ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

Love-tune1周年おめでとう!

 2016年5月21日のシアタークリエで安井くん真田くん諸星くん美勇人くん萩谷くん顕嵐くん長妻くんが一緒にステージを踏んで、7人のLove-tuneが始まってまるっと1年。とにかく濃密に常に斜め上に進化してきたらぶとらぶめんたちに心からありがとうとおめでとうを何回でも、何百回でも言いたい、言っちゃう!!!!!
 この1年で思ったことはほとんどこのブログに吐き出してきたのでw、もう本当に言うことはないのだけれど、この7人のLove-tuneを見てきて改めて思うのは、彼らがらぶという生き物を、そしてそれを作り上げる7人を決して焦らず、ゆっくりゆっくりときちんと育ててくれたこと。そこが本当に凄いなと思う。
 CALLがその典型だと思うけれど、あらんちゃんのめっちゃカッコいいロックな叫び、もろちゃんの客席の身体を完全コントロールする煽り、そしてながつの空男でバンド×ダンスをステージいっぱいに展開していくこと。お客さんを音で乗せ、声で乗せ、目で乗せ、リズムとダンスで乗せていく。じっくりじっくり要素を増やし、曲を熱くし、どんな大アリーナでも、どんなお客さんでも、CALLの演奏中にはみんな一斉に乗せえられてしまう空間を作り出せるようになってしまったらぶ。7人の力を、それぞれだからできることを時間をかけて積み上げていったらぶ。
 最近、よく聞くようになってきたメンバーの困ったとことか、弱みだとか聞くものすっごく好きなんだなー。やっすーがどうしてもイジリがちとか、さなぴの熱過ぎて夜中にメールとか、もろちゃんの人目を気にするとことか、みゅーさんのグレ期とか、はぎちゃんのぷんすこ&萩谷様とか、あらんちゃんの大遅刻癖とか、ながつのみかん食べ過ぎとか・・みんな少しずつ少しずつお互いを理解して、わかりあうように、相手に合わせたり合わせなかったり、自然とできるようになっているのかな・・なんて。ほんと可愛い人たちだし、可愛いグループだなぁ・・。
 今日、この1年の少クラのらぶを見ていたんだけれど、あの7月第1週のファイアビの翌週にえびさんのRevolutionをやっていて、そのバンドにながつがいた。きっと初めてのキーボードがこの曲だったんだな、すっかり忘れていたけれど。クリエの最後の方にこの曲があったのは、それもあったのかもしれないなと・・そしてこの歌詞。

 「悩み、惑い、どんな痛みも、いらないものは、なかっただろう?。

  逃げ出すな、起こせRevolution!Yeeeeeh! 

  駆けあがれ、越えてやるんだ。

  問いかける声、何度も振り返るけれど引き留めるのは紛れもない臆病な自分。

  試されるMind!立ち向かえFight!勝ち取れよSmile!

  キレイゴトより夢並べてTry!胸を張って」

 本当にこの歌詞は、まるっとこの1年のらぶだったなあと、そしてそれを応援している自分だったなと・・。もっと早く教えて欲しかったよ、こうだから大丈夫だって(笑。すべてはきっと最初から上手くいくようにできている。色んな悩みや苦しみもあるけれど、まだまだ夢の途中で、涙もいっぱい流すこともあるのかもしれないけれど、きっと前に一歩また一歩踏み出していく、そんなLove-tuneなんだろうなと、新しい1年をまた迎えたのでした。楽しい1年になりますように!