読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

圧倒される(2017年3月1日の少クラのLove-tuneその1)

Love-tune 少クラ

 2017年3月1日水曜日。ここしばらく退所の噂のあったトラジャの仲田くんのデータがジュニア情報局から消えた。らぶとトラジャには色々と繋がりがあったり、何よりジャニアイが始まって、はぎちゃんが仲田くんに肩甲骨マッサージしてもらったり、一緒にカラオケ行ったりなど、とっても仲良くしてもらっていた。本当に頭の下がる思いだった。個人的にも、このブログに始めてコメントをしてくださったのが仲田坦の方だったしその人のブログが大好きだったし、視線泥棒特性が高い人を本能的に好きなので、仲田くんは本当に気になる存在だった。というか、えび座のお芝居も、少クラの優馬くんのFeeling me softlyのバックダンスで最後優馬くんのお腹のあたりをふっと押す振りの大人の色気が大好きだった・・。

 でも、仲田くんの退所の報を聞いても哀しいというより、喪失感を感じるというより、Jrの怖さというものよりも、その綺麗な、綺麗な退所のあり方-おそらくある程度前から準備していただろうし、それを周囲の人々もちゃんと知ってきちんとお別れしたのだろうという様子-を見て、彼のこれからにかける思いのポジティブさや思いの強さを感じて圧倒された。そして、彼のこれからを応援したいという気持ちに一杯になってしまったのだった。ファンじゃないからお気軽よね・・と言われたら返しようはない。でも彼の去り方はもっと大事なことを伝えてくれているような気がする。このあたりは、応援屋ディスクを見てから、他にも退所したと言われているたかよしくんなどのことも含めて、もうちょっと気持ちを整理したいなぁと思っている。

 そんな中、2017年3月の少クラ第1週のLove-tuneはトラジャとのコラボナンバー、HEY!SAY!JUMPの「RELOAD」をぶっこんできた。みゅーさん、のえるさん、そして仲田くん不在。そんな中での両グループのコラボ。凄かった。息をのむと言うのはこのことだった。まずはその圧倒された思いを書きとめておきたい。

 黒のスーツに身を包んだLove-tune、白のスーツのTravis Japan。さなぴが情熱的なギターをかきならしなし、二つのグループが対決するかのように、あるいは協力し合するかのように、次々とフォーメーションを展開するダンスを繰り広げていく。精緻で、でも情熱的で、オリジナリティにあふれていて。この子たちがこれだけのことができて、これだけ息をのませるパフォーマンスを観客に見せられる。アイドルの華やかさも、パフォーマーとしての技術の確かさも両立させているステージ。ファンはこの事実ををもっときちんと受け止めて、この幸せを考えることが本当に大事なことなんだと思った。こいつら強い。このとららぶだけじゃなく、きっとJrの、Jrにいたみんなが強い。そしてもっと行けるんだ、前に。

 らぶに限って言えば、Love-tuneという名前をもらって、最初に披露されたHevenly psycho&キッス魂からほぼ1年。あの時だって、その斬新さに本当にびっくりしたけれど、その後も、ずっとずっとびっくりさせられる、感心させられる、そして可愛いと夢中にさせてくれるパフォーマンスが続いている。なんだろうな、なんだろうな、なんだろうな・・・どうしてこんな凄いもの作ってこられるんだろう。ずっとだよ1年ずっとだよ。どうやってこの1年を過ごしてきたんだろう。そこのネタばらしを少しでいいから知ってみたい。今回は、このギター曲をもってきたのが最大の勝因。JUMP坦の人曰くあまり知られている曲ではないらしい。でも、あんまりにもかっこいい。きっと、楽器を弾きながら踊れる曲を丹念に探しているんだろうなぁとため息をつく。

 ダンスやフォーメーションの細かいことはまたじっくり書きたいけれど、ほんとトラジャと一緒にさせてもらってホントによかった。特に、今日のはぎちゃんのダンスは凄くよかった。なんか安心できた。いい感じで力抜けてきた。ドリボ⇒ジャニアイの成果もあるだろうし、とらと一緒だから、すっごい練習したんだろうなと思う。本当に、超みんな刺激受けてたと思う!!欲目で言わせてもらえば、らぶって、他のグループから刺激受けるの凄く上手い、いつも化学変化が起きるんだよなぁ、思えばすの時もそうだったなあと思う。

 それでもやっぱりLove-tuneっぽいところはたくさんあって。Xフォメで、黒のらぶめんが手を挙げてるとこのタメがらぶっぽいなぁって。見栄を切っていく感覚って言うのか・・どこかガツッちからいれていくところがあって、どこまでも滑らかなトラジャとは対照的だったと思う。でも、さなぴのギターの使い方は斬新だった。こんなの見たことない。ギター弾きながら、斜め後ろにステップ踏んで、フォーメーションやってくさなぴ天才だなぁって思った。ハットがカッコよかったあらんちゃんがちょっとだけはっしー味が乗ってる感あった。色んな色気のコンデンスミルク状態で頭くらくらした。やっすーの歌が超上手かったし、ながつはホントにスタイリッシュだったし、もろちゃんはみゅーさんいないなかきっちりダンスリーダーでセンター務めてたし、あ~カッコよかったんだよーー。

 こんなクール&スタイリッシュなのに、オープニングでは6人でみゅーさんカラーの黄色の衣装で出てくるし、やっぱりらぶ最高かよ・・ってことで、次回に続きます~。相変わらず中身なくてごめんw