ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

DREAMIN'!!(2017年4月14日のザ少年倶楽部のLove-tuneその2)

 さてさて2017年4月第2週の少クラ。出番はOPの心の鏡、楽屋訪問、えびさんバックのDREAMIN'!!、JrにQにやっすー、そしてEDのCan do! Can go!でした。OP、EDとも時間が短くってちょっと悔しかったりもするのですが、DREAMIN'!!があんまりに可愛すぎて案外と満足度が高かったです。

 さて、SLTコンでも可愛いと大評判だった>DREAMIN'!!。少クラでもLov-tuneバックで再現していただけるとはありがたい限りです。2番から登場したらぶめん、えびさんたちをぐるっと取り巻いての盆踊り行進。コンサートと一緒で嬉しくなります~。
 ブレイク部分のアクセントが7人7様でじっくりと一人一人味わいたいところですね~。一人一人の個性がダンスや動きに表現されてて、そこも好きーーtってなりました。はぎちゃんははぎちゃんらしく、バキッと強めにカメラ目線するようにアクセントいれていました。

f:id:tanusun:20170424221649j:plain

 バックのダンスになるとやっぱりもろちゃんやみゅーさんのダンスのカッコよさが際立ってきますよね。綺麗な線でシンプルにくっきりと。このもろちゃんの形の決まり具合惚れ惚れしますね~。でも、ながつの大柄なダンスも可愛いよ~~。

f:id:tanusun:20170424221702j:plain

 動きが決まると言えば、さなぴのこの指さしの決まり方。ほんとにカッコイイなぁっていつもため息だし、ほんとに明るくて嬉しそうで。えびさんと一緒の時のさなぴの笑顔って本当に好きなんです~。らぶには許す限りバックもやって欲しいですねぇ。ホントにほっこりするものー。

f:id:tanusun:20170424221630j:plain

 あらんちゃんは動きにしなやかさがあって、ホントに澄んだ表情で綺麗でした~。今回、割とほわほわカワイイ系で踊るメンバーが多い中で、あらんちゃんはとってもエレガントに踊っていましたねーー。

f:id:tanusun:20170424221719j:plain

 やっすーのお手振り部分。やっすーのダンスって基本癖や雑味がないイメージ。楽しいダンスも、色っぽいダンスも、ギラギラダンスも「ちょっと濃すぎて・・」というのが全然ないんですよね。でも、はっと目が開く、ピュアな味で目が見開く、そんなやっすーのダンスでした。

f:id:tanusun:20170424221730j:plain

 うわー。画像きちゃなくてすみません。真中のみゅーさんにご注目ください。後ろに両手を倒してくるっと前に返す時に、みゅーさんだけ右手首と左手首に違った動きをいれていて、芸が細かいのが痺れました。全体的にすらーっと綺麗な姿勢で、あんまり余分な動きをいれないオーソドックスさを守りながら、こんなところでキメてくるのがニクイーー。

f:id:tanusun:20170424221745j:plain

 さてさて、エンディング。ここも7人7様のポーズで可愛い。さなぴめっちゃ可愛いんですが・・・河合くんが仕込んできしたよ。そして、そのパートナーはいつでももろちゃんなのが嬉しいです~~。

f:id:tanusun:20170424221816j:plain

 他のらぶめんは最後に気付いたのかな。マジびっくりしてて(そしてあらんちゃんは気付いてなさそうで)、そこも可愛かったですねーー。

f:id:tanusun:20170424221828j:plain

 いやいや、前週のFanally overもそうでしたが、バックでもカッコイイ、可愛いと強い印象を残せるLove-tune強いな~って思いますし、それをフィーチャーしてくださるABC-Z。本当にありがたいと思いますねぇ。

 EDのきゃんごーは、とらのダンスがめちゃめちゃカッコよくって。きゃんごーですら、まだまだ展開できそうなとらのダンスに心ふるえました~。一方、らぶは今年は割と賑やかし部隊の動きで、去年までのがっつりダンスからちょっとモードが変わっていますよね~。がっつりダンスを映してもらえるすととらのカッコよさに痺れながらも、これって、去年のすのすとの役割を今年はらぶに回ってきているんだね~って感じております。

f:id:tanusun:20170424221839j:plain

 他にも、すとのアメージングやすののブランニューワールドっていう大ネタが素晴らしくって、羨ましいなと思うこともあったんですが、バックはバックで味わいあるし、そこでしか得られない技術とかあるし、先輩グループとの絡みも嬉しいし、できれば両方見たいですよね。少クラの限られた時間の中でそれはどうしたらできるのか、新しい展開はないのか・・色々と考えますよね。でも、やっぱり去年の4月よりは充実感ややれていることは段違いだし、その一年一年を、一歩一歩を大切にして、2017年度も一杯夢見ていきたいなぁと思うのでした・・。