読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

2017年2月1日少クラのLove-tune

 あっという間にジャニアイも終わって2月に入りましたよ。おまけに1日から少クラが始まったものだから時間の加速度感ったら凄いものがあります。さて、そんな2017年第1週目のLove-tuneの出番は、オープニングメドレー、キスマイ先輩の「We never give up!」、もろちゃんが屋良先輩の「Misty」のバックで踊りまくり、座りトークコーナーでやっすーがゲストにお呼ばれ、そしてJrにQの張り紙での参戦でしたww。ざくっとふりかえっておきます~。

  • オープニングのメドレー。これまで以上に短くない?。時間にして30秒ほど。でも、キビキビとキレる腕の振り上げやターン。弾むステップ、きりっと回す手くび。リズムに乗ってぐっと力を入れる動きが次々と出てきて、らぶらしいなぁって。らぶって、ストロークの時間が短い中でのリズムを細かく刻んでいくような動きをキビキビとやるの上手いよねぇ。なんとなくだけれど、すのとらすとらぶで、Jrの子のダンスの延長線味が一番あるのはLove-tuneのように感じるんだよね。カッコよさと可愛いがが両立してるところがほんと好き。
  • キビキビなダンスのあらんちゃんが可愛くってね。なんか凄く目についたのよー。本編すたんだっすたんだっすたんだっのところの膝の動きがキレッキレなのとか、エンディングのところでの、やっすーのアップの時にしゅっとお顔を出した時にパチンとカメラ目線してくれたのとか凄く好きだった!。
  • そんな訳で、やっぱりうエッジの利いたものが好きなんだなぁと改めて思ったんですけど、メドレーの最後の全員で歌うところのフィニッシュがらぶめん最後まで気を抜かないで、綺麗に腕をまわしていくのがカッコよかったな、そして、終わった後もそれぞれにフィニッシュポーズ。はぎちゃんもがっつんがっつんで、はぎちゃんで好きだった!
  • とらかららぶへの以降の時に、みゅさんのらぶのセンターにぱちっという感じではまったのがホント、カッコよかったんだよね。とらめんのカーテンがしゅーっと開いてらぶ7人が登場する時の驚かせてやるぞ感といいますか。ひとりだけお衣装も違うから、なおさら特別感があって、ジャケットの輝きがみゅーさんの輝きとなっていたなぁ。たぶんね、とら→らぶだからできたことかなと。異質なものを異質なまま組み込んでも大丈夫なとこがらぶにはあるなー。
  • さて、屋良先輩のスペシャルコーナー。ひろみも一緒でなおのこと嬉しいし、SHOCKから文一くんとてらちゃんがやってきて、がっつんがっつんの歌と4人のスーパーダンスを披露してくれて凄くよかったなぁ。たぶん、文一くんのパフォーマンスを見るのは初めてだったけれどあまりのお歌の上手さに舌を巻いた。基本、関西の人ってフツーに歌がうまいのが凄いよねぇ・・・。
  • で、てらもろですよー。もう、突然のクロスハートロスに襲われる自分。だってだって、しぇんぱいともろちゃんvs文一くんとてらちゃんで対抗的に踊るから、もうヤラモロのリベルテ派再びなんですもん。またね、もろちゃんが鏡のようにしぇんぱいを映すように踊るんですよ~。あそこのふたりの動き。SHOCKがあって、そしてクロスハートがあって、今、ここまでのカンパニーになってる。そう、あのステージのカンパニーさ、そこが痺れましたわ・・・・。
  • もろちゃんのダンスも最近ガンガンと伸ばしてるバレエっぽいエレガントなターンとか、腕の使い方とかも見せてくれたし、いつもの腰と腕を回しこむような動きもぐっと奥行き感を感じさせるカッコよさだったし、ちょっとしたマイムの面白さというか存在感が凄くて、ほんとね素敵だったんですよ。もろちゃんのワルツ―ワルツ―と言ってた気持ちが少しだけ発散できた~。そして、てらちゃんも動きに芯ができてて、より立体感があるダンスになってたな~と思う。ほんとヤラカンパニーよかったわ!
  • あと風磨、はっしー、小瀧くんの座りトークにやっすーがゲスト出演。JUMPの岡本圭人くんとお友達というまたまた謎の深い交流網を披露していたのでした。いやねぇ、ほんと凄いよね、やっすーは。
  • そして、JrにQの回答は、やっすー「ファンのみなさま♡」、さなぴ「メタル!」、もろちゃん「素潜りで漁を見る」、みゅーさん「シャワー♡」、はぎちゃん「一周回ったとき発動」、あらんちゃん「♪好きな曲を聴く♪」、ながつ「常にやる気MAX」でしたねー。いや、さなぴのメタルとかめっちゃ話が聞きたいわー。きっとエアギターバンバンでやってくれるに違いないと。そして、はぎちゃんは謎なのでぜひ呼んでやってください。よろしくですーー。

 そんな第1週でした。来週が本番だけれど、やっぱりもっと時間が欲しかったな~ってのが本音かな。でも、ハイハイよりも若い子も出てきている。ソロで活動してる先輩方も登場するようになっている。まだまだJrには少クラでてない子やグループもたくさんある。そんな中で、もっとらぶだけの時間を長く欲しい。闘って、勝ち取る気概も大事だけれど、やっぱりもっと時間と空間をゲットする別のやり方を考えていく時期になってきているんだろうな~って思うのだった・・・・。って来週はぜんぜん感じ方変わるかもしれないけれどねwww