ラボを捨て、ビーチに出よう

どこにいたって君がアイドルだ

めんどうな仲間たちww

 4月27日のザ少年倶楽部でかっこいいLove-tune、かっこいいはぎちゃんをそこそこ(決して十分じゃないw)摂取できて、一息ついたわたしです、生き返りました。簡単なもんです・・いや、これじゃジャンキーですわ。やばい。。。

 さて、そんな少クラを振り返る前に、先日の Myojyoとポポロをもう一度。先月号は一番乗りでLove-tuneのお名前を表記してくださったMyojo様の上げ足を取るようで申し訳ないのですが、今月号の表紙に「ジャニーズ銀座でタッグを組む4人が ”Love-tune"の名前で気持ちも新たに登場!」と比較的小さな字で書かれているんですよ~。これはもう先月感じた「最初は名前出す気なかったんじゃない?」疑惑を裏付ける証拠みたいなもんですね。

 いや、別にMyojyo様をdisっている訳でなくw、だからこそ、Myojyo様素晴らしいという文脈な訳ですね。そして、おそらく、雑誌などでの名前のお披露目も一か月はやまったというか、何かうっかり前倒しされちゃったというか、少クラSPあたりのもやっとした感じも、そのせいなのかも・・という気になってきました。今度のクリエでのLove-tuneの名前が入ったクリアファイルも売られるというし、本来ならばこのタイミングでのお名前のお披露目的確定だったのかなー、きっと9人トラジャ体制強化の発表と同じタイミングで歩を進めるんだったろうなと思う訳です。でも、まぁ、今回の2つの雑誌を読んでみれば、グループとしてのLove-tuneができあがりつつあるのもはっきりと見て取れる訳で、あのいきものは周囲の、へたすりゃ本人たちの思惑ともは関係なく、成長しているんだなぁとも思う訳ですね・・・

 今回は、Myojyo様はストレートに4人の他者紹介で、ポポロは河原で遊びながらのお互いの特徴を言い合うみたいな企画でしたが、結構お互いのとらえ方が深くなってきているというか、面倒なところもわかりつつ、文句も言いつつ、お互いを思いやりつつってのが見えてきて、面白かったですねぇ。以下、ランダムに箇条書きで

  • 意外とドジと、意外と一番子どもと言われつつも、やっすーの話の回し方のうまさに唸る。さなぴーが自分大好きかまってちゃんなところ、基本みゅーさん気遣いのできる頑張り屋さんという話から、から初めて、いつの間にか、さなぴーの遠出時の名言マシーンの話に持って行って、ちょっとみゅーさん落として、そっからさなぴから名言を引き出だす。そして、遠出には一緒しなくて、ちょっと寂しそうなはぎちゃんに「名言聞けた!」と言わせる。いや、お見事。
  • そして、そのやっすーに「頭がよい。安心して、気を使わないでいられる(任せられる?)」というみゅーさん。柔らかで、気遣いができて、相手のネガな気持ちにもよく配慮ができて。相手がどう思うかを、相手がどう見るのかを本当に多角的に考えられるんだろう。はぎちゃんも準備にかける時間が長いと言っていたし。でも、それをやり過ぎちゃうせいなのか、すっとそれがすとんと落ちちゃうみゅーさん。スイッチ入ったプロの時と入っていない時の落差。同じことをトラジャインタビューでもみんなに言われていたのが可笑しい。
  • さなぴが自分を責める声に言い訳しちゃう時の言いぐさが可笑しすぎる。人の話を聞いていないといわれると「返事が2,3秒遅くなるだけ」と言い、全部の話に入ってきたがると言われると「こそこそ話、嫌なんだよね」と言い、とにかく言いたがりと言われると「いいじゃん。俺の楽しみが全部なくなるよ。俺しゃべっちゃいけないの?」とすねる。もうねえ、何かフーテンの寅さんみたいな感じで面白くって。この人、名言マシーンであるところとか、言い訳を可愛く面白いものに作れちゃうとことかやっぱり得難い人だなと思う。
  • はぎちゃんは、やっすーのかまってサインがわかっているのにきっと対応してなかったり、みゅーさんの命かけてるファッションにも知ってか知らず可乗り込んできちゃったり(いやーコートかジャケットがかぶったというのは面白かったw)、幼稚園の頃小さい子の泥団子壊しちゃった話も含め、ナチュラルデストロイヤーと言いたくなるような振る舞い。なかなか凄いw。そして、相変わらず仕事の時にはいつでもきっちりやるということがおそらくまだできない。本当にみゅーさんとは対照的ww。でも、はぎちゃんはとにかく人の行動をよく見ている。やっすーがかまってほしいときににやにやしだすところ、さなぴがスニーカーの自慢をするところ。みゅーさんが下準備を十分以上することと、ペース配分の問題で後半ばてちゃうところ。ともあれ、はぎちゃんの人を見る視点はとても具体的で、現実そのものを見ている感じで、好きなところだなぁと思う。

 まあ、そんな風に語りつくせないくらいだったけれど、何より、いいなと思ったのが、クリエ後やりたいこで、兄組がクリエ後にしたいことが仕事がらみをあげ、弟組が1週間ずっと一緒にいて色々やりたい、ご飯食べて遊園地行きたいっていう、素朴な、一緒にいたいということをかなえることをあげていたことかな。ほんとなぁ、可愛すぎるわ、この4人。ということで、もうそろそろクリエ本番になるんですな、凄いなー、あっという間だったな。