読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

お帰りなさい(2016年8月3日少クラのLove-tuneその2)

 今日からジャニーズキングらぶすのかいちゃん公演の後半戦が始まります!ありがたいことに後半も2回行けるので思いっきり楽しんでこようと思っています~。

 さて、8月3日の少クラではLove-tuneではモロが、ジャニストさんのむかし話とJrにQに登場していましたね~。むかし話の裸の王様では、最後のオチの場面で突然、それも上裸でw、眠たげにぼーっと歩いていくという衝撃の登場。ジャニストさんたちは知らされていなかったのかなぁ。結構みんな驚愕していたような気がしました(じゅんたさんとか目が潤んでいた気もするw)。ちょっと猫背でほんとにぼんやりしてる風情でとぼとぼと歩いていくモロがホント面白かったです(あずまっくすのとーちゃんみたいな雰囲気あった・)。

 JrにQでは自分オリジナルの食べ方を披露しましょうというテーマで、モロは「ポテチにカキ」。字面は意外だけど、カキのアヒージョをポテチに乗せて食べると美味しいというふつーに納得できる話になってしまったせいか、MCの河合くんもさっさと「ありがとう・・」と退出させてしまおうとして、それをモロが「早い、早い・・」と大慌てするというオチでしたw。このところぐっと痩せて、ゆるパーマと赤のひらひら衣装がとっても可憐でにあっていたのに、あー、ちょっと不憫、

 そんなモロのちょっと不憫な扱われ方。せっかくカッコイイのにもったいないよーとも思うんですが、この懐かしい感じが少クラに戻ってきたのがなんだか嬉くって。先日、2014年からの少クラを見せてもらう機会をいただいたんですが2014年5月から2015年7月までのJrにQにモロは少なくとも6回も登場していて、そのたびにコーナーのオチというか、笑いの担当みたいになってて。その後、1年以上の不在を超えて、ほとんど変わらないポジでJrにQに戻ってきたんですね・・それがいいのかどうなのかちょっとわかんないけどw、なんだかしみじみするし、やっぱりモロがいるあの楽しい雰囲気は替え難いなぁと思うのでした。

 もちろんモロの最大の魅力は、バネがあって、胸から腕にかけてどこまでも広がっていくようで、あたりがパーッと明るくなるようなダンスだと、2月のSHOCKで感激した自分はそう思います。それにずっと少クラを不在にしているジュニアは彼だけではないし。もっと言えば、少クラに出ることだけが意味がある訳でもない。でも、そんなかんながありながらも、モロが少クラに戻ってきてみんなを笑わせて、Love-tuneとして明るい表情で踊ってくれていて、お茶の間でその様子が見られるのがほんとに嬉しいなぁと思うのでした。ド新規だけど、やっぱり言わせてください。お帰りなさい、モロ。