読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

ジャニーズ楽曲大賞に応募してみた新規ですが。。。

ジャニーズ Love-tune

Love-tuneを応援して初めて約1年(色々と語弊があるかもしれないですが、まいいでしょうw)。初めてジャニーズ楽曲大賞に応募してみました~。と言ってもちゃんと聞きこんだ2016年の発売のパッケージが2つ(I SCREAMとSLTコン)だけなので、いいのかなと思ったんですが、ええい応募してしまえとw。どーんと行ってみましょう。とにかく新規です。ほとんど曲知りません。お手柔らかに・・

 

楽曲部門 1位 「花言葉A.B.C-Z

メロディが美しくて、5人の声がきちんと聞き分けられるのが好き。カラオケで歌うと実感するのだけれど、ABC-Zの曲は簡単そうに見えて難しい。その典型みたいな曲。個人的には歌詞が砂のグラスの続編みたいに聞こえて、そこも泣ける。ダンスも、ゆっくりな曲調の中でのメリハリが効いているのもよかった。なぜか、この曲で、五関さんってダンス上手いなーってなぜか思ったのだった。

楽曲部門 2位 「Gravity」 Kis-My-Ft2
思えば、藤ヶ谷くんのMARSを見始めたあたりからどっぷりJrにはまってしまった気がする。このドラマの最初の頃の主題歌がなぜかレベッカのフレンズで、ファンでもないになぜか悔しくて、初めてドラマのエンディングでこの曲が流れた時にあーかっこいいなぁって拳を握りました・・。曲も歌詞もダンスも全部カッコいい。カッコいいの塊。ドリボのショータイムでLove-tuneが一緒に踊らせてもらったので、少クラでもぜひやらせてもらえると嬉しいなぁ・・・
楽曲部門 3位 「Crazy about you」 A.B.C-Z
SLTコンディスクで初めて見たはっしーソロ曲。胸がかきむしられるようなはっしーらしい素敵な曲。これもやっぱりらぶのバックダンスが素敵だった(盲目ファンですw)
楽曲部門 4位 「MU-CHU-DE 恋してる」 Kis-My-Ft2

今年一番カラオケえで歌った曲。可愛くて、メロディラインがステキで、カラオケで歌うとちょうどいい。とにかく体になじんでいる曲なのではずせない。

楽曲部門 5位 「NOROSHI」 関ジャニ∞

イントロの大倉くんのドラムのカッコよさは格別。キスマイの新譜も話テイストの曲がカッコよかったけれど、やっぱりバンドだとまた素晴らしいと。

 

未音源化部門 「CALL」 Love-tune

こんな素敵な曲がLove-tuneの初のオリジナル曲になるなんて嬉しくて幸せで。まあ、ファンなので何を言ってもというところはあるのですが、ひとまず理由を。バンド×ダンスの新境地を開く曲。複雑な構成とキャッチーなサビを両立させてる。歌詞もジュニアならではの焦燥感と切なさも響かせつつも、圧倒的な闘う意識に溢れいる。何より、聞くと本当に自分も闘おうという気持ちがガンガン湧いてくる。聞き手の心をかきたてる歌の力に溢れた曲。・・いやほんといい曲。

 

MV部門 「Gravity」 Kis-My-Ft2
真正面から7人のフォーメーションダンスを存分に見せてくれたカッコよさ。正直、楽曲でも花言葉と並ぶくらいだったのでこちらで。ちなみにキスマイI SCREAMは2016年に一番聞いたアルバム。夏に東京から高知まで車で往復したのだけれど、ひたすらこのアルバムをかけ続けてましたね。本当にするめアルバム。
 
現場部門 ジャニーズ銀座 2016 【C: 安井謙太郎/森田美勇人/萩谷慧悟/真田佑馬】

Love-tuneの初ステージ。私は行ってなかったけど、行かれた方々のライブレポがほんとに素晴らしくて、ステージと客席の一体感が本当に素晴らしのが読んでるだけで伝わってきて。実際に行ったEXのサマステもドリボも想像以上にLove-tuneのライブは素晴らしかったけどやっぱり最初だからね、伝説になってしまいそうだからこそ、覚えておきたいなと。

 

ベストバイ部門 A.B.C-Z Star Line Travel Concert
このABC-Zのコンサート、ほんと良くって。いい歌をたっぷり聞かせてくれて、カッコいいダンスを存分に見せてくれてくれいる。もちろん、外周や花道を走ったりフライングなどのジャニーズらしい演出もしっかりあるし、個性豊かな5人の息のあった掛け合いも楽しめるんだけれど、何より歌とダンスの部分の満足感が大きくて、「あぁ、ほんと良いコンサート見せてもらってる」としみじみしちゃって。生の音楽を体験することの楽しさがちゃんと伝えられているところが強いなと。全員そろっての曲ももちろんいいのだけれど、個人ソロがとってもよい。5人が表現したい世界がちゃんとあって、それが自分たちのからだで表現できてる。その面白さ、凄さがあったように思った。メインバックを務めたLove-tuneもそれぞれの世界観(塚ちゃんのには出演していないけれど)を作り上げるのに全精力を傾ていることがが殊のカッコよかったなぁと。
 
担当アンケート 萩谷慧悟
一年間ほんとにドラム頑張ったねー。NHKホールで披露した初めての生ドラムの演奏。オリジナル曲でも生き生きとドラムを叩いてて。1年でこんなに成長したドラマーも珍しいんじゃないかと親バカと言われてもやっぱり大声で言いたい~。時にはがむしゃらに、時にはカメラ目線ばっちりのアイドルドラマーとして、2017年もLove-tuneを支えていってくださいね。