめとして、らぶのやっている新しくて面白いパフォーマンスをもっと見たい、もっとたくさんの人に見てもらいたいと更に思いを強くするのでした。最後に、そんな時にどうしたらいいかを具体的に教えてくれる、後押ししていただけるブログ記事を張っておきたいと思います・・。

l0uk0v0s.hatenablog.jp

guru.hatenablog.com

 ハガキでもネットでも、自分がやれることから、やれることだけでもやれたら。少しでも声を上げていけたらと、ひとつひとつLove-tuneを推していこうと気持ちを新たにした2017年5月なのでした。