読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

クロスハート2回目見てきました~

諸星翔希 Love-tune

 21日に初日ぶりにクロスハートの昼公演行ってきました。いい意味で初日とあまり変わらない印象で、初日の完成度の高さを改めて感じました。お芝居は生ものではあるけれど、内容がどんどん変わって行ったり、出来不出来みたいなのがあったりすると色々と複雑な思いになりますからね。そういうところで、このクロスハート、熱量が落ちない、すっごくプロ意識の高いステージだったように思います。

 

 さて、感想、お話のネタバレもあるのでお気をつけください~。

 

 

 今回は前回よりも前の席だったので、役者さんそれぞれの歌のニュアンスみたいなものまでたくさん感じることができました。ニュアンスっていうか、一緒に歌う時に感じるノリっていうかグルーヴ感を凄くかんじましたね。セザールとアルセーヌのデュエットなんてビリビリとした震えも感じたし、晩さん会での両派の対決の歌の掛け合いのうねるような勢いもよかったですねぇ。マクシムのもろちゃんも、大きな動作で、大きな声で堂々と歌っていましたねぇ。もうね、全然揺らぎなくって、本当にステージに馴染んでいてよかったなぁと。

 今回も、リュックさんの家での5人のダンスに感動。今回は足元までちゃんと見える席だったのですが、マクシムもろちゃんのあの羽が生えてるような柔らかで高いダンスのポイントって足首の柔らかさとキマリ方なのかなぁと思いました。ふわふわなんだけれど、素早く形が決めていくというか。もうあの足さばきだけでもずっとずっと見ていたいなぁと。・・・やっぱりエレガントなんだよね、もろちゃんは(突然言葉遣いが変わるw)。笑いも取れるし、いいツッコミもできる。コメディに必須の体の動きももちろん凄い。でも、ドリボの時から感じていたけれど、本質はキリッとした端正なエレガントさの人じゃないかと思うんですよ(拳で机を叩きたいくらいw)

 クロハのてらもろのお芝居の違いが印象的で。てらちゃんのロドリグはマクシムと相対するときには、ちょっと心配そうな顔というか幼馴染な「おまえさぁ。心配だよ・・」ってお顔するんですよね。そんな時にマクシムは理想もあるから突っぱねるような男の子の顔するのね。てらちゃんって和事が似合いそうな濃厚な感情も爽やかに飲み込ませちゃいそうな感じなんだけれど(これがモテオーラなんかな)、もろちゃんはキリッとした時の表情の清冽さがほんと印象的でカッコよかったんですよね。ほんとね、歌って、踊るミュージカルってのに、もろちゃんは凄く向いてる気がするので、これからもミュージカル出てほしいな、そして、早くソロで歌う一曲を聞きたいな~って思うのでした。

 そんなクロスハートだったんですが、惜しむらくは最後のまとめ方がちょっと残念で。1回目見た時にはなんかもっと「わかりやすいハッピーエンド」にしなかったんだろうと思ったんですね。セザールとリュックが相打ちしたと思ったら、ミカエルさんがリュックの脳をセザールの体に移植しちゃって、二人が一体化(意識はリュック)しちゃったと思ったら、なぜか自ら死を選んでしまうという。ほんと初回はぽかーんとしてしまって。リュックの意識を演じるセザール優馬くん(そしてその意識を影のように演じる屋良くん)というお芝居的見せ場ということだとしても、ちょっと意図がよくわかんないと。

 でも2回目見て、考え方がかわって。リュックというかリベルテ派の思いは「自分自身の思いや信念に従って、自分の人生を生きていきたい」というものだった。そして、幼馴染みのセザールを結局のところ殺してしまった、一緒に生きていたかったという思いもあった。その思いの強さは、どんなに自分の意識が生き残って、新たな形で生きていくことができたしても、それで贖えるものではなかったということだったのかなぁと。そして、この2つの思いを曲げずに全うすることが未来につながった・・・のかなと。ほんとに切ないけれど、過去は変えられないけれど、過去にきちんと向き合うことで、今の運命を変えていける?そんなことをつらつら考えさせられました・・。

 そうそう、2回目にようやく、現代場面でもリベルテ派の面々は青みの入った衣装をみんなつけていたってことに気が付いて。あぁ、ちゃんとこの人たちはつながるんだろうな・・ってそういう思いもちょっと思ったりして・・・うん、まあ、妄想ですねww。

 さて、私のクロスハートもこれで見納め。なんだか、てらちゃんもろちゃんとも、ミュージカルが初めてっていう雰囲気じゃなくって、舞台にしっくり馴染んでもう何年も舞台に立ってる人のようだったのが本当に印象的でした。ほんとに、周りの方々が温かく見守っていただいたおかげなんだろうなすごく感じる舞台でした。カーテンコールで、中河内さんともろちゃんが手をつなぐときに、バッチーンと音がするするくらい強く手を握り合ってたんですよね。外部の舞台に出て、新しい人とつながって、自分の世界がひろがっていく、そんな場面に立ち会わせていただけて本当に嬉しかったです~。次のもろちゃんのステージが早く見たいよ~~。