読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

The tune of Love&Peace(2017年1月4日少クラその1)

 皆様、今年もよろしくお願いいたします。2017年がLove-tuneにとって更なる飛躍の年になりますように!

  Love-tuneの新年1曲目はTOKIO先輩のLOVE&PEACEでしたよ。もろちゃんがいなくてずっごく残念だったのですが、待ちに待ったみんな揃ってのバンド曲。それも生音ガンガンらしいじゃないですか。半年以上夢見ていた日がようやくやってきました。一方で、昨年12月くらいからの色んな音楽番組でTOKIOのバンド新曲をずっと聞く機会があって、そのゲロカッコよさに打ち震えてて・・・。デビューしたての頃のTOKIOのバンドしか記憶がない自分にはもう目から鱗状態で反省状態だったので、どこまでできるのか・・・いや結成20年のバンドを基準にしてもしょうがないじゃん・・みたいな過保護親状態でOn Airを待っていました~。

  「俺たちとみんなで愛と平和の旋律奏でようぜ!」というあらんちゃんの煽りから始まったこの曲。見終わった後の感想はまず「カッコ可愛いバンドって最高じゃないですか!」ってことで。しっかりバンドやりつつも、6人がめっちゃ可愛くって。冒頭のやっすーあらんちゃん背中合わせ。やっすーを背中で押すあらんちゃんのいたずらっ子的な笑顔とそれにあたふたしてるやっすーの笑顔がもうカワイイ。キーボードのところに行ったみゅーさんが一生懸命ながら元気な笑顔をふりまくながつにふっと優しげな表情で見るとことかもうほんとピースフル。がっつりバンドの音を支えつつも、カッコ可愛いカメラアピールもちゃんと見せてくれるさなぴとはぎちゃん。短い時間の間に愛おしくなるものが一杯詰まってましたよ!

 もちろん可愛いだけじゃなくって演奏の部分でも着実にカッコよくなってて。みゅーさんがさ、イントロのとこでリズムを煽るように足ふみしながらベース弾くのがベースプレーヤーっぽくってカッコ良すぎてしんだw。後、イヤホンで聞くとよくわかるけど、ベースがメロディアスによく動く曲なんだけれど、ばーんと広いフレットの移動のあるソロっぽい部分とかカッコ良すぎてまた死んだとww。

 ながつのキーボードも安定感増して、カメラさんが弾いてる時の手元ちゃんと映してくれてたよね。長い指が綺麗だった!最高だった~。さなぴのギターソロ(っぽいの)とはぎちゃんのドラムの掛け合いのとこのノリ方というかガツーンと盛り上がる感じ、すっごくカッコ良かった!!1年前の明日へのYELLあたりも上手かったけど、ほんとにこの1年で上手くなったなぁって。あらんちゃんもきっちり弾いて、それでウォーイと大きな身振りのシャウトも入れて、その動き一つ一つが瑞々しくって・・・。やっすーも自由に飛び回って、そして真ん中分けのお顔がやっぱりもろちゃんで、これはやっぱり狙っているんじゃないかと・・。

 一番嬉しかったのが、最後のサビの部分で、さなぴ⇒あらんちゃん⇒みゅーさん⇒はぎちゃんとカメラが映ってくんだけど、みんなそれぞれに特徴はあるけれど、ステップの踏み方というかリズムが一緒のところで。同じグルーヴに乗って同じ曲を奏でて、それを繋いでひとつになってんだよなーって。誰の立ち位置がどうとかこうとかじゃなくって、全員が別々の役割を果たしながらもひとつのものを作り上げる瞬間。バンド曲ならでこそだと感じて涙出ましたね。

 選曲もよかったよね。LOVE&PEACEはこの日の少クラのテーマでではあったんだけれど、王道アメリカンロックみたいなじわっとしたテンポの中に、ホーンやベースの動きが豊かなノリのいいところもあっていい曲だな~って思ったなー。初めてのみんなでのバンド曲。しっかりがっつりやれて、ちゃんと可愛いところもアピールできて、そういうらぶが凄く凄く好き。演奏力はまだ当然これからだけれど、ノリも可愛さもあるアイドルバンドとして先輩たちのバンドにいつか並べるといいねぇ。ようやくそっちの方面でも一歩が踏み出せたね~って、ホントに嬉しい2017年最初の曲でした!